« 雑記とか(8/7):忘れていたわけではない雑誌 | トップページ | 雑記とか(8/9):何だかんだ言いつつ好きなのである »

2008/08/08

雑記とか(8/8):感想だらけ

関西での放送はとうに終了してるんでしょうけど(さいたまは2か月ほど遅れ)、さいたまの今日の探偵ナイトスクープはグランドアカデミー大賞の放送であった。
殿堂入りの依頼はいつになっても色褪せない狂気が眠ってるな。
マネキンと結婚した人が一年後に破局してたのはめでたい事(今は子持ちの人妻)なんだろうけど次元の壁を越える方法常々探究している我々としては複雑な気持ちです

   

キミキス~various heroines~ Yuumi3rdKISS「もっと知りたい」:
俺の星乃さんに対する感情はホスト部の殿のようなものなので大丈夫。
お父さんだから大丈夫なのである(人、それを恋と呼ぶ)
今回は体育終了後の後片付けな話。
東雲版は感情(というか表情)変化が激しすぎるので、星乃さんの異常なまでの動揺、発情ぶりは見ていて不安になってくるよ。
そして今週も「あ~ん。わたる(相原さん)が死んじゃう(困ってる)」と相原さんの強引すぎる無理難題に付き合ってしまう星乃さん。貴方は間違いなく現代に生きるルナ先生ですわ。次回はどんなプレイに付き合わされるのかお父さんは不安で仕方がない。
アホな事ばっか書いてますが「ひゃ…」ではげしく前屈みになったのは言うまでもないと報告しておく。

  

シネコンの素晴らしいところはハシゴしやすいところだが、人気がない作品は容赦なく切り捨てられていくのが恐ろしいところ。
そんなこんなで気づいたら終了してそうな二本観てきた。

スカイ・クロラ」:
原作は未読。
押井監督作品なんでちょいと小難しい仕上がりになってるんだろうなと覚悟していたのだが、若者に観てもらいたいと監督自身が発言しているだけあって入りやすい作品になっていた。
ただ全編通してキャラも話も淡々と進行して淡々と終了しちゃうんで観終わったあとには消化不良な感じでしたわ(面白くないわけではないのだが)。
背景や戦闘シーンの映像が綺麗すぎるのはいいことだが、若者向けにするなら主人公と上官の関係をもっとわかりやすく見せるなり戦闘シーンを派手にして増やすなりした方がいいだろうし、監督ファン向けにするならもっと作品テーマを強くした方がいいんじゃないかと思えてくる中途半端な仕上がりな気がする作品でした。

  

カンフー・パンダ」:
近所では字幕版はすごい勢いで終了しそうなのだよ。
カンフーおたくが偶然(運命?)救世主(伝承者)に選ばれ、師匠に鍛えられて世界を救う話。
「それ何てドラゴンキングダムwww」などと言ってはいけない。似ているのは偶然だ(どっちにもジャッキー出演してるけど)。
ジャッキーがアクションシーン監修しているおかげなのか、殺陣がしっかりしていて観ていて気持ちのいい作品でした。
ファミリームービーなのでそこまで言うのは酷というか目を瞑るべきなのかもしれないが主人公ポーの現在と将来の悩みをもう少し深く描けばレミー級の名作に昇華できたんじゃないかなあと思われるのだが、どうか。

  

いとうのぶき「デビルズ・ダイス 2の目 悪魔はサイコロと嗤う」読了。
悪役である才が自分以外の人間が何人死のうが知ったことじゃないと人を駒として扱うのは問題ないだろうけど、追う側の法地も「奴を捕まえるの犠牲を躊躇っていてはいけない」と味方を捨て駒していくのはラノベ的に大丈夫なのだろうか?
それぐらいしていかなきゃ捕まえられないのはわかるがもう少し人道的な要素があってもいいんでないかと。

  

以下、今日の気になる話題とか

   

『ひぐらしデイブレイクポータブル』の最新情報を公開

映像が進化しているのか劣化しているのか同レベルなのかわからねえ。

  

テレビシリーズ夢の共演『Yes! プリキュア5GOGO 全員しゅーGO! ドリームフェスティバル』

基本5が中心なのか?

|

« 雑記とか(8/7):忘れていたわけではない雑誌 | トップページ | 雑記とか(8/9):何だかんだ言いつつ好きなのである »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/42105986

この記事へのトラックバック一覧です: 雑記とか(8/8):感想だらけ:

« 雑記とか(8/7):忘れていたわけではない雑誌 | トップページ | 雑記とか(8/9):何だかんだ言いつつ好きなのである »