« 雑記とか(8/12):今日の気になる話題とか | トップページ | 雑記とか(8/14):あ…あしたやって…やらあ! »

2008/08/13

雑記とか(8/13):C.C.の尻は公式認定かwww

TSUTAYADISCASに入荷されてたので「コードギアス反逆のルルーシュRSoundEpisode1」を借りたのだが内容がカオスすぎて頭かかえたなくなったwww
サウンドドラマ関連はこんなのばかりなのか?
古い話だけど「ぬるぬるだよ!」は反則すぎるwww
カレンさん、C.C.のEROトークは大変満足しましたが卜部の扱いがあんまりすぎる。あれじゃ報われんわw

  

「NINJA GAIDEN2」強者の道クリア。一応、前作クリア済みなのでそれなりに自信はあったが3面ぐらいから何度も挫けそうになったよ。正直クリア出来たのが未だに信じられんが、それだけ絶妙によく出来たバランスになってるんだろうな。ほんとに苦労したのに次はもう一つ上の悟りの道に挑戦しようかと考えてるし。
色々変更されてるところもあるので微妙に前作から正統進化ではなく違う方向に進化したものになってるが世界最高峰のアクションゲームであることには間違いないのでアクション好きなら360本体ごと買って損はないよ。ただ、本当に難しすぎるのと人体切断、真っ赤な鮮血デフォルトのグロすぎる内容なんでそれ相応の覚悟がない人は後悔しても責任とれんよ。後、8/13現在配布中のパッチを当てるとクリアできなくなるので当てないように。
ゲームに罪はないのに発売後のごたごたがこうも多いのが残念で仕方がない。
まだ解除できそうな実績もあるんでもう少しやり込みたいがくぎゅと響きあいたいので一旦中断して次は響き合うための予習「テイルズオブ奈々さん」ことシンフォニアにかかる予定。自分のことながら予定通りいくのだろうか…

   

狙ってるわけではないのだが何故かはしご生活がデフォルトになっている。
そんなわけで日米ヒーロー映画2本(正確には3本?)観てきた。

ダークナイト:
ゴッサムシティに恐怖を運ぶ悪の根源ジョーカー。ゴッサムシティに真の平和をもたらすため奮闘する光の騎士デント検事。デントの目指す平和の為に正義の為の裏の仕事をこなす暗黒の騎士バットマン。、デント、バットマンと共に悪と立ち向かうゴードン警部補。彼らが死闘の先で見出す真実とは…、な話。
正直、前作ビギンズが個人的にいまいちだったのと、ジョーカーを扱うものとなると過去のティム・バートン版を超えることは無理だろうと思っていたのであまり期待していなかったのだが、本作は漫画原作物としてここまでやらんでもいいだろと言いたくなるほどシリアス、リアリティを追及しすぎていて過去作の追随を許さない圧倒的な面白さであった。ここまで重たい作品作られたら、そら全米で記録的大ヒットになるわ。
本作のジョーカーはバートン版にあった悪の中にもあるコミカルさ(笑い袋とか笑いガスとか)が一切排除された完全なる悪の根源になっているという事だけでも本作の重さを少しは理解してもらえると思う。
ちょいとネタばれだが終盤の究極の二択にはぞっとさせられた(オチに救いがあってよかったが)
日本のアニメ、特撮の面白さ、醍醐味をそのまま昇華させたスパイダーマンやトランスフォーマーとは真逆の方向に突き進んでもこれだけの特撮物を作れるハリウッド映画界がすえ恐ろしいよ。
何かもう実写化したい漫画、アニメがあるならもう海の向こうに任しちゃえばいいんじゃないかなと思えてくる。
152分の上映時間に身構える方も多いかも知れんが最初から最後まで飽きることなく終始引きこまれるのでこれは時間があるなら、映画が好きなら絶対観に行くべきだ。
ただ一つ難点を言うとシリーズ物なのでバットマン全く知らない人は前作ビギンズで予習してから行くように(バットマン知ってる人も未見なら観ておいた方がいい)
参考:・漫画脚本家 田畑由秋のぼやきつぶやき ダークナイト
   ・ジョーカーの吐き出す闇に呑み込まれる2時間半。映画「ダークナイト」、他
       ・超映画批評「ダークナイト」97点

   

炎神戦隊ゴーオンジャー BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!!:
着物姿のイエローの可愛さにまいった。
菊地美香さんが喋る度にアリンコが頭によぎった俺はまだまだ卒業できそうにない(好きな作品だからいいんだけど)。
ポエール教官とキャリゲータさんの力技すぎる次元のはざまの繋ぎ止めには吹いたwww
今年も例年通りの安心できる娯楽仕様に仕上がっていると思っていたのだが今回はラストにちょいとほろりとさせられる展開になっていて驚いたよ。
残念だったのはガイアーク三将軍の皆さんがほとんど本編に絡まなかったことぐらいか。
後、これは本編と関係ないけど三将軍の中の人がカメオ出演していたけど観客の乙女の皆さんが無反応だったのを見るとその程度の存在であると認識してよろしげ?

  

劇場版仮面ライダーキバ 魔界城の王:
今年は毎週のように色々映画を観に行っているが「L change the World」のFBIの南原さん登場シーンを超える破壊力あるシーンに巡り合う事はないであろうと信じていたのだがまさか本作で覆させられることになるとは(笑)
まだまだ数本観に行く予定だけど鈴村さんカメオ出演シーンを越える衝撃には出会えないと思われ
新作PRや短編上映兼ねてなものもあるのはわかるけどキバを楽しみに来てるので正直、電王の人達には自重してほしかったよ。
昨年の電王が当たりだったとはいえまだまだ響鬼、カブトショックを忘れられない身な上に、初の高速空中戦などと謳われるとカブトのしょんぼりな宇宙戦を連想しちゃうので不安を抱えていたが、蓋を開けてみると昨年の電王同様、非常に満足のいく内容でしたわ。空中戦がライダー同士ではなく大怪獣空中決戦なものなっていたりはしたが尺の長い迫力のあるものでよかった。
仮面ライダーレイの存在が空気すぎるのがどうかと思ったが劇場版ならでは親子共演、親子ライダー共闘だけではなく母娘ライダー共闘まで見せちゃうぐらいファンサービス満載なので許さざるをえない。
でも青空の会の人達が普通にキバ=渡を知っていてちょっと戸惑ったのでもう少し配慮がほしかった。近いうちにそういう展開になったりするのかしら。
真面目な話をするとタイムパラドックス云々どうよ、と言わないといけないのかもしれないけどこれは仮面ライダーなんだからそんな野暮な話をしてはいけないのである。そんな事をするのはダークナイトだけで十分なのである。

両作品とも大変満足な内容であったが電王の短編を最後に持っていく構成になっていたのでせっかくの感動が台無しになっていたのはいただけない。
新作の告知の為なんだろうけどもう少しなんとかならなかったものなのか。

  

以下、今日の気になる話題とか

   

声優12名で豪華ライブ! サプライズ満載の『アイマス』3周年LIVEフォトレポート

釘宮さんの「きゅん、きゅきゅん」の画像を載せるべきだと思うんだ。

  

DSの同人エロゲ『ハーフエルフ触手陵辱DS』発売中止で制作者涙目で任天堂に逆ギレ

さすがに今の情勢だとこうなるよな。

  

<携帯ゲーム>専用カフェがアキバに登場 通信プレーを好きなだけ

名前通りモンハンオンリーになるのかしら?

  

C.C.ハダカステッカー付 コードギアスR2第2クールOP「WORLD END」

何だその程度か。期待して損したじゃなイカ。

  

ハヤテのごとく! 「三千院ナギ」フィギュア 発売、他

これ何でドキャのコントローラー持ってるんだろ?

  

森崎君の守備はいつからザルになったのか?

原作でも基本代表補欠組だし。

|

« 雑記とか(8/12):今日の気になる話題とか | トップページ | 雑記とか(8/14):あ…あしたやって…やらあ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/42156919

この記事へのトラックバック一覧です: 雑記とか(8/13):C.C.の尻は公式認定かwww:

« 雑記とか(8/12):今日の気になる話題とか | トップページ | 雑記とか(8/14):あ…あしたやって…やらあ! »