« 雑記とか(6/27) | トップページ | 雑記とか(6/29) »

2007/06/28

雑記とか(6/28)

「BSアニメ夜話」の放送に備えて「時をかける少女」を見直す。
初めて劇場で見た時は原作通りの展開に感動しすぎてよく見れていなかったが、改めて見ると細かい所もよく出来ていて、何回見ても飽きない作品ですな。

「BSアニメ夜話」本編の観客の大半が原作を読んでない現実に絶望した。
「涼宮ハルヒの憂欝」の時も思ったがオタクはラノベを読んでるものだと思い込んではいけないのだな。「らき☆すた」のこなたも読んでないしな。
つーか星乃さん的文学者層はどんだけ狭いものなのだ?

後、「原作者としてここを無くしたら時かけではなくなる部分はありますか?」という問いに「そんなものはないですよ」と返す筒井康隆先生の寛大すぎる心は見習わねばならんな。
たとえ、中の人が代わろうが、設定が変わろうが、作画が崩壊してようがそんなものは作品の本質とは何ら関係ないと思って生きたい。愛をもって生きたい。


松野秋鳴「えむえむっ!」読了。 
ドMな高校生男子が主人公の話なんですごい変態話かと思っていたのだが、周りの面子が神様と思い込んでる電波女、女装趣味の親友、異常なブラコンな姉といった方々で、えらくコメディ風味に描かれているので「NHKにようこそ」ほど深刻な話じゃないんであまりひかずによめばいいんでないかと。

|

« 雑記とか(6/27) | トップページ | 雑記とか(6/29) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/15580275

この記事へのトラックバック一覧です: 雑記とか(6/28):

« 雑記とか(6/27) | トップページ | 雑記とか(6/29) »