« Yes!プリキュア5 第2話「情熱全開キュアルージュ!」 | トップページ | 雑記とか(2/12) »

2007/02/12

そなたのオトメになってやる!!

沢上水也「舞-乙HiME列伝(サガ) アヤネ降臨篇」読了。

本書に登場する姫君には、劇薬成分が含まれています。取り扱いには十分ご注意下さい(帯より)。

   

以下、ネタバレありの感想。

    

あらすじ:
アリカやマシロが活躍した時代(TVアニメ版)から遡ること約100年前。
幼き日の誓いを果たすため、一人の少女がガルデローベの門をたたく。
少女の名は「アヤネ・ハザクラ」。幼き日に出会った「約束の少年」のオトメになるためのアヤネの嵐を呼ぶ学園生活が今、幕を開ける!

   

舞-HiMEビックバン☆プロジェクトの一環、公式認定の外伝小説なわけですがTV版との繋がりは世界観が同じなことと主要キャラにホー家のオトメ候補生(容姿はまんまエルス)がいるぐらいだけなのでTV版を知らない方でも問題なく楽しめる作品デス。

本作の魅力は誰が何と言おうと主人公のタイユァン国の姫君アヤネ・ハヤザクラである。帯にも警告されぐらいの強烈な個性をお持ちの方なので彼女の個性が合わない方には全く楽しめないと思われるので購入される前には40Pほどの長い長い序章を立ち読みして判断されることを推奨する。

   

アヤネの「そなた、妾」口調はマシロを連想しがちですがアヤネはマシロと違って言動に伴う実力と信念を持ち合わせているので読んでいて気持ちいいものデス。失礼な、空気の読めていない発言が多いのが困り物ですがまあそこが魅力なんで許してあげてください。

   

舞-乙HiME列伝(サガ)は本書だけでは終わらず、今月末発売の電撃G'sマガジン2/28号よりコミカライズ版が連載開始。本書の続刊である第2巻が4月刊行予定。
キャラクターデザインは久行宏和氏が手がけてる本シリーズの小説、コミック以外の媒体でのアヤネの暴走が見れる日があることを期待したい。

    

web拍手を送る

|

« Yes!プリキュア5 第2話「情熱全開キュアルージュ!」 | トップページ | 雑記とか(2/12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/13878826

この記事へのトラックバック一覧です: そなたのオトメになってやる!!:

« Yes!プリキュア5 第2話「情熱全開キュアルージュ!」 | トップページ | 雑記とか(2/12) »