2006/09/09

日本のアクション見てきた。

Nec_0003_6
和風「ツインズエフェクト」な作品

マスター・オブ・サンダー」観てきたよ。
公開初日だというのに大阪府内ではシネリーブル梅田がレイトショーの1回のみ、動物園前シネフェスタが朝一のみの上映という恐ろしいまでのマイナーっぷりでした。観に行く時点で何かに負けているんじゃないかと不安させてくれる。客入りそんなに悪くなさそうだったんだけどなぁ。
後半のアクションが木下あゆみ達若手勢がなりを潜め、倉田保昭&サニー千葉(千葉真一)祭りだったのが微妙に残念だったが期待通りの出来で楽しめました。眼福でした。あれだけの面子揃えられたら無条件降伏せざるをえない。

Nec_0002_11
散財はじまり、はじまり。

上がアニメイト、下はamazon。
今回のボイスニュータイプは平野綾さん特集の別冊付録が付いてくる。
ちなみに次号も平野綾さん特集。ハルヒ関連のインタビューは今回もあるし勢いがとまりませんなぁ。
キミキス関連は星乃さんが絡んでるの買わないといけないでしょう…。

amazon関連に関してはカレイドスターのドラマCDがバーゲンセールでえらく安い値段だったので購入。これだけでは送料がかかるので一緒に高橋瞳のアルバムも購入。
どちらも発売して間もないのに安くで買えてお得だったと素直に喜んでいいものなのだろうか…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/01

新スーパーマン世代デス

今日は千円均一な映画の日なんで「スーパーマンリターンズ」を観てきた。
劇中、明確な描写はないがヤングスーパーマン新スーパーマンでは起用されなかったジョン・ウィリアムズ作曲の旧劇場版メインテーマが使われてるんで旧映画シリーズ(Ⅰ、Ⅱ冒険篇)の続編なんだろうな。
続編なんだけど続編じゃない。でも旧作知らないと何のことやらわかりづらい作品。巷で話題の「時をかける少女」と同じ続編なんだけど前作の続きではない(設定は引き継いでる?)ややこい映画。でも時かけと違って前作知らないとキツい。
面白くて、すごく感動できる作品なだけにこの敷居の高さがもったいない。
まあアメリカではコミックだけでなくTVアニメやドラマ化されたりするぐらい国民的ヒーローだからあまり気にする必要がなかったのかもしれないけどね。実際、大ヒットしてるしな。

おまけ:
新スーパーマン世代なんて書いてますが小僧さんの周りにはそんな奴いやしねぇ。そりゃそうだよな。今ほど普及してない頃のWOWOWで有料放送していた外ドラだしな。知名度低いよね。
そんな作品なのに今更ながらDVDボックス化されていて驚いた。かなり好きな作品なんでどうにか資金工面して買おうかと考えてしまうよ。買えないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/01

実写版「ハチミツとクローバー」

公式サイト

今日は映画の日で1000円均一なわけで、行ってきたよ「ハチクロ実写版」。
映画館でチケット買う直前まで王道の「ゲド戦記」かエイブラムスな「M:I:Ⅲ」するか非常に悩んでいた事はナイショの話だ、と言うほどの事でもないな。
音楽:菅野よう子」ってのは俺らの世代にはでかすぎる要因ですよ。

感想のようなもの:
はぐがでかい事よりも森田さんがまともな人で驚いた。もはや別人だ。貴方ほんとに忍、森田忍なんですか?
そして真山はストーカー、完全にストーカー。原作知らない観客ひいたと思う。あれはヤバイよ。

ストーリーはアニメ版第一期と同じ流れ(はぐ登場から青春王 竹本君の告白まで)だが、森田さんがまともな人なんで映画オリジナルに近い感じでした。小僧のようなアニメ派な方は森田さんは映画オリジナルキャラと思って観た方がいいと思うよ。
竹本君の自転車がえらく唐突に感じたがこれもまた一つの青春王の物語。

理花さんはともかく、藤原兄弟が出てきて驚いた。野宮さん達、他の藤原デザイン社員は当然の事ながら出てこない。
山田さんは報われないなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/26

たまにはアニメ以外の話に挑戦しようじゃないか

本日深夜0時から始まる「イノセントヴィーナス」を乗り切れば夏の新番ラッシュも一息つくことだろう。
毎回この番組改編に伴う新番ラッシュを乗り越えるたびに思う。
また、ドラマ見てねぇよ。言い換えればアニメばっかですよ。アニオタですよ。もうダメだ…
苦しい言い訳をさせていただくと、HDDレコーダーの故障で混乱して録り逃したんですよ。ぶっちゃけ、見たのもあるが合わなかった。
何というか幼少期に親の影響で外ドラ、洋画ばっか見ていた所為か国産ドラマの雰囲気が受け入れづらいのよね。
そんな小僧@後輩(外ドラ好き)なんで月曜深夜問題も泣く泣く「東京フレンズ」を切って「エイリアス」を選んだ。

続きを読む "たまにはアニメ以外の話に挑戦しようじゃないか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/02

旧版文庫版の挿絵は永井豪とダイナミックプロ

限りなくどうでもいい事だが、予告通り旧ブログを消失させた。

戦国自衛隊1549」:
先日金曜ロードショーで放送されたのを視聴。
時代の違いはあれど、うまい事やりゃ、自衛隊でも天下を取れるという旧作版を否定するような展開にちょっと笑えた。
今の時代に昔のあの展開やられると観客ドン引きするかもしれないので旧作をリメイクする際はこういう大胆なアレンジはありだと思う。もうすぐ公開される「日本沈没」もシナリオは違うらしいしな。
あれも旧昨版は非常に後ろ向きな展開だったから今あれをやられると重たくて仕方がないかもしれないんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/25

今日の吾輩は主婦である

公式HP

清水圭からお返事キターッッ!
これはあれか。リュウケンドーにお便りだすともれなく清水圭司令からお返事が来るのか!?夢がある、夢があるじゃないか。
このドラマ、ホント面白いな。普通の喫茶店にメイドがいる事よりもマスターが川平慈英であるところに違和感を感じる、むしろそれこそ当然であるかもしれないところが。いいよ川平さん。あなたの存在が俺を3次元に止めてくれる。
夏目漱石先生が降臨するのは明日からなので今から見ても間に合うぜ!

欲望に我慢できないので現在放送中のハチクロが終わったら突貫する。生きて還れるかわからない。なんせ最近ハツカレの黒川智花さんに悶えなくなってきてるぐらい厄い二次元脳になりつつあるので。むしろイケてる?
でも俺、逝くよ。この想いは間違いじゃないから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/01

極めたら折るんですよ

タイの山奥に幼き日から兄弟の象と生活している青年がいました。
ある日、海の向こうから来た悪い密猟者たちが彼の愛する象をさらっていきました。
青年の心は深く傷つきましたが、残された手がかりを頼りに象を助けるために海の向こうの都会に旅立ちました。
悪者達は大きなミスを犯していたのです。青年は古より象を守り続けていた最強の戦士の末裔だったのです。
かくして兄弟象を救う壮絶な戦いが幕を開けた。

というわけで、観てきましたよ「トムヤムクン」。
前作「マッハ」に比べると悪党共が色んな事に手を出しすぎていてストーリがかなり微妙なんですが、アクションは相変わらず凄まじいの一言。悪人に対する容赦のなさぶりはセガールを彷彿させる。木曜洋画劇場風に言うと「象をさらう悪人(バカタレ)はどいつだ!?」ってなもんですよ。
悪(わる)の関節を片っ端からを叩き折る、折り続ける、ひたすら折るトニーさんが印象的でした。象の結末はちょっと予想していなかったんで悲しかったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/26

むふぅ

ハツカレ2話視聴終了。

やばい、やばいよこのドラマは。近年稀に見る名作。こんなにキャッキャッキャッキャ騒ぎながら、マジ泣きしながら見るなんて。近所の皆さん、毎度お騒がしくて御免なさい。でも本当に素晴らしいんですよ。
正直、このドラマの配信が終わったら生きていく自信がない。どうしてこう男どもは女子の皆さんと違って「やらしさ」しか備え付けてないんだ。彼女達の可愛らしさを見習いなさい(特に小僧)。
明日27日の午後には更新されるのでまだ見てない方は今すぐ見てください。見ないの禁止!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/24

初彼

これは確かに目のやり場に困るな。

ついに放送が始まりましたな「ハツカレ」。
いやぁーほんまに可愛いなチロ。もう可愛すぎて目のやり場に困るよ。ちゃーちゃんと女友達の2人も可愛いよ。ハシモト君も格好いいけど、ちょい可愛い。可愛い、可愛い、そして恥ずかしい。これぞハツカレ。ええもん見させていたただきました。
毎週金曜日更新なので今すぐ見よう。無料で見れるしね。
ほんと可愛くて恥ずかしいんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/31

ハツカレ

ファミリー劇場で放映されたハツカレ特番見たのだが、やばい。

チロ可愛い、オメガ可愛い。ハシモトも可愛い、可愛いよ。メイキングだけでここまで興奮できるなんて。放映始まったらどうなるんだ。死ぬな、悶え死ぬ。すっげー楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧