« 雑記とか(6/14):最近は妹ばかりです | トップページ | 雑記とか(6/16):エロスはほどほどに »

2008/06/15

雑記とか(6/15):コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN10「神虎輝く刻」感想とか

地震直後は毎度お馴染みの光景だったようだけど、録画していたケロロ観てたら災害速報テロップが流れていた。
テレ東にだって良心はちゃんとあるんだよね。

  

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN10「神虎輝く刻」:
中華連邦篇その弐
だんだんピザハットを絡ますのが強引になってきたなw
そして相変わらず一人数役が多すぎるので音声だけ聴いてるとややこしい。

今週もルルーシュさんの活躍できたようなそうでもないような、言ってしまえば星刻はんに全て持ってかれてますな話であったな。
活躍は出来なかったけど黄門様の印籠の領域に達しつつあるルルーシュさんの悪すぎる笑いが拝聴できたからよしとしておこう。
いかにしてルルーシュさんを笑わすかで脚本作ってるんじゃないかと思えてきた。

ラストの毎度お馴染みのどっきり展開も含め来週は何かすごそうな事が起こりそうなのきたいしつつまたみるギアス!

|

« 雑記とか(6/14):最近は妹ばかりです | トップページ | 雑記とか(6/16):エロスはほどほどに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/41541472

この記事へのトラックバック一覧です: 雑記とか(6/15):コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN10「神虎輝く刻」感想とか:

« 雑記とか(6/14):最近は妹ばかりです | トップページ | 雑記とか(6/16):エロスはほどほどに »