« 雑記とか(10/7):10月アニメ感想とか | トップページ | 雑記とか(10/9):振り向けばくぎゅがいる »

2008/10/08

雑記とか(10/8):さっぱりわからん

容疑者Xの献身」観てきた。
ガリレオ歴は原作小説シリーズは未読だけどTVシリーズは先日放送のスペシャルも含め全て視聴済み。
今年観にいく作品ではもうダークナイトを超える作品はないだろうと確信していたのだがその想像を揺るがすぐらい面白かった。現実はあなたの想像を凌駕する。直木賞受賞は伊達ではないのである
タイトルにもなってる堤真一演じる容疑者Xの献身ぶりにちょいと泣きそうになるぐらい引き込まれてな。
TVシリーズを楽しめた人なら問題ない出来だけど、映画版はTVシリーズでおなじみの湯川先生の面白閃き数式シーンもなく、テーマソングも封印され(エンドロールの尺合わせで流れはするが)、犯行トリックもとんでも物理の応用ではなく純粋なミステリーになってるため全く別物と言い切ってもいい作風になってる。
ので、TVシリーズの軽さを期待してるとがっかりなさるかもしれないよ。湯川先生と内海刑事の絡みも抑え気味で容疑者X中心の構成になってるんで。
本作をわかりにくく例えると、アイアンマンと思って観にいったらダークナイトだったと言うところか(作風違えど面白すぎるので問題ないの意)。
TVシリーズ未見組でも問題なく楽しめる傑作なので興味のある方は観に行くべきである。

   

以下、今日の気になる話題とか

   

テーブルゲームフェスティバル2008開催決定

とりあえず行っておく。

   

電撃発表!アトリエかぐやTEAM HEARTBEATの最新作「ダンジョンクルセイダーズ2~永劫の楽土~ 初回限定生産版」の予約開始日が決定!

これは少し気になる。

   

泣けるアニメ映画「クレヨンしんちゃん」 山崎貴監督実写映画化

実写化には前向きな俺でもさすがにこれは戸惑う。

  

B-CAS事実上の廃止へ…ネット世論が「業者行政」を押し切る

廃止されるのはいいけど、これ経由でAT-X観てるのだがそういった問題はどうするのだ?

|

« 雑記とか(10/7):10月アニメ感想とか | トップページ | 雑記とか(10/9):振り向けばくぎゅがいる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/42721857

この記事へのトラックバック一覧です: 雑記とか(10/8):さっぱりわからん:

« 雑記とか(10/7):10月アニメ感想とか | トップページ | 雑記とか(10/9):振り向けばくぎゅがいる »