« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/31

雑記とか(5/30)

「エル・カザド」内で放送中の清水愛さんのMAX萌えなチャンピオンREDいちごCMを病的なまでに再生し続ける今日この頃。萌えとは恐ろしいものよ…。
CMでヒロインは全員15歳以下と言ってるが、キミキスの二見さん16歳なのだが大丈夫なのか?全ては来週判明する。…入荷されるかどうかも…。


「真らき☆すた萌えドリル〜旅立ち〜」よもや話:
一日の日課に「萌えチェック」とこなたをタッチペンで愛でること(性的な方向で)が組み込まれつつある。このゲーム全年齢対象作品なのだが問題例文にエロゲーからの出題があったり、上記のようなタッチペンの使い方があったりと、どう考えても全年齢仕様ではないのはどうしたものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/28

キミキス〜various heroines〜 Asuka 9th KISS「あなたのシュート」

クラウザーさんのオーバーザ下ネタ「卑猥の雨」を止ますほどの健全な最終回……なのかは微妙なのでくれぐれも読む順番に気をつけるように。


以下、ネタバレありの感想。

続きを読む "キミキス〜various heroines〜 Asuka 9th KISS「あなたのシュート」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/27

雑記とか(5/27)

メイド喫茶の脅威のツンデレチーフのカトレアさんを堪能したり、俺が君の執事になったりとしないといけないのに、何故か雛見沢とかいう田舎での生活を営みそうになる俺がいた。
ヒロインの竜宮さんの語尾の繰り返しが「…誤植?」とよぎってしまう精神状態だったのですぐに帰ってきましたが、何か。文章は普通なのだがSEがえらく精神的苦痛をもたらしそうなので生半可な気持ちで向かうべきではない、とばっちゃが言ってそうな気がする。
気付けば一ヵ月後には「英雄伝説空の軌跡3rd」の発売なので復習もかねて前作をやり直したかったりとやりたいものが多すぎますよ、ほんと。
今、思い出したがひびきの高校も休学中だったな。ハヤテのように通いたくても通えない人もいるのにこの体たらくはいけないよな。


キミキス公式サイトで発売一周年を記念して「もうちょっとおまけ劇場」が無料配信されてるそうな。
ネット開通の日が程遠い身としてはこんな時ほどネットカフェを設立した先人達に感謝せずにいられない。あなた達のおかげでキミキス成分を無事補給できてます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/25

雑記とか(5/25)

みなとそふと「君が主で執事が俺で」到着。
箱裏にTVアニメ放送予定の煽りが…。時代も変わったものだ。
異常なまでに豪華すぎる声優陣の掛け合いを堪能したいが目の前には「ゼロの使い魔」と「おいしいコーヒーのいれ方」最新刊が。らきすたでまったりと萌え脳を鍛える暇もないな。
まずは放置気味なメイド喫茶からどうにかするとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/24

雑記とか(5/24)

ありのまま起こった事を説明するとDSのゲームを予約したらPS2(予約特典)のゲームが付いてきた。
そんなこんなでDS「真らき☆すた萌えドリル〜旅立ちDXパック」到着。
アマゾンで購入したのでポスターは付いてないのだがそれでも特典が10個あってゲームを買ったのか微妙な気にさせられる。特典のライトノベル専用ブックカバーが星乃さんブックカバーと違って実用性が低いのが残念な話。


世界卓球の延長放送で危うく「ギガンティックドライブ」を録画失敗するところであった。「らき☆すた」のこなたはこの危機を無事乗り越えれたのだろうか。


デビルマンを一日に2度も見るという苦行を経験した身としてはネギ先生実写化は普通に楽しみですが、何か?


「俺にだって…わかないことぐらい……ある…」
日夜、次ぎなるセッションに備えて忘れかけたカードゲームのルールを思い出したり思い出せなかったりする今日この頃(にゃー)。
トレーディングカードゲームなら大抵の物が召喚→戦闘→プレイヤーを直接攻撃な流れなんで、マジックザギャザリングを経験していれば理解するのが楽なのだが、カードゲームは個別に違いすぎるので切り替えが大変ですよ(にゃー)。
唐突ですが、世の中には部活動と罰ゲームをこよなく愛する気のいい奴らがいるようで(俺のなかではバラバラ殺人を全面肯定するとんでもない奴らな印象しかないのだがにゃー)そんなこんなで罰ゲーム(にゃー)。ジョジョで言うところ魂奪われたり、人形にされたり、遊戯王で言うところ死亡宣告(にゃー)。ジョセフもハァハァ、ブルブルで信じられんわけですよ(にゃー)。
ダービー(兄)のように壊れない加減で頑張っていきたい(にゃー)


6月発売の「ハヤテのごとく!」公式ガイドには読み切り版が掲載されるようで。コナミに怒られたファンドの件は修正されるのだろうか?
そんなコナミがハヤテのごとくのスポンサーになるなど誰が予想できたことか。
たぶんコナミがトレーディングカードゲーム化するようだがコナン君のような無理矢理なシステムにならないことを祈りたい。どう考えても無理矢理になりそうな気がするが、ハヤテは謎ジャンル執事コメディなんだから無理矢理でもいいのかもしれないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/23

雑記とか(5/23)

「こいつら照明、音響、受付やらどうすんだろ?」と思っていたら細かい事は気にするな的展開でちょいと残念な「ひとひら」8話。今週のテニスの王子様のように気にしちゃいけないのはわかるが気にしてしまう。
真田は県大会で青学に負け、跡部さんにも負けたような過去があるのに何故にあそこまで強気なのだろうか?やはり彼は強気、つよきすなわけでツンデレさんなのだろうか…。


秋口ぎぐる「ひと夏の経験値」読了。
テーブルトークRPG大好き野郎共(大阪在住)の前に現れたTRPG初心者の美少女。彼女が埼玉に帰るまでの一ヵ月間、俺たちの夏が始まる、な話。
TRPGは未経験なのだが似たような事をやっていた身としては他人事とは思えない話だった。解説で安田均先生もいっているが学生時代にこの手の遊びにのめり込んでいた人なら間違いなくハマるので是非。
人によっては古傷をえぐるかもしれないのでそれなりに覚悟はしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/21

雑記とか(5/21)

ちょいと夜に遠征にでたら帰りの電車が事故で停止状態の所謂「秒速5センチメートル」状態に…。栃木に向かわなくても停まることはよくあることなのさ、なのかもしれない。

そんな中、時間潰しがてらに読了した桑島由一「大沢さんに好かれたい。」が淋しい終わり方で追い打ちをかけ泣きたくなった。桑島先生作品なので明るい話だと期待してた俺が甘かった。


昨日の「プリキュア5」はナッツさんがかれんの自作小説に視聴者が思っていたことを的確に代弁してくれたのに皆から非難の嵐だったのは不憫だったな。
言い方に問題があったのはわからんでもないが、あの謎めいた内容にあれ以外のコメントするのは難しい話だと思われ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/19

雑記とか(5/19)

店頭で購入できるだけでも恵まれているのかもしれないが、近所にチャンピオンREDとウルトラジャンプ両方入荷してくれる本屋がないこの環境はどうしたものか。
「らき☆すた」のこなたのように「この手の雑誌は交通費かかってもゲーマーズやとらのあなで買えばいいのだよ(おまけが付くかもしれないので)、かがみん。」と前向きに考えていこう。チャンピオンREDいちごは入荷されるか怪しいし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/18

雑記とか(5/18)

今更ながら一ヵ月前に録画した「ロッキー4」を見てるのだがスタローンの吹き替えがささきいさお氏でなくて違和感が…。これはこれでレアなのかもしれないがAチームのハンニバルのように軽口たたくロッキーは何か違う気がする。
4も未見だったのだが、80年代マインド溢れるお手伝いロボが登場したり、ソ連の科学(トレーニング)は世界一ぃぃ!だったりと俺好みすぎて困る。80年代はいつ振り返ってもしょっぱいな。


randamHEXAさんで紹介されている「リングにかけろ」における東京が恐ろしすぎる。俺はこんなところで生活していたのか…。OH!テリブル東京。
アニメ版ではこの辺のエピソードは飛ばされていたんですっかりわすれていたのだが、改めて読み直すとすごいな。少年誌で描く内容じゃないよ。連載当時、車田先生は東京に何か恨みでもあったのだろうか…。


「愛すべき友を持て」と遺したのはセガが誇る未完の超大作「シェンムー」。
本当に友はありがたい。
何が言いたいかというと、心優しき知人のおかげで非電源ゲーム禁断症状からぬけだせそうだということですよ。ありがとう、そして恵まれた環境に感謝しよう。

そんなこんなで昨日はアキバでその手の物を漁りにいったのだが予想以上に寂れていて絶望した。いや、まあ俺の学生時代もすでに廃れ気味だったがそれ以上に進行してるんじゃないかと。TCGも親しんでた身なのであまり言いたくはないがTCGばかり乱雑せずにたまにはカードゲームも出してほしい。ハルヒなんかはTCGではなくカードゲームで出したほうが世界観再現しやすいだろうに…。
クイーンズブレイドのように世間に大注目される展開がくることを夢見たい。クイーンズブレイドをゲームブックとして遊んでいる強者がいるのか疑問に思わずにいられなかったり、そもそもアレの元ネタがゲームブックであることに若い人達は知っているのだろうか、と考えてしまいそうになるが都合よく忘れておきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/17

雑記とか(5/17)

木曜日にチャンピオンを2冊以上入荷してくれる。そんな当たり前な事で感動させてくれるアキバの流通事情は切ない。つーか色々な諸事情があるとはいえ俺は木曜日にアキバに通いすぎだ。
今回はちゃんと下調べをしていったのだが行く先々で求めるものが見つからずまたがっかりさせられてしまった。俺の中でアキバは期待通り期待にこたえてくれない街になりつつある。


俺に遅すぎた天広直人氏ブームを与えてくれた感謝の意もこめて「ふんじゃかじゃん」購入。まんたんでの1P連載が3Pに分けて収録されているので連載時と印象がかなり違うよ。ふんじゃか様のたこ焼きの歌の破壊力も半減されたようなそうでもないような。
付録にすごろくがついてるのだが真面目に遊ぶ人はいるのだろうか。
エスパークス世代の俺でも「遊ぶのか…?」と躊躇ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑記とか(5/16)

アマゾンからのお薦め商品案内メールのラインナップに「どきどき魔女神判」が!「らきすた」注文しただけでここまで的確な攻撃をしてくるなんて恐ろしい子。
まあお薦めされなくても買うつもりでしたから問題ないんですけど。
ぶっちゃっけこれのために先日DS買ったようなものですし。タッチペンが折れるどころかスクリーンを貫くほどの欲望で挑む気ですが、何か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/14

雑記とか(5/14)

「ヒロイックエイジ」:7話。
平井久司キャラにはそういうイメージがなかったので、魔乳さんを凌駕するとかそういう次元の話でない人の登場に唖然としてしまった。


MXでの「美鳥の日々」放送前に「不適切な表現がありますが」の一言が…。
だったらこの時間に放送せんで下さい。モザイクかかりぐあいが卑猥すぎる。
サンテレビといい地方局は無茶しすぎだ。


跡部さんの髪の真相はOVAですか、そうですか…。


アンティークメイド喫茶(キュリオ」店長代行は実に辛い日々でした。
そんなわけで「ショコラ」コンプ。現代物だけど、妖精が出たりタイムリープしたりと中途半端にファンタジーな話でした。
ドキャ版にはどのルート、選択肢を選べばお目当てのヒロインを攻略できるか教えてくれるお助けナビがあるので楽できるなと思いきや、お助けナビに表示されないフラグを立てなくてはならなくて大変でしたよ。
メインヒロインが常に押し出されてる(パッケージで)美里ではなく香奈子なのは設定を考えれば順当なんだろうけど意外でしたよ。香奈子はメインヒロインなのに何故にセイヴァーの使用キャラにいないのだ?バラさんですら使用できるというのに…。

ヒロイン個別ルートに入るまでの期間が単調で長くてしんどい作業、個別ルートに入ってからはサクッと終わる短期決戦だったりと気になるところはあったが悪くはない作品でした。
話よりも台詞が印象に残る作品なんで過度の期待をせずに楽しむのが吉かと。
これから楽しむ人は探すのが大変なドキャ版、デュアルボイスなPS2版ではなくオリジナルのPC18禁版に手を出すべきかと思われ。ツンデレ大全を読むかぎりではこちらの方が破壊力でかそうですし。

それにしても妹シナリオはホラーでした。萌えないといけないとわかっているのに恐がってしまうこの感情が憎いようなそうでもないような…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/13

雑記とか(5/13)

「ゾワゾワだ!」
遅刻しても寝過ごしても険悪な雰囲気になってもこの一言で済むような気になってきた。


中の人繋がりでのぞみママンが喋る度にデスパレードな妻の一人を連想してしまってプリキュア5のいい話を素直に楽しめない外ドラ愛好家の憂欝。
放送時間に差がないのがいけないのだよ。


原作はネタに反応してしまうせいで好きなのか嫌いなのかよくわかっていなかったので放送前はあまり期待していなかった「ハヤテのごとく!」なのだが、手堅く面白いですな。面白いと思うということはやはり俺は原作が好きなのか?
アニメ版は原作の方では存在末梢されたような方々がレギュラー陣の如く登場していて複雑な気持ちにさせられる。スタッフはハムスター@西沢さんだけでなく他のキャラにも愛を注いであげてほしい。
どうでもいいが小学館繋がりで「グリフォン」ぐらい許してやってあげてもいいんでないかと。古すぎてグリフォンわかる奴も少ないだろうし、メイン視聴者層のお子さまは知らないだろう。
あ、知らないから伏せないとネタだときづいてもらえないのか。
天元突破は無茶しすぎだ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/12

雑記とか(5/12)

「ブルードラゴン」の朝から幼女の裸を出すという暴挙に引っ繰り返った。 いや見た目が幼女っぽいだけで年頃の娘さんなんだから問題はない…わけないよな。


未だあずまんが大王の面白さを見いだせない俺にらきすたを楽しめるか不安だったが、こなたのオタクキャラに反応してしまうせいか普通に楽しめてしまった。ポイントのために余計な買い物したり、ネット通販ではなく店頭で買うことにこだわるこなたの買い物の仕方は他人事とは思えないよ。
かがみのSTG好きが触れられないあたりSTGの今(氷河期)を表してますね。


あまりにもカードゲーム、ボードゲームやりたい症候群が発病しそうな気がしてきたので「GAME JAPAN」(雑誌)買ってきた。オフ会だったりサークルの情報目当てだったのだが全くなくて泣けた。ぎゃざ時代は載っていた気がするのだが俺の記憶違いだったのだろうか?
ますますネットがないとつらい環境になってきたな。

それにしても最近のボードゲーマーやTRPGユーザーはどうやって仲間を見つけているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/11

雑記とか(5/11)

ふと気付けば同人ゲーム「アイマスチャンプplus」のパッケージを見つめ続ける俺がいる。冷静に見ると360版のパッケージでも使用されているあの衣裳はEROいし、美希さんの身体もEROい。


「俺はようやく通い始めたばかりだからな。あの横長いアキバをよ…」
アキバ嫌いを直すために見た「TVチャンピオン外国人アキバ王選手権」ですが、どうも俺のアキバ嫌いは食わず嫌いだったようで。秋葉原UDXなんて1階のATMしか利用してなかったよ。
一度、半日以上かけて探索せんといかんな。


5月も中旬に入りつつあるので予習せねばと、美水かがみ「らき☆すた」1〜4巻購入。
予習したいならTVアニメを見ればいいのかもしれんが、アニメ版は録画失敗しすぎで切ってるので。それにアニメはDS版とキャスティング違いますし。いざ萌える脳を鍛え始めた際に声で戸惑ったりしないためにこれが一番だったんだと嘯いておく。
東京MXであしたのジョー2やきキャッツアイを見ればもれなくらきすたのCMが付いてくるので、こなたの声は平野綾声に自動変換されつつあるが気にしない。してはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キミキス〜various heroines〜 Asuka8th kiss「大好き…」

アスカターン効果で他作品もEROいことに。
ロリ奥様はやりすぎなので姫さまぐらいがちょうどよかったデス。

以下、ネタバレありの感想。

続きを読む "キミキス〜various heroines〜 Asuka8th kiss「大好き…」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/10

雑記とか(5/10)

「舞-乙HiME嵐」来週で最終回か。単行本にするにはページ数が足りてない気がするが、まさかSuperHを収録するのか?


今、見逃せば二度と見ることはないだろうと思い「電撃文庫ムービーフェスティバル」を観てきた。
シャナとキノはアニメ版も原作もそれなりに熟知してるがいぬかみに関してはテレ東に骨が送られたぐらいしか知識がないのでどうなることかと思っていたが普通に楽しめましたよ。シャナは原作一巻の話だし、キノはいつも通りの一話完結の短篇なんで原作どれも知らない人でも楽しめるんでないかと。
いぬかみは噂には聞いてたがひっでー(誉め言葉)変態話でしたよ。
まさか、大スクリーンでハルヒやなのはさんのコスプレしたおっさんの姿を見せられたり、ポールギャグしたほっちゃんの芝居を聴くことになるとは…。
主人公は「俺は裸王だ!」高らかに叫び、本当に意味もなく全裸になるわ正気の沙汰とは思えない作品だった。


上映前に「きみにしか聞こえない」の予告が流れたのだがえらいさわやかな話になっていて吹いた。いい話なのは間違いないが原作は後向きなところから始まる暗めな話だった気がするのだが。


帰りに何故かうっかり「カタン」購入。実家にいたときなら身内と遊ぶよかったのだが、この新環境でどうやって対戦相手を探すというのだ、俺よ。トレーディングカードといいこの手のゲームは対戦相手を探すのが大変だよ。
カタンだけでなく国産カードゲームも買ったのだか英訳のマニュアルが付属していて驚いた。外人がアキバに夢中になる時代だからそういう需要もあるのかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑記とか(5/9)

今日のおはスタできらりちゃんの新曲「ハッピー」のオリコン初登場順位の発表があったのだが、きらりちゃんの順位(2位)よりも8位にほっちゃんがランクインしてたことの方が衝撃でしたよ。

   

アイドルマスターの春香、やよいの舞-乙HiMEのDVDCMでやよいがやたらとニナちゃんを押すのもどうかと思うが、「ニナちゃんって誰?」とコメントする春香もどうかと思われ。
さすが「春香は同人誌では何故、黒いのですか?」と言われるだけのことはあるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/08

雑記とか(5/8)

RD(HDDレコーダー)のEPGの検索機能で水樹奈々さんの「MUSIG」出演情報を得たので録画したら、新曲の宣伝よりもしょこたん効果で出演したような扱いでなんともいえない気持ちでした。しょこたんの力は偉大だな。唐突にジョジョ立ち展開になる番組構成に荒木先生の偉大さを教えていただけました。つーかこんな番組でジョジョが出てくるなんて予想できんよ。


FC「リンクの冒険」を始めたのだが鎧騎士の鉄壁なガードの前に絶望気味ですよ。FC時代の敵なのだからAIのない完全パターンの敵のはずなのだが、そんな次元の越えたところに奴らはいると思われ。奴ら最強、マジ最恐。


ハイラルをすごい勢い滅ぼしすぎて心が荒んできたので、アンティークメイド喫茶「キュリオ」の店長代理を勤めることにした(戯画の「ショコラ」の話ね)。
ギャルゲーの世界は裏切りも殺しあうこともなく、ただ萌えるだけでいい楽園だと思いきや、ショコラは店長業務をちゃんとこなさいとゲームオーバーという鬼仕様。そんなシステムだなんて説明書に一言も書いてなかったじゃないか。
この世界にも救いはなかったのか…。バラさんの「女の尻ばかり追っかけてんじゃねえよ!」という忠告を無視した俺も悪いのだが。
ショコラを始めた理由は「Xross Scramble」にゲスト出演しているツンデレメイドのカトレアさんが何故どこでもドアを使ったキャンセル技が使えるのかが気になって仕方がなかったのが理由なんで順調に二週目開始してますが、何か?
ACTやSTGの為でなく純粋にギャルゲーを遊ぶことが出来ないのか俺よ。

ショコラはPC版(18禁)ではなく全年齢のドキャ版を遊んでいるのだが、水着という名の下着が出たりキスシーンがやたらEROかったりととても全年齢とは思えない仕様で吹いたよ。一体審査委員は何を見ていたのやら。

ヒロインの一人に血の繋がってない妹(女子校生)がいるのだがこの妹さん、主人公とあって一ヵ月足らずの状態で「夜中に悪夢を見て恐いの」とベッドに侵入するわ、「新しいスク水をお披露目したいの」と風呂場に入ってくるわ、18禁版ではお兄ちゃんのいない淋しい夜に行われるERO行為を見せつけてくれる(らしい)、と軽くホラーで恐すぎる。
…普通に考えると恐がらずに萌えないといけないんだろうな…。「いつになったら正常の萌えを手にすることができるのかなあ?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/07

雑記とか(5/7)

「僕の名前はこぞう@後輩。このブログは死んでいる。」
死亡確認なのはミクシィほうなんですけどね。放置しすぎでログインIDやら忘れてきたよ。
こどBは携帯で何とかしてるので僕はまだ生きてるよ、まだ生きてるよ。
昨日の「ハヤテのごとく!」のOPがレイズナーのパロディであることにすぐに気付けなかった俺はメロスのように生きる資格はないな。


「スッキリ」でアキバ特集だったのでラムズ声優がサラッと映った…。
関西から観光にくるほどのアキバの魅力が俺にはいまだに理解できないよ。メイドさんと言えば、館→猟奇殺人事件が真っ先にうかぶ思考では理解するまで時間がかかるんだろうな。正直、現状は嫌いだったりするので馴染める自信がないのだが…。誰か、俺にアキバの魅力を教えてください。俺だって聖地と呼ばれるほどの神聖な場所を純粋に崇めたい気持ちだってあるので。
でも、馴々しいのか丁寧なのか中途半端でよくわからん妹カフェや素で手が飛び出しそうな(怒りで)ツンカフェは好きになれそうにないですが。
どうでもいいが関西だったら日本橋でんでんタウンですませばいいのでは思うのだが、どうか。

世間から遅れに遅れて一日だけの休日を得たのでPSP「みんなの地図2」を片手に池袋まで「スパイダーマン3」を観に行ってきた。
2で「二重生活は辛すぎるよ、おじさん。でもみんなのために頑張るよ、おばさん」だったピーターが序盤から「二重生活最高!ピーターでもスパイダーでもモテて最高!」な絶頂状態なんで笑ってしまったよ。2の時に苦労していた日常パートは何だったんだ…。
今回はピーターの成長よりも前作までの伏線の決着や多すぎる敵への対処に忙しい構成だったので面白いのだが「泣ける」話じゃなかったな。        それにしても今回は敵が本当に多すぎたよ。サンドマンは結局のところ良い奴だったのか悪い奴なのかわからずじまいだし、ヴェノムはとりあえず出しました感が拭えないわ、ニューゴブリンは他の敵のせいで可哀相な扱いでした。彼とピーターの関係はもう少しちゃんと描くべきだったんじゃないかと思われ。

みんなの地図2は情報が的確に足りてないので自分で地図作ってる感が楽しめて満足な内容ですよ。こちらの地理情報が皆無の身としては5000円程で手に入るのは安い買い物でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/06

雑記とか(5/6)

ゲキレンジャー:
先週の一味違う根性女に「うげぇ…」と思われていた俺ですが、今日の入浴シーンにはいきり立ちそうになりましたとさ。所詮俺もエロファンと変わらぬということだ!


すでに危うい状況なのに6月末まで毎月1200円で見れるのでWOWOWの契約をしてしまった。6月には解約するつもりだが7月からはシグルイの放送が始まる。どうやら、すでに罠にはまってしまったようだな。シグルイのためだけに月々2400円は安い買い物になるのだろうか。


平成生まれの若人達がはびこるこの時世に、実写版「めぞん一刻」が番宣CMでメールのない時代とか言っちゃってるが正直、昭和テイストは振り返ると痛々しかったりするので触れるべきじゃないと思われ。最近は昭和のどこぞの村の話が大人気らしいが、それでも伝えちゃいけないと思うんだ。あの時代は体験したものだけが頭の片隅に止めておけばいいと思われ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/05

雑記とか(5/5)

iモードでも頑張れば巡回ぐらいできんこともないと気付く今日この頃。ネット開通の道は遠く、アイドラダウンロードもいつの日になることやら。
引っ越し前にアイマスのメアド全員分購入し忘れてたのは大いなる過ちであった。ネカフェに持ち込んだりしてどうにか出来ないものだろうか…。
ネットに繋がらない360がこれほどまでにつらいものだったとは。繋がったら廃人確定なんでこの現状は良いことなのかもしれないが、つらい。つらすぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/04

雑記とか(5/4)

世間的には大型連休で賑わってあーだこーだの大盛り上がりで楽しんでるようですな。
昨年はrandamHEXAのイノウエさんの24時間更新の応援メッセージを通じて異常性癖や双恋愛を暴露して痛々しい休日を過ごしてましたが、今年はそんな余裕もあるようなないような日々。大型休暇とかは国民全員平等に休んでもいいんでないかと。


昨日の「TVチャンピオン2」ゲーム王選手権で一応360に触れられてよござんしたよ。たとえアイマス以外触れてはいけないような扱いだったとしても。
アイマス以外はほとんどが暴力と残虐にあふれた作品ばかりなのは問題かもしれんがそれがいいのだ。ゲイツ氏もチェーンソー認めてるしな(ギアーズオブウォー特典DVD参照)。


今日の「スッキリ」はアニソン特集で水木一郎アニキがゲスト。昨日の今日でこれですか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/03

雑記とか(5/3)

「スッキリ」で三石琴乃さんのお姿を拝める日がくるとは誰も予想できんよ。しょこたんの力は偉大だな。
この録画映像は残すべきなのか消すべきなのかそこが問題だ。


昨日の「のだめカンタービレ傑作選」は再放送だけでなく新作総集編も入っていた。これも見逃していた人が多そうだな。まあ総集編だから問題ないんでしょうけど。


今日のTVチャンピオンはゲーム王選手権で来週は外国人アキバ王選手権。オタな選手権がつづくな。
東京MXは今日と明日19時30分から「東京国際アニメフェア2007」。本当にアニメ専門局だな、MXは。


2話以降録画忘れてしまったので切っていた「風の少女エミリー」の再放送があったので録画。
一週間に手を出しているドラマの本数6本、アニメ・特撮にいたっては30本越えという異常事態に陥りつつあるのにこれ以上手を出してどうするつもりなのだ俺よ。そんなに自分をいじめたいのか。
来週からは「電脳コイル」。今月末からは「プリズンブレイク セカンドシーズン」の放送が始まるのでどうにかせんといけんよな。どうにもできんけど。
…ストライクなRDを用意するか…。地獄道はつづくよどこまでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/02

ゲームサイドvol.06

ゆのみ先生のメガジェットの舞にちょっと萌えた。

今号はゲームミュージックの話題が多めでした。インタビューはないのにいたるところで古代祐三氏の名がでてくる(セガ道もベアナックル)あたりに氏の偉大さを痛感させられる。


第一特集はS・RPG特集。「シャイニングフォース」の紹介がキャラ恋話だけで終わるのはどうしたものか。いや、俺もタオ好きですから文句言えた身じゃありませんが。

第2特集はPSP特集。うちのPSPはメタスラのロード時間がアレすぎるので、「みんなの地図」再生したり動画再生したりと完全にゲーム機としての存在意義を失いつつあるのでこれを機に復活させてやりたい。

幻のゲームを追え!はPS「時をかける少女」。これは日の目を浴びてほしかったな。


今号はカラーページでフロンゲ特集なる狂気じみたものもあったが、PSP特集に勢いがあってよさげでした。
次号の特集はゲーム日本史。普通に考えると信長あたりがうかぶがどう転ぶのやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »