« さあ、『救って』ください。 | トップページ | 雑記とか(11/19) »

2006/11/19

乙女爆弾事件勃発

三浦勇雄「バレンタイン上等。」読了。
バレンタインというと双恋第12話「血のバレンタイン(バレンタイン・パニック)」を思い出しますね(二次元的現実逃避)。

   

あらすじ:
2月初旬。
クリスマス・イヴの一件から「古都ゆかり」との距離が縮まって幸せこの上ない「五十嵐鉄平」。
この調子でいけばゆかりからバレンタインチョコも貰えるんじゃないかと期待する中、またあのお騒がせ女子リポーター「槍ヶ岳」の姿が!
今度はバレンタイン特別企画番組として鉄平・ゆかりの通う羽原羽高校とお嬢様学園「百合百合学園」との交流を中継するんだとか。
イヴの時と違い鉄平は何もしなくていいそうなのだが、どうなることやら。

   

以下、ネタバレ有りの感想。

   

今度は新キャラ交えての三角関係なドタバタラブコメかと思いきや、前作の続編らしく「ダイ・ハード3」でした。ラノベ的には「名探偵コナン 時計じかけの摩天楼」が無難か?

理由はどうあれ、今回も鉄平はみんなを救うために走る、駆けずり回る!
前作は囚われの薄幸美少女(ヒロイン)だったゆかりも今回は愛する鉄平のために根性を見せる!
つられて新キャラ達も一緒に根性見せちゃう!
走る!駆ける!解体!動揺!思わず告白!
-きだ好きだ好きだ好きだ好きだ俺はゆかりが好きだ!

前作同様勢いで駆け抜ける気持ちのいい作品でした。
彼らはノリで学園を救う?いえいえ、全力で恋愛成就するのです。

   

web拍手を送る

|

« さあ、『救って』ください。 | トップページ | 雑記とか(11/19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/12746033

この記事へのトラックバック一覧です: 乙女爆弾事件勃発:

« さあ、『救って』ください。 | トップページ | 雑記とか(11/19) »