« 雑記とか(11/9):勝てずに勝てず | トップページ | 雑記とか(11/11):ファンタジーフォース2nd講座のようなものとか »

2008/11/10

雑記とか(11/10):アイドルの道は厳しいのである

そんなこんなで今日も伊織に会いに事務所まで行ってきた(アケ版アイマスプレイの意)
現在ファン数37万。ブーストメールの力を借りても勝てないのであるorz
アーケード版は360版と違って厳しいな。
勝負の世界が厳しいのはわかっているがあれだけ伊織が頑張っているのに勝たせてやれないんで自分が嫌になってくる。マジ落ち込むよ。
UPリミットは残り5週。どう足掻いてもランクアップは無理なんでせめてファン数40万は越えさせてあげたい。

  

昨日のレイトショー:
X-ファイル 真実を求めて」観てきた。
X-ファイル歴は関西圏での地上波放送分のみ。たぶんシーズン5まで観てるぐらいです。
そんな中途半端なファンであるがTVシリーズでの伏線やらは一切ない仕様なので問題なく楽しめたよ。シーズン1ぐらいしか見たことない人であっても、モルダーとスカリーはFBIを引退しているという点だけ頭に入れておけば問題なく楽しめるので興味があるなら観にいくがよろし。
実にX-ファイルらしい話だったけど正直今になって映画でやるべき内容なのかと疑問に思わずにいられなんだ。面白かったんだけど劇場版というよりもTVスペシャルな感じでしたわ(話が)。でもX-ファイルなんだからあれでよかったのかもしんないけど。
エンドロール後のファンサービス(なんだよな?)には唖然とした。
日本では旬を通り越しすぎた作品なんでものすごい勢いで公開終了しそうな気がするので(公開二日目なのに客少なかった)ファンは急いで観に行くんだ。

  

書き忘れていたどうでもいい事とか:

2008_11102008_1110_2
サンデー全プレ「真空ラブラブクッション」絶チル版

EROさに多少惹かれたことも事実だがチビチルドレンが可愛かったので思わず購入してしまったのである。
先週届いたナギお嬢様と一緒に仲良く使っていきたい。

  

2008_1110_3
GAME SIDE増刊「GAME LEVEL1 Vol.2」
「ほぼ日手帳公式ガイドブック」

いつぞやのamazonお急ぎ便で届いた商品。
GAME LEVEL1は創刊号がGAMESIDEと違って肌に合わなかったので購入を見送っていたのだがGAMESIDE最新号のロックマン特集で中途半端にロックマン熱が上がったので購入。1ヵ月前に発売された雑誌なんで近所の本屋は全滅だったんでamazonが月刊誌以上の雑誌を扱ってくれていて助かったよ。
改めて読んでみるとGAMESIDEとは違って面白さのあるいい雑誌だなと思ったのだが、これは今号の特集が前号のあまり思い入れのない(俺にとって)メタルギアシリーズと違って思い入れのあるロックマンとファイアーエムブレムなのが大きかったのかもしれない。
次号は特集次第で購入を考えよう。

来年分も購入済みのほぼ日手帳ユーザー3年目な身なのだがどうにも使いこなせてないので思い切ってほぼ日手帳公式ガイドブックを買ってみた。
47人のほぼ日手帳ユーザーの使い方が掲載されてるのだがほんと色んな使い方をされてあって目から鱗が落ちたよ。
自分が手帳という固定概念にいかに囚われすぎていたか実感できました。
ほぼ日手帳は何でも書いていい、貼っていい懐の大きい手帳なんだからもっと色々書いていくようにせんといかんよな。
これからは気持ち悪い生態記録(自己分析)として活用していこう。

  

買いに行ったのが昨日の17時過ぎなんで「はいはい、どうせまた瞬殺、瞬殺」と思い込んでいたのが普通に買えてしまった「「祝!空の軌跡大ヒット jdkバンド大忘年会ライブ2008 昼の部」。
さすがに整理番号は定員ぎりぎりだったけど、ご覧の通りの空の軌跡信者なんでこれは嬉しすぎる。
これで1ヵ月頑張って生きていける。

     

以下、今日の気になる話題とか

  

「Dead Space」、国際的な発売禁止に直面

こういう事があったことを考えるとマジでギアーズオブウォー2国内版発売されないんじゃないかと不安になってくる。
やはり360ユーザーの行きつく先は輸入盤購入なのか?

  

「鉄のラインバレル」第6話は巨乳の着替えシーンがあった

REDの数少ない良心のラインバレルがこんな目で見られる日がくるなんて…
リンク先とは関係ないけど今週ジャンプの「バリハケン」での背景デビュー(アキバの看板)おめでとうございます。
とらドラ大河もいたけど鈴木信也先生も俺やクロと同じ仲間なのだろうか?

  

電撃G’s Festival!vol.13は関羽の穿いてない抱きマクラカバー付き

トランプが気になるがそれだけの為に買うのはな…

  

注目アニメ紹介:「かんなぎ」 神様は「学校のアイドル」 オープニングのダンスに注目

ゆるさが癖になってきてる。後、OPには普通にハマったよ

|

« 雑記とか(11/9):勝てずに勝てず | トップページ | 雑記とか(11/11):ファンタジーフォース2nd講座のようなものとか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/43073983

この記事へのトラックバック一覧です: 雑記とか(11/10):アイドルの道は厳しいのである:

« 雑記とか(11/9):勝てずに勝てず | トップページ | 雑記とか(11/11):ファンタジーフォース2nd講座のようなものとか »