« 雑記とか(12/26) | トップページ | 雑記とか(12/27) »

2006/12/26

チャンピオンREDいちごVOL.1感想

Imgp0005

今日ほど妹を欲したことはなかった。
この気持ちは幼き日のはるまを越えていた事であろう。

以下、ネタバレありの感想。

   

血みどろだったりEROすぎたりなお兄さん(RED)の妹なので萌え雑誌とかけ離れた雑誌になるのと思いきや一部の作品を除けば至極真っ当な萌え雑誌でしたよ。なんせ臓物作家でお馴染みの山本賢治先生が腸が飛び出さない普通の萌え漫画に挑戦してましたからね
雑誌的には正解なんだろうけど山本先生が臓物出さないのは心臓に悪いので出す方向で進んでほしかったよ。
あのお兄さんがこんな可愛らしい妹を隠していたなんて信じられない話ですよ。
チャンピオンとは縁のなかった作家さんの作品が多かったので新鮮に楽しめました。
個人的には八神健先生の雨宮さん(ななか6/17)の描き下ろしカットがあっただけで大満足ですよ、俺は。

以下、気になる作品の個別感想。

   

舞-乙HiME superH2

今回はわずか4Pの短編ですがまたニナちゃんがえらい(EROい)事になってるお話でしたよ。
付録冊子に収録されてる本作以外の他の作家先生が描く舞-乙HiME作品は山本先生の作品を除けば全てEROい話でした。
山本先生に一体何があったんだ?

   

・キミキス~スウィートリップス~ First Kiss「菜々色の恋」

今回のコミカライズは糸杉先生による菜々が主役の話。
…何ですが大人っぽい星乃さん(菜々視点だからか?)も出てきて大興奮ですよ。
気になるのはサブタイトルがあったところ。いちごで連載していくのか「月光のカルネヴァーレ」のようにお兄さん(RED)に移籍するのか?

   

・あさがお絵日記

サイカチコンビによるサイカチ外伝。
主役はあさがおだけどサイカチなんで師匠も登場。
ここまでスピンオフしているんだから2巻以降も販売していいんでない。

   

web拍手を送る

  

おまけ:
Imgp0011
あさがお絵日記より。

あれ、これって牛股師範?
下のは今月読みきりのフランケンと芸が細かい。

|

« 雑記とか(12/26) | トップページ | 雑記とか(12/27) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/13210728

この記事へのトラックバック一覧です: チャンピオンREDいちごVOL.1感想:

» チャンピオンREDいちごvol.1 [360度の方針転換]
 雑誌はいちごで出来ている  ヒロインは中学生で 奥様は小学生  幾たびの検閲を越えて発売  ただの一作も非萌えはなく  ただの一作でも理解したら終わり  彼の雑誌は常に厄い 未発達な丘の露出に酔う  故に、障害に乳首はなく  その雑誌はきっといちごで出....... [続きを読む]

受信: 2006/12/28 13:16

« 雑記とか(12/26) | トップページ | 雑記とか(12/27) »