« 雑記とか(11/30):ロザリオとバンパイアCAPU2 第9話「スキーとバンパイア」感想とか | トップページ | 雑記とか(12/2):夜のココログは重い »

2008/12/01

雑記とか(12/1):テーブルゲームフェスティバル2008に行ってきたの巻

Imgp1081
テーブルゲームフェスティバル戦利品

そんなこんなで昨日浅草の貿易センターで開催されたテーブルゲームフェスティバル2008に行ってきたよ。
今回は今年4月に開催されたゲームマーケットの時と違って友人二人交えての所謂課外部活(昭和58年雛見沢式)スタイルで望んだのである。
こういう体験イベントは多人数で参加するほうがよろしいね。一人でも十分各ゲームを遊び楽しみことは出来るが、気の知れた仲間同士で遊ぶ方が熱中度が揚がるものなのである。
試遊したゲームは高確率で購入するという実に参加企業・サークルに優しい仕様だった我々。
当たり前のことだがゲームはパッケージやマニュアル読むよりも遊ぶ方が面白さが伝わりやすいのである。
わたくしの戦利品は以下の通り:

童想会「俺の嘘彼女は世界一」
キリバリゲームス「三国志 赤壁の戦い RED WALL」
すごろくや「すすめ!!海賊さん」
GOTTA2「BANDITS!」、「くまくまぱんだ」、「マクロスF~君は誰とキスしたい!?抱きしめて銀河のはちぇまれ!~」
(リンク先はサークルさん、企業さんのHP)

以下、ゲーム感想:

・「俺の嘘彼女は世界一
修学旅行の夜、クラスの男子が実在しない彼女(嘘彼女)自慢に命を懸けるゲーム。
パッケージに記載されている対象年齢が「精通~童貞喪失」までになってることからこのゲームの馬鹿さ加減は伝わると思う。
童想会さんのHPで近日中に紹介ページが公開されるようなので詳しいことはそこでみていただければいいのではないかと(超手抜きなダメ作業)。
プレイヤーが自慢することになる嘘彼女16名はみんな可愛いし、ゲーム中のイベント、アイテムカードなども直球で実に俺のようなアニメ、ギャルゲー好きなオタ受けすること間違いないであろう面白い作品なのだが、同人作品故に今回のようなイベントでしか買えなさそうなのが残念で仕方がない(サークル通販はないっぽい?)。
禁書目録ポーカー(フォーチュンポーカー禁書目録版)のようにキャラ入れ替えでの一般流通販売、もしくはうちなんかとは比べ物にならないくらい宣伝効果の大きいサイトさんで取り上げてもらって同人ショップで委託販売決定な夢のような展開になったりしないものかしら。

  

・「三国志 赤壁の戦い RED WALL
プレイヤーが魏軍、呉軍、劉備軍に別れて赤壁の戦いを追体験する3人プレイ限定ゲーム。
各軍ごとに行える行動、勝利条件が違い、勝利条件に至るまでの流れがちょっとややこしかったりするのだが、ゲームの流れは赤壁の戦い通り進むのでプレイヤーの三国志愛が本物なら問題なく楽しめます(基本ルール自体はややこしくないので)。
シンプルなカードデザイン、パッケージ効果で500円という安値なのもよかった。
例によってサークル通販はないっぽいので気になる人は来年5月開催のゲームマーケットで買えることを祈るのだ。

  

・「すすめ!!海賊さん
リンク先は商品紹介ページ。
ゲームショップ「すごろくや」さんのオリジナルゲーム。
詳しいルールはリンク先見てくれればわかるが、ババ抜き要素が入った単純なすごろくゲーム。
10分で終わる単純な内容と可愛らしいイラストの作品なんで他のゲームのプレイの合間の息抜きなんかに向いてるのかもしれない。
ぶっちゃけちゃうと本作に関しては会場で購入したのではなく、会場受付で行われていたくじ引きで当てた商品だったりする。
一応事前情報で気にはなっていたのだが二人用ゲームだったのでスルーしていたのである(我が部活は3人プレイが基本なのである)。
そんなわけなんで3人プレイにも対応した拡張セットとか発売されると嬉しいな(そうなると手軽さがなくなるかもしんないけど)

  

・「マクロスF~君は誰とキスしたい!?抱きしめて銀河のはちぇまれ!~
3人プレイ限定の誰よりも早く「キラっ☆」して勝利を目指すゲーム。
一応、他にも勝利条件があるのだがこのゲームに関しては「キラっ☆」に命を懸けるゲームで間違いないと思われ。
マニュアルに「大切なことだから2度いいます」と「キラっ☆」ポーズ例が二つ掲載されるぐらいだから
ちゃんとしたルールは近日中に公開されるであろうサークルさん(GOTTA2)のHPで確認するがよろし。
GOTTA2さんの作品はサイトに掲載されているアドレスから連絡とれば通販できるっぽいので気になる人は商品紹介ページが公開されたらすぐに送るのだ(コミケにも参加されるようなのでそちらで買うという手もあるかもしんないけど)。

  

・「BANDITS!」、「くまくまぱんだ
詳しいルールやらはGOTTA2さんサイトのGAMEからチェックするのだ(手抜き作業)。
最初に私事で恐縮だが、本二作は普通に纏めて購入すると2500円なところを友人のロジャー・スミスも蒼白な驚異のネゴシエイションで1500円で購入させていただけた。
先に上記で紹介したマクロスFを購入、過去に「Dig it!」を購入していたのでGOTTA2さんからの値引きサービスもあったのだが、、どう見積もっても我々は暴挙しすぎたと思う。
ほんとサークル(経営)泣かせしてすいません。その分ゲームは末永く楽しみますので許してやってください。
「くまくまぱんだ」に関しては残念ながら試遊することが出来なかったのでまだ感想は書けないけどGOTTA2さんの作品は「瞬間インストール、サクッとエキサイティング」(TGFパンフ紹介ページから抜粋)な作品ばかりなのでこれも楽しい作品であることは間違いないであろう(宣伝)。
「BANDITS!」はオークション要素と交渉と戦闘の駆け引きが融合した全く新しいお宝争奪戦であるうおおおおおぉぉぉ――――っ!!!!)。
思い通りに来てくれない手札、対戦相手の行動の読みあい、交渉が程良い緊張感を生んでくれる楽しい作品なのでみんな買いなさい。

  

おまけ:会場で試遊したが未購入作品の感想:

・「世界樹の迷宮Ⅱ~机城の頂~
GOTTA2さんの作品。タイトル通り、DSで販売されている「世界樹の迷宮Ⅱ」のカードゲーム。
一緒に試遊された世界樹の迷宮シリーズをやり込んでる(と思われる)方には再現度が高いと評価は高かったのだが、いかんせん我らが部活メンバーみんな世界樹を理解してない人たちだっかたのでどうにも受けが悪かった。
GOTTA2さんサイトでの紹介ページを見てもらえばわかるが本作は基本一人プレイ前提(拡張セット購入で複数プレイ対応)なのもマイナス要素だったかもしれない。
我々は購入を見送ったが面白い作品ではあったので世界樹の迷宮シリーズのファンの方は購入すべきなんじゃないかと思われ。

  

・「CONSTELLATION CONSTRUCTION スタスト
BENDBARさんの作品。
これは正確には俺は購入しなかったが友人が購入した作品(部活内で二つあっても困るので)。
作品自体はコミケ、ゲームマーケットで拝見していたのだが、どうにもピンとこなかったので今までスルーしていたのだが、今回友人が興味を持っていたので初プレイ。
遊んでみると実に面白い素晴らしい作品であった。今まで見逃していたのが申し訳ない。
変な先入観を持たずに積極的に遊ばないといけないね。
可愛らしいイラスト、一般受けしそうな内容なので接待用に買ってみてもいいんでないかと。

  

もう一つ試遊したが未購入作品があるのだがタイトル確認してなかったので紹介することができない罠
一般販売されてる作品でチーズ泥棒のねずみを探すスコットランドヤード(推理)とタイルめくり(神経衰弱)が融合した全く新しい作品うおおおおおぉぉぉ――――っ!!!!)で楽しかったのである。

|

« 雑記とか(11/30):ロザリオとバンパイアCAPU2 第9話「スキーとバンパイア」感想とか | トップページ | 雑記とか(12/2):夜のココログは重い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/43278527

この記事へのトラックバック一覧です: 雑記とか(12/1):テーブルゲームフェスティバル2008に行ってきたの巻:

« 雑記とか(11/30):ロザリオとバンパイアCAPU2 第9話「スキーとバンパイア」感想とか | トップページ | 雑記とか(12/2):夜のココログは重い »