« アイドルマスターXENOGLOSSIA 第17話「迷子の兎」 | トップページ | 雑記とか(7/27) »

2007/07/27

キミキス~various heroines~ Mitsuki 2nd KISS「お嬢様と僕」(ヤングアニマル感想)

Imgp0096

今週号はDVDが付録なのでいつもより割高。

  

以下、キミキスのネタバレありの感想。

   

本当に「3月のライオン」で獲得したかもしれない新たな読者層を意識しているのか、今回も健全なお話でした。
勝ち組の身体が摩央姉ちゃんやアスカターンに比べて劣っているとはいえ、健康系のアスカターンでも2話目で膝小僧FUCK敢行していたことを考えると、これはもう異常事態と言わずにいられない。

  

何の因果か勝ち組と何故かお友達になってしまった相原さん。今日も昼休み、屋上で
例えば…洋食と和食どっちが好き?
とコミカライズ版では触れられる事のなかった(柊がいなかったから)マッチング会話が飛び出すほどの関係に。
笑顔の勝ち組は可愛いですな。

マッチング会話も失敗することなく勝ち組の好感度をあげ後はアタックを仕掛けるのみとなった相原さんだが、柊から「庶民と貴族は釣り合わない」との警告が。
この手の発言をする輩は嫌な奴なのが相場だが柊は絶妙な立ち位置にいるので全くもって嫌味でない。むしろ好感度が上がるぐらいなので困ったものです。

相原さんが柊の警告で思いとどまって「庶民は庶民と恋すべきだ!」と改心して3話目から星乃さん篇が始まっても何ら問題ないのだが、それじゃあんまりなので次回は相原さんが男を魅せてくれることに期待しておこう。

   

今回の話の中で相原さん初恋話で摩央姉ちゃん(髪型が勝ち組に似ていたのが気になるが)が出てきたが今後絡んでくるのだろうか?
柊の登場、EROくない展開と今回のキミキスはいままでと一味違う話になるのかもしれないな。

   

web拍手を送る

|

« アイドルマスターXENOGLOSSIA 第17話「迷子の兎」 | トップページ | 雑記とか(7/27) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/15915083

この記事へのトラックバック一覧です: キミキス~various heroines~ Mitsuki 2nd KISS「お嬢様と僕」(ヤングアニマル感想):

« アイドルマスターXENOGLOSSIA 第17話「迷子の兎」 | トップページ | 雑記とか(7/27) »