« 雑記とか(1/3) | トップページ | 雑記とか(1/4) »

2007/01/04

ノエイン、ゼロの使い魔

キッズステーションの年末年始一挙放送でノエインゼロの使い魔を全話見終わった(両作とも全話通して見るのは二度目)。

  

以下、ネタバレありの感想。

   

ノエインは放送当時も思ったが面白いのだが人に非常に薦めづらい作品だな。
ジャンルはたぶんSFなんだろうけど地味に難解すぎて他人に話の面白さを上手に伝えにくい。
キャラクターデザインも特徴ありすぎて嫌煙されそうな気がするし、出演声優陣も豪華なのだが俗に言うアイドル系な方々が多いわけでもないのでそちら系の方々を引き込ませるのも厳しい。
「アクメツ」、「コミックマスターJ」の原作者田畑由秋氏も言及されてるが序盤の展開がスローな感じでちょっとしんどいのだが中盤から俄然面白くなってくるので多次元世界なSFに抵抗がない方は是非見ていただきたい。

   

ルイズ様は改めて見ると、6話目までは1巻をベースに丁寧に描いてるのだが7話以降が原作4、5巻の話をやるので唐突間が拭えないな。
特に8話は今まであまり触れられなかったタバサの過去話をやられるから原作未読者組にはついていくのが大変だったんじゃないかと思われる。
ラストにかけてはダイジェスト仕様だったので原作を知る者としては前半は良作だが、後半の展開は「悪くはないのだが…」なコメントになってしまうな。
当時は第二期の予定がなかったからだと思われるが、あえて無理をしてルイズ様のバイト話や惚れ薬話をねじ込んだ構成はいいのだがそのツケが後半に回ったのが辛いのよね。

これは個人的なことだがアニメのルイズ様は原作に比べてかなり優しくなっている気がするな。
原作どおりにやると色々引っかかるのか?
改めて見ると第一期意外と色々やっている(萌え要素が)ので第二期が大丈夫なのか不安になってくるがシエスタの制服話とかOPでしかやってないから大丈夫なのだと期待したい。
戦争だけの精神的に辛いシリーズにならないことを願いたい。

   

web拍手を送る

|

« 雑記とか(1/3) | トップページ | 雑記とか(1/4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/13329715

この記事へのトラックバック一覧です: ノエイン、ゼロの使い魔:

« 雑記とか(1/3) | トップページ | 雑記とか(1/4) »