« 雑記とか(10/17):我が家にトロとクロがやってきた | トップページ | 雑記とか(10/19):たまには自転車話(ロザリオとバンパイア CAPU2 第3話「母と子とバンパイア」感想付き) »

2008/10/18

雑記とか(10/18):鉄のラインバレル #3「蒼の戦慄」感想とか

鉄のラインバレル #3「蒼の戦慄」:
前回の感想でOPに宗美さんいないなんて書いちゃったけどちゃんといましたね。加藤機関のカットは原作どおりと思い込んでいてちゃんと観てなかったのよ。
本編でも完全に加藤機関の人になっていたけどアニメ版では宗美さんは敵のままなんだろうか?
アニメ版は原作サイドの今後の展開を参考に再構成してるそうなんで原作でも宗美さんはこうなってしまうのかもしれない。
正義の意味を知りたければ加藤機関に来い」(原作5巻より抜粋)、これが今後の鍵を握るのか?
初登場で貧乳キャラ担当だよ、レイチェルちゃんな3話。
要所要所での乳のでかさがどうしても気になってしまう、
レイチェルちゃんのデザインが原作本編より大人びてる気がする。
原作での本編ではお仕事モード、主役の番外編では唯我独尊な我儘キャラのイメージがあったので、山下クンと同じ森次さんLOVEな娘になっていたのには驚いた。アニメ版ではレイチェル組はなくなって森次親衛隊が生まれたりするのかしら。
理沙子は原作での現状と違ってちゃんとヒロインしてるなあと思っていたら早速原作どおりのコメディ担当ヒロインになりつつあった。城崎のようにヒロインらしく改変されることはないということでよろしげ?
原作ではちょろっと出ただけの矢島妹が出てきた。OPでは早瀬妹、レイチェルちゃんと仲良く登場してるのでレギュラーになるのかしら。
満を持しての森次さん&ヴァーダントの登場だったけど原作と違って森次さん登場前に浩一が加藤機関に苛められていたり、暴走した浩一が互角に戦えそうになっていたりとどうにも不完全燃焼でしたな。
次回#4「正義の代償」。それは勿論……命なんだろうな。

  

Imgp0959
チャンピオンRED 2008.12月号(くぎゅううううう!)

今月は19日が日曜なので前倒し発売。付録は本当に脱いじゃった(制作現場の秘密を暴いた)ラインバレルDVD。性的な脱ぎを見たい人は来月まで待ちなさい(来月付録は城崎の水着が消えるフィギュア)。
ラインバレルと謳っておきながらブラスレイターや最新映画のPVも収録されてるのはご愛敬。
長くても30分ぐらいで終わると思いきやラインバレルだけで50分ほども収録されていてたまげた

アニメの方で3話目でREDもやっとスポンサー入りしたのでアニメ効果で今月号から購入する若い子もたくさん生まれるのかもしれないの1Pからくぱぁした女の子が「ここにドピュドピュして…赤ちゃん作ろ」などとのたまう作品を持ってくるRED編集部は恐ろしい…。
そんな新連載「ヨメイロちょいす」。見た目は萌えマンガなのにその実態は凶悪なEROマンガ。頼むからアニメ効果で若い子が間違った道に進まないことを切に願う。

鉄のラインバレル 第47話「スマッシュ・ドール」:
もうちょっと引っ張るのかと思いきや早くも美海が絡む話だった。アニメでネタばれしてる娘なんでちゃっちゃと解決せんといかんよな。
次回48話サブタイトルは「キエルイタミ」。アニメで美海のマキナの名は「ペインキラー」。そういうことになるのか?

    

以下、今日の気になる話題とか

  

伯爵と妖精が緑川光すぎる件

未見なのは失敗だったのかもしれない。

|

« 雑記とか(10/17):我が家にトロとクロがやってきた | トップページ | 雑記とか(10/19):たまには自転車話(ロザリオとバンパイア CAPU2 第3話「母と子とバンパイア」感想付き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/42823536

この記事へのトラックバック一覧です: 雑記とか(10/18):鉄のラインバレル #3「蒼の戦慄」感想とか:

« 雑記とか(10/17):我が家にトロとクロがやってきた | トップページ | 雑記とか(10/19):たまには自転車話(ロザリオとバンパイア CAPU2 第3話「母と子とバンパイア」感想付き) »