« 雑記とか(12/13) | トップページ | 雑記とか(12/14) »

2007/12/14

キミキス~various heroines~ Eriko 1st KISS「初雪と紙飛行機」

本シリーズで死者が出ないことを切に願う。
俺はたぶん死ぬだろうけど…

  

以下、ネタばれありの感想

   

ついに始まったキミキス最強ヒロイン二見瑛理子編。
手がけるはキミキスコミライズ界最強の描き手東雲太郎。
これはもう死なないわけにはいかないだろう。
えりりんが原因で死ぬなら俺も本望だ…。

   

摩央姉ちゃんとクリスマスと過ごそうが、アスカターンにシュートを決めようが、勝ち組との格差恋愛を乗り越えようが例によってなかったことにされる不憫な相原さん。
今回もいつも通りの俺達の終わらない夏が始まる、そうだろ、柊?

  

だが、今回はいつもと違って雪の舞う冬から始まる
前号の予告でえりりんが冬服だったので夏から始まらないのは予想できたがまさか原作ゲーム的にはエピローグ真っ只中の季節から始めるとは!
今回の東雲版キミキスは今まで以上にオリジナル展開になるのかもしれないな。
原作に忠実だった東雲版もオリジナル展開になることに喜びを隠せないが、冬から始まるということは星乃さんはすでに転校している現実だけには悲しむしかない。

原作ゲーム通り下校時、紙飛行機のされた0点答案用紙を拾ったことから二見さんと巡り合えた相原さん。
原作どおり軽くあしらわれるも二見さんの事が気になる相原さん。

翌日、珍しく食堂に現れた二見さんが気になる様子を摩央姉ちゃんにからかわれる相原さん。
果たしてこの恋の行方はいかに…。
………って、摩央姉ちゃん!
柊じゃなくて摩央姉ちゃんなんですか!
俺たちの夏が終わった時点で星乃さんだけでなく柊も死亡確定ですか。
冬から始まる理由は二見さん以外の主要キャラをなかったことにするための仕掛けなのかもしれない。
摩央姉ちゃんも次回以降は受験勉強の為になかったことにされるかもしれない。

柊から変更になったのは単に東雲先生が冬服姿の摩央姉ちゃんを描きたかっただけなのかもしれない。
あいらんどでの過去2回の読み切り版でも摩央姉ちゃんの扱いは優遇されすぎていたので意外と当たってるんじゃないかと俺は思うぞ。
当たっていても今後、柊の出番があるかもしれないだけで星乃さんが転校していることはどうにもなりませんが

|

« 雑記とか(12/13) | トップページ | 雑記とか(12/14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/17366233

この記事へのトラックバック一覧です: キミキス~various heroines~ Eriko 1st KISS「初雪と紙飛行機」:

« 雑記とか(12/13) | トップページ | 雑記とか(12/14) »