« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/31

雑記とか(10/31)

GEOで「トップをねらえ2!」6巻、「SHUFFLE!」12巻(最終話収録)、「舞-乙HiME」1巻を貸りてきた。噂には聞いていたがトップ2の最終回ラストは泣けちゃうよ。

やっと「SHUFFLE!」最終話を見れた。これでトラウマの一つを乗り越えることが出来た。
亜沙先輩はいつ見ても美しいが最終話にかけてはやつれ気味で見ていて痛々しかったよ。リストカットで解決!、な展開がどうかと思ったが最終話まで安定した面白さがあっていい作品でした。
最終話Bパートからのプリムラの変貌ぶりにちょっとひいたのはナイショの話。一体あの娘に何があったんだ。

舞-乙HiMEは来週発売のゲーム版に備えて再予習。TV放映時に全話しっかり保存しているのだが、2話は謎の放送時間変更で録画失敗、未見だったりするので。

    

PS3のコントローラーって5000円もするんですな。場所によっちゃ「神様家族 応援願望」より高いじゃないか。
対戦するのも一苦労な時代になりましたな。その分、気軽にネット対戦が出来る環境なのかもしれませんが。

  

カプコンの人気格闘ゲーム『ストリートファイター』が実写映画に!

これを機にヴァンダム主演のアレがなかったことにされないことを切に願う。恋しさとせつなさと心強さとなアレ同様、末永く愛されるべきだと思われ。
何よりも気になるのはまた実写ゲーが発売されるのかとだったりする。それ以前に新作が出るのに期待するべきなのかもしれんが。

   

ドラマCD「キミキス」 Vol.3 星の数よりキスして ~二見瑛理子~ キャスティング発表

例によって栗生さんの存在は確認できず。恵まれない子ですなぁ。
それにしてもえりりんの破壊力は恐ろしい。ジャケ絵だけでもうビチョ濡れ。

   

ゲームサイド 12月号(Vol.3) 11/2発売

シルキーリップ関連での遠藤正二郎氏のインタビューがあるので。
個人的には王道RPG特集にまさかのSS「ガンブレイズS」が!
正直、ゲームサイドに紹介されるレベルの作品なのか激しく微妙だがストーリーが王道っぽいから取り上げれたのか?
この特集では「マリカ~真実の世界~」も取り上げられてるので遠藤信者は忘れずに購入しなさい。

    

ラスボスが異常に強いゲーム

先日クリアしたSFC版「テイルズオブファンタジア」ラスボスのダオスは一時的に無敵になる反則技を使うので困った。それも効果が切れても間髪入れずに連続で。どうやって倒したらいいのかと途方に暮れかけた。戦闘中に敵の動きを一時的に止めるアイテムを使用すればいいだけの話だったのですが。PS版以降はぬるくなってるのは本当なのか?
スレ内でも挙がっている「イース フェルガナの誓い」ラスボスも反則的に強かったな。中盤の攻撃がどうやって避けるのかわからないよ。

   

誰も知らないが、自分は大好きなゲーム

SFCの「迦楼羅王」や「鋼 HAGANE」と言いたいが地味に有名かもしれないので、SFC「テコンドー」。国内唯一のテコンドーゲームかと思われ。

  

バトルシーンが凄いアニメ教えてくれ

おっぱいアニメでありながら無茶なアクションシーンが炸裂する「グレネーダー ほほえみの閃士」が挙がっていて感動した。

  

エポック:「ラピュタ」のロボット兵を製品化

個人的にはこのロボット兵は幼少期に見た時分では結構怖くて、トラウマになりかけたんですが、世間的にはどうなんだろう?

  

吹き替えで見た方が良い映画・見てはいけない映画

先日見た「ドッジボール」はベン・スティラー扮するグッドマンさんのステキぶりを心行くまで堪能するために字幕版で見るべきだと思われ。吹き替え版ではカメオ出演のチャック・ノリスの声は誰があててるのだろう。
スレ内で挙がっている「サウスパーク」ですがTV版は劇場版と違ってちゃんとした吹き替えになってるので安心しなさい。何で劇場版は変更したんだろうう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/30

雑記とか(10/30)

Nec_0001_34
下のはアニメイトのオマケ。

毎月月末はゲーマガの発売日。今月号はDVDが2枚組なんでいつもより100円高いナリ。その分ボリュームがあるんで許そうぜ。
アニメイトがハロウィンキャンペーン中らしくてグッズ詰め合わせが付いてきたのだが正直なところ処理に困る。どうしたものやら。アイドルマスターは360版を買えという脅迫ですか?
以下ゲーマガ気になった記事とか:

平野耕太先生の新連載は期待通りの飛ばしぶりでした。確かに「テ●モの技術でイリ●ージョンのゲーム作ったら無敵」だと思われ。今月のDVD付録には「DOAX2」の8分超の映像が収録されてるが凄まじくEROい。奴らの技術はすでに無敵だ。

DVDには地味に気になってる「くじびきアンバランス 会長お願いすまーっしゅファイト☆」も収録されていた。主題歌は律ちゃんですよ。
ツンデレを強調しているのが気になるのが地味に面白そうに感じてしまう。1月以降の発売なら多分買うんじゃないかと思われる。

「オレを信じてコレを買え!」にキミキスが!大変わかっていらっしゃる紹介で大満足ですよ。星乃さんは密かの読んでますよ(俺脳内設定)。

智代アフター」麻枝氏のFAXインタビューコメントがえらく後ろ向きで興味深い。「このゲームは貴方にとって地雷になる可能性があります。そこら辺の覚悟が出来た上で購入して下さい」ととらえられなくもないコメントは大丈夫なのか?どうでもいいが音声はPS2版キャストに変更はしないんですな。

S・RPG特集、ゲーマガスタッフ思い出の一本でシャイニングフォースが挙がるのは当然として、「ロイヤルストーン」が挙がっていた事には驚愕してしまう。さすがと言うべきなのか…。

気になったのはこんなところか。次号は元の価格に戻るのか?   

   

ルルーシュさん3話のカレンさんのアレ。よくよく見直すと関西版でも映ってましたね。ゆかりん先輩に続き深夜枠の夢を垣間見れた。  

   

キミキス キャラクターシングル Vol.3 「水澤摩央&咲野明日夏」

キミキス界の最強コンビ(乳)が手を組んだ!
11月はキミキスCDが2枚発売するのね。気付けば7月以降毎月キミキスCDを1枚購入している日々。突き詰めれば5月以降毎月キミキス関連商品を購入している日々。後悔はしていない。

   

「To LOVEる」VS「エム×ゼロ」、あなたはどっち!?

マンガがあればいーのだ」たかすぃさん主催の決戦投票。
「To LOVEる」はアニマル喫茶という厄い響きがそれなりに気になるが、小僧さんはDANZEN!「エム×ゼロ」派でございます。愛花の可愛さは異常。

   

アニメ最萌えトーナメント2006 優勝者決定!

私的にはテンコが負けた時点で終了してましたが、何か?

  

ゲーム中に我が目を疑ったシーンをあげろ!!

ときめきメモリアル」3年目夏に登場したヒロインが何もしてないのに悪い噂を広めてくれたり、爆弾破裂させてくれたとき。あの時ほど殴るコマンドを欲しいと思ったことはなかった。
ときメモ繋がりでも一つ。「虹色の青春」で虹野さんとのデート中にポリスノーツの問題が出題された時。
小島監督作品は面白いのだがタチの悪い冗談が多くて困る。
メタルギアソリッド」は冗談を笑って許せる心の広さが必要ですよね。

  

全員の名前が言える猛者はいるのだろうか

さすがこれは無理でしょう。2~30人ぐらいなら言えるかな…。

   

シグルイ第三十七景「封じ手」(7巻収録)主題歌(嘘)「芝居じゃない」

全編通して異常空間な作品なのがシグルイだが、牛股師範の逆さ吊りは何度読み直しても理解に苦しむ。7巻のカバー裏にも描かれるぐらいだから重要なのだろうが理解出来ない。つーかカバー裏の牛股師範、本編以上に死にかけてるし。虎眼流、恐ろしきものよ…。

  

向井亜紀、本人役で初声優

プリキュアにどう絡むのか全く想像できん。

   

世界で一番高いところにあるテニスコート

スーパーファミリーテニスみたいだな。

  

睡眠時間を短くして、今までと同じぐらい回復させる方法はありますか?よろしくお願いします

個人的経験から言わせていただくと、気力があれば短時間睡眠でも活動は可能だが油断するとすぐに気絶するもんです。慣れればどうということもないのだろうが慣らすまでが大変だと思われ。

   

「1か月読書せず」49%、若者の本離れ進む

最近図書館をよく利用しているが、若者はあまり見かけないからねぇ。ラノベの様な気軽に読める本の存在が埋もれ過ぎなのも原因かと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/29

雑記とか(10/29)

GBA「シャイニングフォース 黒き竜の復活」プレイ開始。クリアするのに1年ぐらいかけると予想しているがどうなることやら。
シャイニングフォースⅠはオリジナルのメガドラ版に病的なほど思い入れがあるので改悪されていたらどうしよう、と不安で仕方なかったが昔通りのテンポの良さ、バランスのよさが再現されていて好感触ですよ。オリジナルでは寡黙なマックス(主人公)がベラベラ喋るわ、グラフィックのリニュアール化で一部のキャラが微妙にイケメン化、「本の女の子(ロリエルフ)が成長しているなんて」、と少し気になるところもあるが、本陣の会話が強化されたのは大きいな。タオ可愛いよ、タオ。
世間的にはファンタジーのS・RPGは「ファイアーエムブレム」や「オウガシリーズ」がメジャーっぽいがシャイニングフォースシリーズにも注目してほしいよ。シャイニングシリーズが別の方向に向かいつつあるこのご時世だからこそ。無理だとわかっていてもキャメロット製のシャイニングフォースが遊びたいです、セガ様。
個人的にはのリメイクもしてほしい。Ⅰと違ってPC版も存在しないので何とか実現してほしいのだが。サラの可愛さがあれば問題ないと思うのだが、どうか。

そんなエルフ属性を持っているかもしれない小僧さんもご満悦のシャイニングフォースシリーズを自信をもって薦めたい。シャイニングシリーズの女の子はマジ可愛いんだって!
携帯向けコンテンツでGG(ゲームギア)で発売された外伝シリーズが展開してるようなんで安値で楽しみたい人はこれから入ってみればいいかと。
やっぱ可愛いよ、ウェンディとかナターシャとか(しつこい)。

   

今更ながら「ゾンビ(米国公開版)」と「ドーンオブザデッド」の二本立て視聴を実行。どうでもいいがどちらも初見デス。
ゾンビすげーな。あのわけのわからん異常空間なのに妙に説得力がある素晴らしい世界観。そして巷で話題の「デッドライジング」がジョージ・A・ロメロ監督リスペクト度高すぎる作品であることを理解した。遊びてーよ「デッドライジング」。あんな素晴らしい世界観で略奪したりされたり殲滅したり。楽しそうだ。

ドーンの方はえらく普通なパニック映画になっていてちょっとガッカリだった。ゾンビを走らせてみた、という発想は面白いのだが、そこで止まってしまったのが残念で仕方がない。生存者が多すぎるんだよね。あと、皆、生きるので精一杯で欲がなさすぎる。ゾンビが走ることによってゲームバランス崩さんばかりの強さになったのが原因なのだろうが。一つを立てると何かが崩れる。上手いこといかない世の中だ。
ゾンビ映画の素晴らしさを知るためこれからも精進していきたいと思います。

    

キミキスドラマCD全巻購入特典

魅惑のパジャマパーティーなわけですが、ここでもハブられる栗生さんに涙。小説版2巻での登場が彼女の全盛期だったのだろうか。小説版でもキャラクター紹介ではハブられてたんですが。
特典CDは本編云々ではあまり見れないヒロイン同士の絡みに期待したい。色々とね。具体的いうともみくちゃとか実験とか…
それにしても二見さんことえりりんのドラマCDタイトルはヤバいな。タイトルだけでビチョ濡れですよ、ファック。12月、間違いなく俺は死ぬ。俺が死んでもキミキスには何の罪はないので責めないで下さい。むしろ崇みなさい。皆さんも今からでも十分間に合うのでえりりんとのそれはそれは素晴らしい実験生活をおくりなさい、死になさい。

   

たのみこむ 妄想ボイスCD第二弾「おしかりCD」

恐怖の洗脳CD再び。前作持ってる人向けにセット販売の特典を入手する方法を提案してほしい。
あと、代引以外の支払方法も、手数料や送料がえらくかかるのがネックだよ。前作はアマゾンで購入しちゃったし。まあ特典代と思えば安いのかもしれんが。

   

15~18歳の武装した美少女23人が、1人のイケメン男をめぐって大乱闘

さよなら絶望先生」とかで出てきそうなバトルロイヤルだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/28

雑記とか(10/28)

今日の「おとぎ銃士 赤ずきん」があからさまなキャラソン宣伝回でちょっとひいた。この辺りはマイメロさんの方が一枚上手だな。
あと、赤ずきんのテンションについていくのも大変だ。いい年した大人がついていく必要はないですが。

  

橋本紡「ひかりをすくう」読了。
氏の作品のメイン読者層である中高生には理解するのが難しいと思われるすごく地味な話だった。「流れ星~」のようにストーリ性が強いわけでもないので人を選びそうだが、氏のファンであるなら読んで損はないと思われ。ただ、難しいので貴方が若いなら数年後に文庫化(されるはず)された時に手をだすのも一つの選択かもしれない。小僧さんはその時にもう一度読み直してみようと思う。

   

はいからさんが通る(アニメ版)」が面白いな。
蘭丸可愛いよ、蘭丸。声が白鳥のジュン役でお馴染の杉山佳寿子さんなところもあるんだろうけど可愛すぎる。男にここまで興奮するのは久し振りかもしれない。2話以降は見てないが「はぴねす」の準が可愛いと騒いでる方は蘭丸を知るべきだと思う。素のままであそこまで色気を出す奴はそうそういないと思われ。

   

今期は現実は秋なのに春から始まる作品が多いんで、寒い冬の真っ只中に水着姿を見せ付けられる、視聴者側としては寒そうで仕方がない何とも痛々しいシチュエーションがくるのかと、予想してたんで前触れもなく春が来て驚いたよ。Giftって便利だな。
それにしてもEROかったなぁ。ゆかりん先輩の水着姿。深夜枠の夢を見れた。思わずオリジナル版を買いに走りそうになったよ。先輩の担当回が楽しみで仕方がない。

   

デトロイト・メタル・シティ:クラウザーのコスプレも登場 単行本2巻発売

クラウザーさんもだが、社長の気合入ったコスプレが素晴らしい。

   

「リーンの翼」全6話一挙24時間無料配信特設サイト

11/5限定。時間がある人は迷わず見よう。

  

「シャイニング・フォース イクサ」1月18日に発売決定――予約特典はバックストーリー小説

また予約特典が小説か。買っちまうのかなぁ…。

  

“波紋疾走”を何のためらいもなく「オーバードライブ」と読む人に捧げる、ハートがふるえるアクションゲーム 

どうにも世間では評判が悪いのだが、これがジョジョゲーの宿命なのか。

  

PS2「うたわれるもの 散りゆく者への子守唄」出荷本数10万本突破!

ラジオ効果もあるのだろうけどこの寂れた家庭用ギャルゲー業界で10万本突破は素晴らしい。最近で一番売れた(家庭用で)のはキミキスクラナドの4~5万本止まりだったことを考えれば素晴らしい結果だ。
ひぐらしFateもこの勢いに乗って業界が活性化してほしいものデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/27

雑記とか(10/27)

Nec_0001_33
オラ達の懐を捧げるんだ!

デトロイト・メタル・シティ」2巻発売中ですよ。
まさか、ハチクロまで犯すなんて…。僕達の青春王が汚されていく。だが、それがいい。俺たちに出来ない事、予想外の事を平然とやってのける。そこにシビれる!憧れるゥ!
2巻には今世紀最狂の萌え漫画「デトロイト・モエ・シティ」も収録されてるので迷わず買いなさい。
一緒の購入した「ドリームノッカー」もすでに犯されてそうで読むのが怖い。いつも通り積むだけの話ですが。

   

小川一水「第六大陸」全2巻読了。
民間企業三社合同による月面開発計画が着工した。その期間10年。
ただし建設するのは結婚式場、なあたりが小川一水作品らしい。
国が月面開発するだけでも大変なのに民間だけで行うなんて無謀そのもの。次から次へと降り注ぐ無理難題を暗くなることなく前向きに乗り越えていく、夢を感じるいい作品でした。

   

田中哲弥「やみなべの陰謀」読了。
ハヤカワ文庫版だったんで読み終わるまで知らなかったが昔電撃文庫で発売された作品だったのね。 
解説でも触れられていたがストーリが解り辛い(難解なわけではない)んでラノベ向きの作品じゃないと思われ。だからこそハヤカワ文庫版が発売されたんでしょうが。つくづくラノベの懐の大きさを痛感するよ。

   

橋本紡「流れ星が消えないうちに」読了。
リンク先で作者の橋本紡先生も触れてますが、「その後の半分の月がのぼる空」な話だった。幸せな形で終わった半月のその後に踏み込んだ話なので辛く哀しい話だが、幸せな話でもあるので敬遠せずに読んでいただきたい。
ラノベではなく一般書として刊行されているが半月ファンなら問題なく読めるので是非。

   

「灼眼のシャナ~炎髪灼眼の討ち手~」3キャリアで配信

PS2版も悪くはないんだろうけど、俺たちの望んでいたシャナゲーはこうゆうものだったんじゃないのか。

   

追加要素満載のPSP版『イース-ナピシュテムの匣-』特別版発売!

現在発売中PSP版ロードが酷いそうなので特別版ではこの点が改善されることを祈りたい。オリジナルは文句なしの名作なんで。

   

マイクロソフト「Xbox360」の世界販売台数が600万台に

世界的には売れてるのか?

   
 

松山せいじ先生のREDいちごの原稿は

小学生なのか。ますますいちごの存在に恐怖を感じる。

   

エロゲー48時間ぶっ通しで、何人攻略出来るか?

無茶しやがって…。人はどうしてこう傍から見ると愚かにしか見えない行為をやってしまうのだろうか。これも反逆か?

    

中谷美紀「初恋はシャア」

さらっと流されてるがとんでもないカミングアウトじゃないのか?いい時代になったものだ。

  

上映から46分以内に退場すれば全額返金!?「嘔吐バックキャンペーン」

どれだけヤバいんだ(笑)。問題のシーンが終わるまでまた長いな。

  

ブログが就職の「落とし穴」? ググられる学生たち

ロクな事が書けない世の中になりましたな。ロクな事しか書いてませんが。どうしたものか…。

  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/10/26

雑記とか(10/26)

本日は「ジョジョの奇妙な冒険」と「うたわれるもの」の発売日ですが俺は買いませんよ。べ、別にお金がないとか、散財しすぎだとかそんなんじゃないんだからね!純粋に2週間後に発売されるPS2「舞-乙HiME 乙女舞闘史!!」を買うからなんだからね。そこのとこ勘違いしないでよ。
今週の週チャンのレビューではかなりの良作とコメントされていたが実際どうなんだろうなぁ(遠い目)。未だ公式サイトはないし、登場キャラにアスワドの皆さんいないし、前作にあたるPSP版は恐ろしく評判悪い
正直、地雷であることは覚悟している。だが、男にはやらなければならない時があるのだ。「無茶なことしてるって?ははっ違いねえ、違いねえがよ、俺にだって引き下がれない時があるのさ」by君島。
心はいつも反逆者(トリーズナー)。

   

SFC「スターオーシャン」のセーブデータが飛んだ。見事に全部消えたんで電池切れか?何かイマイチだったんで二周目に突入することは無いと思われ。面白くないわけでもないが、SFC末期発売の所為か、どうも開発期間が短かかったようで荒削りなんだよね。
このシリーズも初体験だったのだが、唖然とするほどテイルズ臭が漂っていてどうしたものかと考えてしまったよ。まあ開発スタッフが同じだから当然の事なんだろうけど。でも同一名称のアイテム、魔法、技は不味くないか?販売会社違うんだし。両作とも2以降はどうなっているのか非常に気になるな。
テイルズはGC版「シンフォニア」を積んでるんで時間が出来たら取り掛かかってみよう。

   

キミキス 5th kiss「光一を食べちゃった」

とんでもないサブタイトルで始まるアニマル版キミキス第5回。摩央姉ちゃんはすでに前回食べたんじゃ、ついにおいしくご馳走されちゃった相原さん。それはそれはとてつもなくEROいものでしたが、先にうっかり「ユリア100式」を読んじゃったので純粋に楽しめなかったのはナイショの話だ。

    

3年半ぶりに滝本竜彦先生の新刊が発売される模様

タイトルを見る限りではファウストでの連載作品に加筆修正を加えたものっぽいですが、先日発売されたオトナアニメvol2のインタビューで「書くことが出来ない」と嘆かれてた滝本先生の新刊が出るのは喜ばしい事デス。
講談社BOXは値段がチト高めですが気になる作品が多いな。

   

ぐ~ふ~ふ~♪ ぼく笑顔のドラえもんです

何だろう?この不安感は。

   

ドラマ「めぞん一刻」五代役は21歳イケメン大学生

イケメンじゃ駄目だろ。三鷹さんの立場がなくなるじゃないか。五代君は「カブト」の加賀美や「ハチクロ」の竹本君のようなヘタレなオーラが重要だと思うのでそこをどうするかが問題かと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/25

雑記とか(10/25)

今週「涼風」のハンバーグセット\1350が高けえぇ!、と感じてしまう庶民体質に涙。普通の高校生に負ける懐事情でどうなのよ。
ヤンキー君とメガネちゃん」安定して面白いなぁ。

  

Nec_0002_16
うどんまだクリアしてないよ。

キミキス:
例によって破壊力ありすぎるドラマCD第二弾「ふたりのラブラブうどん篇」が発売中ですよ。この組み合わせは色々とまずい、まずすぎる!

ヤマグチノボル「ゼロの使い魔外伝 タバサの冒険」:
ルイズ様がいないので本編とは別物だな。例えるならば「花形」のようなものか。
タバサが貧乳なのが証明されたことに安心感を得られるのはどうしたものか?あの世界、ルイズ様以外は乳があるように思えて仕方がないんですよ。
タバサのシルフィードも伝説なのか…。伝説のバーゲンセールだな。

   

Nec_0001_32
英雄伝説ヒロインズ

信者なんでシングル買いしちゃったよ。出来が素晴らしい。
どうでもいいが「ネギま!?」OP「1000%SPARKING」の「もう一人で何でも出来るって思うんじゃないわよ」がエステルの台詞に聴こえて仕方がない。

    

何か知らんが今スーパーファミコンが小僧さんの中で異常に熱い、熱すぎる!

   

メイド喫茶に求めるものに「現実逃避」という答えは素晴らしい。
今日の「スッキリ!」でアキバメイド特集(例の狩り関係で)放送されてたが、あんな狭そうなところにあるんですな、メイド喫茶。まあ日本橋にも松屋の上という今一つ需要がわかりづらい場所にあったりするんで場所とるのが大変なんだろうな。
メイドだの妹だの店のサービスがTVで見る限りじゃある種の風俗に見えて仕方がない。狙われやすいのもそういうイメージが浮かびやすいので仕方がないのかもしれませんな。
それはそうとメイド居酒屋は普通にあるんだな。小僧さんの地元がカオスじゃないのがわかってよかったが、冷静に考えるとある事がカオスなのかもしれないのだが…。
加藤さんの「妹喫茶がタメ口なのはちょっと」という意見には地味に同意しちゃうな。そういう設定なのは理解出来るが接客として抵抗を感じてしまう。

  

「キミキス」の番組がリニューアル!

11月からは「かおりと涼のキミキスチューニングポップ♪」が始まるわけですよ。小僧さん的には水橋さんがやたら不安がってるのが怖いデス。
新コーナーのサッカー部はあまりサッカーと関係ないんでいっその事、もみくちゃ部に改名すればいいと思われ。

   

ロボ復活 新アニメ版『GR -GIANT ROBO-』製作発表 

RED版と違いまともな作品になるんだろうな。REDがまともじゃないわけではないが。わかりにくく言えば「アニメじゃない!本当の事さ」ってところか。

   

ケイン・コスギ氏も出演! 映画「デッド・オア・アライブ」、来年2月より全国公開 

キル・ビル」みたいな事になってるのはどういうわけだ?
どうでもいいがシリーズ最新作「DOA4」が難すぎて困る。難易度設定がおかしいと思われ。

    

神社応援と混ぜ混ぜ地獄でっ

冥土カフェ「地獄少女」のメニューはある種の狂気を感じる。
ビールだけは何故普通なんだ?

    

THE BLUE HEARTSブーム再熱!

涼宮ハルヒの憂鬱 第12話 ライブアライブ」や「リンダリンダリンダ」の影響がないこともないのではと思われ。
個人的にはこの機会に新たなベストアルバム(3枚組ぐらいの)を制作してほしいものなのですが。ブルーハーツの理想的なベストアルバムがなくて困り気味なのです。

   

10月スタートの「秋ドラマ」、初回放送分の視聴率が出揃う。

見事なまでに小僧さん視聴中のドラマは負け組みっぽい数字ゾナ。こんなんだから人生に勝てないんだよ。面白いんだけどなぁ。
皆さんはちゃんと勝ち組なドラマを見てますか?

   

「randam_butter」さんが冬コミに向けて順調に活動中?

もみくちゃということは新刊はキミキス本なのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/24

雑記とか(10/24)

携帯電話の番号ポータビリティ、メアド引き継げないんじゃ地味に辛いな。

各所で話題の「あけるり(けよりな)」3話は噂通りのしょっぱさだった。話自体は悪くないのがつらい。「カオスレギオン」のノヴィアの料理(見た目が悪いがすごく旨い)みたいな話だな。問題(伝説)になってるのもキャベツだし。

  

亜美とかおりのキミキスチューニングアップ最終回 

普通にマジ泣きしかけた。俺の精神が不安定なのか、星乃さんの存在がここまで大きかったのか誰にもわからない。
輝日南高校図書委員会で紹介された本を読みながら、この悲しみを乗り越えていきたい。
告白すると紹介された本をあまり覚えてなかったりする。こんなことならちゃんとメモしておくんだった…。誰か教えて。

   
 

カプコン、PSソフトと攻略本をセットにしたパッケージ「天地を喰らうII 赤壁の戦い」、「ストライダー飛竜」を発売

天地を喰らうⅡ」は三国志ゲームが他にもあるから便乗作戦か、と無理矢理納得させれないこともないが、この時期にあえて「ストライダー飛竜Ⅰ」を攻略本セットで発売する意図が全くもって理解できん。何故、今なんだ?
天地を喰らうⅡはそこはかとなくレアなんでこの機会に買っても損はないと思われ。何か携帯(FOMA)で遊べたりするみたいですが、PSの方が遊びやすいであろう。
飛竜は「」がセットになってないのが痛いな。Ⅱがあれば損はないと思うのだが、Ⅰだけでは辛すぎるな。

    
 

「Really? Really!」カウントダウンボイス(魔王)をTopに追加

予定通りに出なかったらどうするんでしょうね?

   

劇場映画「昆虫王者ムシキング 闇の改造昆虫」、「オシャレ魔女ラブandベリー しあわせのまほう」公式サイトプレオープン

ムシキングについてよく知らんのだが改造とかしていいものなのか。仮にも生き物だろ。

   

製作委員会に質問状:護くんに女神の祝福を! 「今が旬の“ツンデレ”が満載」

絢子さんはツンデレじゃないと思うのだが。公式サイトでもメガデレと提唱してますし。

   

25日リリースのアニソン・声優勢、化けるのは果たして…

きらりん☆レボリューション」は1話たりとも見たことも読んだこともないですが、ここ2週の「おはスタ」に毎日ゲスト出演している月島きらりちゃんが癒しだったりする身としては「バラライカ」の売れ行きが気になる。TOP10入り出来なかったらお笑いに転向しないといけないようですし。頑張れきらりちゃん。僕達はアイドルのきらりちゃんが見たいんです!

 

「仮面ライダーカブト」で大人気の加藤和樹、タワレコでバイトしていた?

大介失踪の真実は地獄少女ではなくこれだったのか?

  

「TrueWorld~真実のセカイ~」公式サイト公開

佐藤君と山崎が制作している例のアレ。意外に遊べそうな気がせんでもないがそれは二人の仕組んだ巧妙な罠だった、になるのだろうか。作品の性質上ネガティブに考えるのは基本。

   

涼宮ハヒルのCM

グッジョブ、TMA(ボウケンジャー風)、でいいのか?

  

連載する雑誌を間違えてる と思った漫画

週刊少年チャンピオンで連載中の作品の大半は雑誌を間違えてるのか、雑誌が間違えてるのか判断に困る。

   

面白買ったのにセールス的に売れなかったソフト達

魔法の少女シルキーリップ」、「MARIKA 真実の世界」、「ひみつ戦隊メタモルⅤ」はもうちょっと注目されてもいいと思うんだ、僕は。具体的に言うと遠藤正二郎氏は奈須きのこ氏までとはいかないもののもう少し広い層に知られてもいいんじゃないかと思う。
真面目に(?)語ると「神様家族 応援願望」。「原作がマイナーじゃないか!」という厳しい意見はこの際都合よく無視したい。よく出来た原作ゲームですよ。
真剣に(?)に言うとXbox本体(無印、360両方)。皆が思ってるより面白い。

   

トラウマになった映画漫画アニメゲーム

10代前半にメガドドライブやフルメタルジャケットに出会わなければこんなことにならずにすんだのかもしれない。どこで何を間違えたのだろう…。

   

秋葉原で「メイド狩り」相次ぐ…「メイドはアキバのアイドル。ちょっと世間は許しませんよ」メイドファンからも怒りの声

こう「狩り」が続くとアキバで狩れるものはないように見えてくる。

    

メイド喫茶発、アキバ文学誕生? 『メイド☆マシンガン』

ヤスダスズヒト氏のイラストがあるので。
昔から書籍で読んでる身としては携帯で本を読むのは未だ理解できないよ。
本好きにとって、本屋めぐりは楽しみのひとつである。」には激しく同意。

   

TVでも「GyaO」 USENが年末にSTB販売

小僧さんの環境では何故か「Gyao」が見づらいんでこれはちょっと嬉しいかも。

   

注目の「NEWS ZERO」が苦戦を続ける理由

夜のニュース番組は淡々とやってくれるので十分デス。

  

この話だったか?信じられないかもしれんがこの後ちょっと泣ける展開になったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/23

雑記とか(10/23)

24 シーズン4」見終わった。今回は娘絡みの余計な(?)なエピソードが無かったのは良かった。
前シリーズでもヤク中になってたり、娘の恋人の腕切断したりと素敵に暴走していたジャック・バウアーさんですが、シーズン4ではついに罪のない一般市民を間接的に殺害しちゃったな。国家存亡のかかった止む無き事情があったとはいえやりすぎですよバウアーさん。バウアーさんの蛮勇ぶりは止まるところをしらない。
まあ他にも色々やりすぎちゃって最終的にはこの世界から存在抹消されちゃうんですが。シーズン6の制作もすでに決定しているそうだがシーズン5以降どうしていくのか全く想像できん。
「24」の魅力は先の読めない展開よりも主人公のジャック・バウアーさんを筆頭に皆いっぱいいっぱいで大変なところかと思われるが、どうか。
一番は勿論バウアーさん暴走劇場。バウアーさんの仕事の鬼神ぶりはマジ素敵。

   

『ワイルドアームズ』シリーズの企画・開発を手掛けるメディア・ビジョン エンタテインメントがオリジナルタイトル『セツの火』を発売

PCでのダウンロード発売なのか!問題はないが広い世代に遊んでもらうは難しそうだな。残念な話だ。安価なのは嬉しいですけど。
一応何も知らない人向けに言っておくが本作は「ワイルドアームズ」とは全く違った作品になると思われるんで気をつけなさいよ。6年ぶりの新作なのにこの見出し。メジャーな人じゃないのね。

   

ハイレベルな攻防が展開! 見どころ満載の「みんなのテニス 日本一決定戦」

個人的にはテニスゲームはSFC「スーパーファミリーテニス」で完成されたと信じて疑っていない身としては「みんなのテニス」の出来はちょっと気になってたりする。
スーパーファミリーテニスの隠しモードのストーリーモード「栄光の南十字星」の素晴らしさは今から注目されても遅くはないと思われ。あと前作PCE「プロテニスワールドコート」に搭載されたRPGモードも。後にも先にもスポーツゲームRPGはこれぐらいだろう。他にもあったら困るぞ。

  

秋山莉奈:「アギト」ヒロインが写真集とDVD発売

個人的には「ハツカレ」のフクちゃん。地上波放送されたりしないものだろうか。あと新作制作とか。

   

涼宮ハルヒの憂鬱ドラマCD 12/21発売

皆大好きアニメ版は映像に助けられていた点は否定出来ないと思われるんで音声だけでどうカバーするのか腕の見せ所、と思われ。
そういえば同時期にはアレも発売されますね。

    

今度の舞台は海の底!? 「超劇場版ケロロ軍曹2」製作発表会in秋葉原エンタまつり2006 

夏美誘拐となるとギロロが主役の話なんじゃない、と期待しちゃいたいけどギロロでは劇場版主役は無理なんだろうな。彼はTVシリーズでもいっぱいっぱいですし。いつも通りサブローに寝取られてしまう展開に3000点。
家族愛がテーマだそうなんで無難に弟の冬樹が目立つんだろうな。

   

新番組を評価するスレ

世間では評判悪いみたいだが、「銀色のオリンシス」俺は好きだぜ。
個人的には今期はルルーシュさんの素敵ぶりが最強かと。
あと、ときメモは切る気満々だったのだが2話目以降そこはかとなくカオス臭を漂わせ始めてきたので見逃せなくなってきてる。

アニメに手出しすぎてたり踊るレジェンドだったりでドラマは「役者魂」と「アカネ」の2本しかチェック出来なかった。それなりに録画はしてたんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/22

雑記とか(10/22)

今日は久し振りに休日らしい休日を満喫できた。たまにはこういう日を作らないとやっていけませんな。

南條範夫「駿河城御前試合」収録「無明逆流れ」(シグルイ原作)読了。
虎眼先生の魔神化はやっぱり山口先生の脚色だったのか。結末を知ってしまったがシグルイは山口先生のアレンジが素晴らしいので今後の展開も純粋に楽しめる。今月のあの展開からどうあの展開にもっていくのか全く読めませんな。

来週の「仮面ライダーカブト」はついに風間大介が帰ってくる。俺の知らぬ間に殺害されてたんじゃないかと不安で仕方がなかったんでマジ嬉しいデス。
実はすでにワームと入れ替わってるオチだったらマジ泣きする。

チマチマ遊んでいたSFC「テイルズオブファンタジア」クリア。PSやGBA版ではないのは開発がウルフチーム(現トライエース)じゃないからさ。この辺に切ない現実はリンク先のWikiを見ていただければよく理解出来るよ。
テイルズシリーズ未経験なんでちゃんとした正統派な話だと思ってたのだが、ぶっとんだストーリー展開で驚いたよ。まさか現代で倒せないかた過去にいって倒してきてねと未来の俺達じゃ倒せないから過去に退治した伝説の英雄を呼んで来いな「モスラ3」な話だとは思わなかったよ。他のシリーズもこんな感じなのだろうか?
どうでもいい話だがモスラ3の過去シーンはしょっぱすぎてもう一度見るのに勇気がいる。お父さんは大仁田だし。羽野晶紀が唯一の癒し。
次は主要開発スタッフが同じSFC「スターオーシャン」をチマチマ遊ぶよ。主要スタッフが同じなだけにテイルズからの進化を感じるよ。感じちゃいけないんだろうけど。
それにしても、鳥山明キャラがまんま3Dで喋る時代にSFCソフトが歌流したり喋ったりするだけで感動してしまうのはどうしたものだろうか。音声ぐらいストⅡで聴きなれてるはずなのに…。ジジイゲーマーにしかわからない感動がそこにある。

星乃さん気分を味わうため、何となく地元の図書館に行ってきた。行ったからには貸りないといけないわけで大量に貸りてきたよ。以下貸りてきた本:
桜庭一樹「ブルースカイ
小川一水「第六大陸」全2巻
田中哲也「やみなべの陰謀
小林泰三「海を見る人
橋本紡「流れ星が消えないうちに
橋本紡「ひかりをすくう
はやみねかおる「ぼくと未来屋の夏
はやみねかおる「オタカラウォーズ
あさのあつこ「ゴースト館の謎

長門有希の100冊」が混じってるのは仕様デス。積んでる本があるのに何をしてるんだか。

Nec_0001_31
まだまだいくよー!

古本市場の通販で頼んだ本が届いた。村山由佳「天使の梯子」だけのつもりだったが2000円以上購入すると送料無料になるので他にも色々購入。「長門有希の100冊」が混ざってるのは仕様デス。
今月あと何冊購入してしまうのだろうか…。
   

『白詰草話』・『Quartett!』ロットアップのお知らせ

白詰草話」の家庭用移植はドキャ版だけなんで入手しづらいかもしれんが、「Quartett!」は先日PS2版が発売されたばかりなんで拘らない人はそっちでもいいんでないかと。白詰は積んでますがQuartettは名作なんで(ボリュームが薄いのが難だが)余裕があるならこの機会に是非。

「TECH GIAN 2月号」から3号連続で「キミキスファンディスク(仮)」が付録として付いてくるらしい

これはこれで嬉しいが「TECH GIAN」は18禁雑誌なんで健全な子達の為に公式のファンディスクも発売してほしいものです。

「ルルーシュさん」地デジ放送版第3話でカレンさんのアレが見えただと!

小僧さんは勿論アナログなんで負け組ゾナ。何のための深夜枠ゾナ。負け犬生活から抜けるため地デジ導入を真剣に考えねば。
ルルーシュさんは2話でもそこはかとなく漂わせていたが、今週の話でけっこう駄目な人ぶりを見せてくれてますます惹かれちゃうよ。来週はルルーシュさん政権が誕生するようだがあの様子だと成功するどころか長続きするイメージすら浮かばないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/21

雑記とか(10/21)

積み本消化作業として遙か昔に購入した「ラブひな」全14巻一気読み。マガジン連載時にリアルタイムで読んでるので今更得るものがあるわけでもないのだが、ひなた荘の皆さんに萌えることがなかったのは年をとったことを感じてしまう。当時はそれなりの興奮していた(主にしのぶ)はずなのだが…。
「ラブひな」は東大合格後、変に話を延ばすことなく綺麗に終了した点が素晴らしい。あと、景太郎が東大に行くことはあっても学ぶシーンが無かったこと。景太郎にとっての東大は恋愛であったからなんでしょうけど。

『ムシキング』『ラブ and ベリー』が劇場映画化

セガが輝いている!
昔「サクラ大戦」が劇場映画化された時は失礼ながら、こんなめでたい事は二度とないと思い迷わず映画館に足を運んだのが懐かしい。あの時同時上映されていた「あずまんが大王」で全く笑いが起こらなかった事に不安を感じたがあれは正しい反応だったのだろうか?
冷静に考えると去年もムシキングは映画化されてるから騒ぎたてる程の事じゃないのかもしれんな。でも、セガオンリーはおそらく初なんでめでたい事には違いない。
どこで上映されてたのかわからない「シェンムー劇場版」があった気がせんでもないが触れない方が身の為なのかもしれない。

電撃文庫ムービーフェスティバル 2007年4月公開

灼眼のシャナ」がTVシリーズの続きではなく原作1巻の再構築なのは意外だ。「ゼロの使い魔」ほどではないがTVアニメ版シャナもダイジェスト風味だったから嬉しいな。問題は尺が足りるのか、ということか。

キミキス Scene.2「思いやりと、タイミング」

隔月に一度のお楽しみ、ガンガンパワード版キミキス、俺の星乃さん篇の始まりだ。
前回の流れを見る限りでは今回でもう転校で最終回なんじゃないかと不安だったが杞憂だったようだ。転校はラジオだけでいいですよ。
今回はアニマル版と違い他のヒロインが絡んできて興味深い展開だった。次回以降も恋のアドバイザーとして摩央姉ちゃん達が絡んでくるのだろうか。
みんなのアイドルが便利な情報屋になってることは何も言うまい。彼、女子からの人気高いんだ。何か意外な気がする。

ガンガンパワードはキミキスの為だけに買っているのだが、他の連載作品も隔月刊化の際に始まった新連載作品が多くていい感じに楽しめてるよ。
個人的には「ひぐらしのなく頃に解」、「聖剣伝説 PRINCESS of MANA」、「ヴァルキリープロファイル2」が気になる。ひぐらしは原作未プレイなんでネタバレしているんじゃないかと不安になるのだが…。

エヴァをリアルタイムで見てた奴いる?

こんな話題があがると時代を感じてしまう。もちろんリアルタイムで見てましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/20

雑記とか(10/20)

色々あって死にかけていたがそれなりに落ち着いた…。
いつもの事ながら精神的に追い詰められると散財をしてしまう。また狂ったように本を買い始めてるよ。折角、苦労して崩した山が甦っていく。この悪循環どうにかならぬものか。

鉄板少女アカネ」も「役者魂」も期待通りの面白さでいいのですがどんどん自分の首を絞めている。気付けば毎日数本のアニメとドラマをこなさなければならない生活になりつつある。オタクは色んな物に手を出しちゃいけないという事ですな。
佐藤君のようにネットゲームに特化するとか、山崎のようにギャルゲー限定種とかじゃないと駄目なんですよね。未見なんでよく知らないが電車男さんも一本に特化した人だと思うんでそういう人じゃないと勝ち組にはなれないんだな。小僧さんのように何でもかんでも手をだしてるようなオタクモドキでは駄目なんだ。中途半端が許されるのはミドリだけなんだ!
皆さんも私のようになってはいけません。

最近、感動を忘れていませんか?~自分の価値観を変えた本

失礼ながら「ラノベなんて所詮その程度のものなんでしょう」と考えていた時期が俺にもありました。
ブギーポップは笑わない」、「涼宮ハルヒの憂鬱」、「カオスレギオン」etcに出会わなければ数々の名作を見逃していたことであろう。
漫画も小説も好き嫌い(食わず嫌い)せずにどんどん読みなさい。小僧さんのように積み状態が続くのはいけませんが。

メードブーム、今度はメガネ店が大人気…業界も注目

恐ろしくて行ったことはないのだが、うちの近所に昼はメイド喫茶、夜はメイド居酒屋なる謎めいた店があるのだが、これも全国的には当たり前の店舗なのだろうか?
関係ないですが、今週のマガジンから本格連載に昇格した「ヤンキー君とメガネちゃん」は素晴らしいですね。「夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~」のことはの様に伊達の可能性大ですが。あそこまで潔いと許せる。
夜桜四重奏はキャラが立っていて予想以上に面白かったよ。
♪ツン!ツン!デレ!ツン!、デレ!ツン!ツン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/19

今月(2006年10月)のチャンピオンRED、ウルトラジャンプ感想

Nec_0001_30
我々はこの日を待ち望んでいた!

ついに、ついにマシロきゅんフィギュアが発売ですよ、お客さん。ここ数ヶ月のREDの売れ行きは凄いのでなくならないように摂取するように。

ウルトラジャンプ

2ヶ月連続「バスタード」掲載に素で驚いた。今まで無かった事だけに動揺を隠せない。

スティール・ボール・ラン#19黄金長方形

ついに敵の正体が判明。敵の戦う理由が今までの敵以上に正義が成り立ってるのが辛いな。先日のJOJOイベントで荒木先生が仰っていた「悪人には悪人の言い分があるし、そういう部分も肯定して描くことで、物語が面白くなる。」というお言葉が身に染みる。
それはそうと彼はあれで終わりじゃないですよね。アヴドゥルやドット・ハーンはもう勘弁ですよ。

わいるど☆ぴっち 第13球「ウイニングボール」

結局のところ朝倉さんはどうしたいんだ?
どう考えても夢オチなのは読めてたがいつも以上にカッ飛んでいて不安になった。そんな、まりお金田先生も「チャンピオンREDいちご」に参戦されるのよね。何が飛び出してくる事やら…。

NEEDLESS完全描き下ろし特別編「ホラーハウス」

今月号の別冊付録。見た目と裏腹にトンデモナイERO話で吹いた。想像図が危うい、危うすぎる!

  

チャンピオンRED

舞-乙HiME」が盛り上がってきてますな。週チャンでの新作スタートも秒読み段階か?それにしてもゲーム版の専用公式サイトはいつ出来るのだろうか…。関係ないが発売元のサンライズインタラクティブが来週発売する「新世紀サイバーフォーミュラ ROAD TO THE INFINITY3」公式サイトがロクに更新されてないのに不安を感じる。

聖痕のクェイサー 第3話「仮面の友情」

サーシャにも可愛い要素が出てきてちょっと萌えた。マシロきゅんとは違った魅力があっていいですな。
本作の魅力は搾乳だけではありません、とばかりに直球なERO要素満載な展開で興奮した。相変わらずEROいコンビで困ったものですな(本当は嬉しくて仕方がない)。

舞-乙HiME Zwei プロローグ

いきなりマシロきゅんモドキが出てきてちょっと期待しちゃったじゃない。本作はサトケン版と違い原作通りの展開のようだがREDらしく初回から全開だった事に業の深さを知る。「わいるど☆ぴっち」は隠してたのに…。

ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日 第2話「誕生編2・重撃!九大天王」

未だロボが登場していないというのにこの熱さ!出し惜しみのなさ!今川監督は本気すぎる。アニメの方には関わっておられないのと、大抵の事が簡単に許されるチャンピオンの環境がこの怪作(褒め言葉)を生み出してるのだろう。
完全に大作君の敵として描かれる国際警察が今後どう絡んでくるのかのか気になるが、次号から壊滅していきそうな勢いなのが怖いんですがどうもっていくんだろう?

鉄のラインバレル 第23話「眠りのなかの覚醒」

この調子でいくと加藤機関の襲撃にJUDAのマキナのメンテが追いつかなくなるが目に見えてるがどう対処していくのだろう?
城崎が今月も順調にヒロインフラグを立てていることをからかわれているのが可愛いくて仕方がない。
12/20には単行本最新刊(5巻)と短編集(0巻)が同時発売ですよ。0巻には先月掲載の番外編が早くも収録されるんで単行本派の貴方も山下君の衝撃に興奮しなさい。

突攻!メイドサンダー 第8話「あー冥怒祭」

セイバーさんレギュラー化ですか。可哀想な人扱いで切ないですが、風紀委員長が完全に空気キャラ化してることの方が切なかったデス。

ドスペラード 第4話「夢見る頃を過ぎても」

ハヤテのごとく!」におけるナギの漫画の方向性は間違ってはいないんじゃないかと思えてくる。

魔女の騎士 Turn2「人喰い鬼の庭と新米魔女」

1話もそうだったがこれは完全にERO漫画だ。編集部はREDを発禁させる気なんですか!

他にも色々ありますが今月はこんなところで…とはいかないのよね。

 

Nec_0002_15
はじめて妹に恐怖した。

REDのかわいい妹「いちご」の真相を知った時、小僧@後輩の心臓は停止した。妹によっても人は死ぬのだ。

画像では見づらいかもしれませんが、12/26発売のチャンピオンREDいちごに「キミキス」のコミカライズが掲載されるぞ!作画はREDでシリーズ連載中の「MONOクロ」の糸杉先生。期待せずにはいられない。
そして、あの「舞-乙HiME superH」の新作が掲載される。今回は初回から別冊付録扱い(単行本収録予定無し)なんで皆するべき事はわかってるよね。

一番の驚きは萌えとは程遠いグロ漫画家の山本賢治先生も参戦されることだったりする。それも舞-乙HiME絡みで。何をさせる気なんですか?

おまけ:
Nec_0003_10
前かがみすぎて撮りにくい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/18

雑記とか(10/18)

何だかんだで生きてます。

にせものガチャピン

普通に怖い。「ムックになった気分でした」byガチャピンの余裕さには敵いませんな。

アニマックスの「カブトボーグ」ストーリー紹介がぶっちゃけすぎな点

本作の何かがおかしい要素ここに極まる。
遠い先の13話まで完全ネタバレ。かつてここまで宣伝しすぎな作品があったであろうか?ないよね?

無敵看板娘ドラマCD収録現場に突入!

ドラマCDはあの禁断のMの人の話をしちゃうわけか。さすがにアレをアニメでするわけにはいかんよね。

RPGのエッチな場面

布で全身隠してるとはいえ「英雄伝説 空の軌跡SC」の温泉シーンは大興奮したよ。

使えない仲間

後に移植されたPS版以降は知らないがSFC「テイルズオブファンタジア」のチェスターの運用方法は困る。気合入れて未来について来てくれるのはいいが、レベル低すぎるわ、技は使えないわとどうしようもない存在で困る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/17

「無敵看板娘」第23話、24話

公式サイト

制作会社繋がりで「Gift」のモブキャラにハクオロさんがいた。時が時なら鬼丸飯店のお客に双子がいたのかもしれないな。双恋にはサヴァイヴの皆さんがいたしね。
どこよりも遅い(予定)関西地方の放送もついに最終回。来週には星乃さんも転校しちゃうしこれから月曜は何を糧に生きていけばいいのでしょうか?
と悩む暇がないほど死にそうなんですが…

第23話「君が壊れた時」:

最終回直前に相応しく(?)サプライズ、ドッキリ、隠し球な話。
遙か昔から男という者はギャップに弱すぎるので、例によって酔った大戦鬼のおしとやかさに落ちましたが何か?
美輝のおしとやかさは恐ろしいという結論で終わらすと見せかけて勘九郎の女装をかます、ただでは終わらない話だった。

第24話「葬られた宴」:

最終回だから全員集合の大乱闘な話。
前半(23話)がお酒な話だったので後半(24話)もお酒絡みな話。思い返せばムテムスは前後半が対になってる話が多かったな。
めぐみも美輝のように飲むと性格が変貌する人だった。「これで今までめぐみを毛嫌いしていた人も落ちること間違いなし!」と断言したいところだが、普段から魅せてる凶悪さが強くなっただけなので、これではギャップ(デレ)効果は望めませんな。おしとやかさも普段から猫被ってる疑惑かけらてますし、すでに裏表を曝け出してるめぐみに所謂デレ効果を期待するのは無理な話だったのだ。美輝と違ってゲロ吐きも完全にブツ見えてましたし、本当に最後までめぐまれない娘さんでした。自業自得なのかもしれませんが…。

最終回とはいえいつも通りな雰囲気で終わったのはすでに第二期の企画が動いてるんじゃないのかと無駄に期待してみる。信じ続けてもいいですよね?
バキ以来(ななかの放送は関西地方ではなかった)の週チャンアニメ化作品だった事もあるとはいえ原作物としては「涼宮ハルヒの憂鬱」同様、心の底から楽しませていただきました。本当にありがとうございました。

アニメ化と縁がない雑誌はチャンピオン以外にも多い昨今ですが次の作品が十数年後にならない事をマジで願いたい。難しい話だと思いますが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/16

雑記とか(10/16)

やっと音泉のサーバーが復活したようですね。これでキミキスラジオがやっとゆっくり聴けるよ。でもあみすけさんが転校しちゃうのよね。星乃さんがいなくなっても俺は頑張れるのだろうか?

「チャンピオンREDいちご」の情報が公開されてます(リンク先下部参照)

サイカチコンビも参戦されてるので迷わず摂取させていただきます。秋田書店で15歳以下限定というのはいささか厄いものを感じてしまう。先週のみどろさんでも執事の幼女愛玩ぶりに「変態ね」とコメントされてましたしね。
でも最後は「イケてたわよ」と最上級の褒め言葉で締めてたので素晴らしい出来になることは間違いないでしょう。

PS2「くじびきアンバランス 会長お願いすま~っしゅファイト」ゲーム紹介公開

普通に面白そうに見えるのだがどうなんだろう?現状では買ってしまいそうな勢いだったりするのだが。

本日は神王様こと神(しん)ちゃんのカウントダウンボイスが公開中

買っちまいそうで買わない方向かと。時間がないうえに前作前々作ともに積んでるし…。

PS3発売前に確認しておきたい7つのこと

5kgもあるのか。360級じゃないか!愛さえあれば持ち帰りの苦労なんて難とでもなるよと過去の経験から発言してみる。
ぶっちゃけ通販使うのが吉かと

戦闘BGMで一番かっこいいのは何か

空の軌跡SC」が早い段階で挙がっていて感動した。
「銀の意志」もいいのだが個人的には終章ザコ戦のBGN「The Fate of The Fairies」の鬼カッコよさも捨てがたい。何でも見つかりそうなYouTubeにそれっぽいものがあったので紹介。Sブレイク発動中なんでエステルがやかましいのが難ですが。

ムツゴロウ動物王国が崩壊危機

今日のスッキリでも特集していたが深刻に危ないようだ。都会は厳しいな。
死ぬまでには一度は訪問したい国なので何とか再建に成功してほしいデス。

雑記帳:阪神タイガースで初の検定試験 球団承認

ネット上で期間も長いので意外な著名人も多数受けるんじゃないかと思われ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/15

雑記とか(10/15)

さすがに捌くのキツくなってきたよ。デモ、オレ、ガンバル(すでに死にかけ…)。「24 シーズン4一挙放送」が一番のネック。何よりも楽しみにしてるから文句はいいませんが。
仕事の鬼ジャック・バウアーさんの素敵ぶりはルルーシュさんすら霞んでしまう

昨日の「ふしぎ星のふたご姫Gyu」はちょっとした後藤邑子さん祭りだった。新鮮で楽しめたましたが、あの事実を認めんといかんということですな。
ふたご姫はどうもアニメ誌等で注目されてなさげだが普通に良く出来たいい作品だと思う。

Nec_0001_28
久し振りの散財か?

ついかっとなって散財。「ゼロの使い魔」や「神様家族」がアニメ化されて好評でも作家の人気(古本屋における)繋がらないのは切ない話。購入側としては得してるんでいいのだが、状態が悪いわけでもなく上記作品が高額なのを見ると何とも言えない気持ちになる。「これはブックマーケットが入門用にと気をきかしてくれているんだ!」と好意的に解釈しておこう。
先週、シグルイが普通の値段で買えたんで店舗が気付いていないという可能性が否定できないが。決してチャンピオン系列だから舐められてるわけではないよね?

今更ながらハレ晴レユカイダンス完全版絵コンテを見ました。

これはマジで死ねる。
かつてデカレンダンスを人前で踊った痛い過去を持つ身として言わせていただけば、一ヶ月休まずに死ぬ気で練習すれば踊れん事はないと思われ。
この踊りを文化祭etcで踊ろうと考える冒険者達は成し遂げた後、何か大きな事を悟り価値観が変わることであろう、と予言する。

LEGOでマイケルジャクソン「スリラー」のPVを再現しちゃいました

レゴの性能上マイケルの素晴らしき足捌きの完全再現とまではいきませんが素晴らしき出来。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/14

雑記とか(10/14)

今年はSOS団団長ホスト部以外にもハルヒが控えていた事を今更ながら知った
そんなわけで村山由佳「天使の卵-エンジェルスエッグ」読了。
貴様がどの面下げて村山由佳なのだ?」と激怒される方もいると思われるが許していただきたい。許して。
朝から読了するには辛すぎるぐらい切ねえ話だった。「おいしいコーヒーのいれ方」シリーズのやるせなさといい村山先生の作品の切なさの切れ味は半端ない。でも、そこがいい。

妹がデュアルショックを股間に当ててオナニーしてた

これは遠い昔「オレたちやってま~す金曜日」内でよゐこ濱口優が提唱した超不人気コーナー「俺の鉄拳」じゃないか!
へきってる」ほど流行らなかったどうしようもないぐらい駄目だったあのコーナーをこんなところでお目にかかるなんて。

次世代ゲーム機、年末人気は「PS3」より「Wii」

調査で、「最も欲しい次世代ゲーム機」を尋ねたところ、PS3が35・6%と最も多く、Wiiは13・6%、「Xbox360」は2・9%だった

現実はあなたの想像を凌駕する」わけで、360はやはり駄目なのか。無印ほど悪くはないと思う。無印も悪いわけでもないが…。

「Really?Really!」サンプルボイス更新

昨日喚いてたら更新されてた。でも魔王様(まー坊)の更新はなし。亜沙先輩が変わらぬ姿に満足なんですけどね。
麻弓が自虐的すぎる(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/13

雑記とか(10/13)

まさかダニー・グローバーが木曜洋画に染められるなんて…ハッスルミドルが頑張るプレデター2は10/19放送

僕の歩く道」に本仮屋ユイカが出演しているなんてorz。さすがにドラマまで手が回らないんでスルーしちゃってたよ。現在視聴予定に加えているドラマは勿論、アニメも削ろうかと考えてるぐらいなんで来週以降見ることもなかろう。

良くも悪くも「神様家族」同様、東映アニメーションの古臭さが出てるんで世間的には受けが悪そうで仕方がない(余計なお世話)「銀色のオリンシス」。
関西地方では限りなく近い時間帯(ジャンルも近い)に素敵ワールド全開の「ルルーシュさん(コードギアス反逆のルルーシュ)」をやってる分、風当たりが本当悪そうだ。ルルーシュさんの素敵ぶりには今期最強クラスですが、オリンシスも悪くはないと思うよ。
当然の事ながら両作のヒロイン云々についてはry

不朽の名作が新たな舞台でよみがえる! 「世界名作劇場」新作「レ・ミゼラブル 少女コゼット」来春放送開始

地上波での放送がないのか…。そろそろ地デジ導入を真剣に考えないといけないのだろうか。

アニメ企画『アイドルマスター XENOGLOSSIA(仮)』プレサイト

ファンの方は色々思われそうなロボット物ですが「フタコイオルタナティブ」の例もあるんでいいんじゃないですか、と適当な事を言ってみる。世間では評判悪そうですが俺は好きですよ「オルタ」。

【PS2】つよきす~Mighty Heart~(Best版)12月7日発売予定

早い、早すぎるよ!これだからPS2は油断できないよ。キス繋がりで「キミキス」も早く廉価版が発売されて色んな人の目にふれてほしいものデス。

「Really?Really!」カウントダウンボイススタート

そんなわけで本日はタマゴ焼き作らせたら魔界一の王女様「ネリネ」さんの誕生日だそうですよ。魔王様(まー坊)も発狂されてることでしょうから余裕がある人は祝いましょう。
発売日に購入するかはわからんが、何だかんだ本作は気になってますよ。サンプルCG見てると色々感じるものが…。
それはそうと神王様こと「神(しん)ちゃん」のボイスは公開されてるのにまー坊のボイスが公開されてないのが切ない。娘と嫁は公開してるのに。声変わりしないか少し不安になってくるよ。そんな事はないと信じてるけど。楓と亜沙先輩の声も変わったりしないよね。楓さんの声については某未来人のファン方々が寝込んだりしないか心配なんであまりふれるべきじゃないのかもしれないが(じゃあ書くな!)。あえて言うと、「BALDERFORCE EXE」のリャンと同じという事実を偶然、今朝知ってちょっと驚いた。
いつもの事ながらこの手の問題は扱いが難しいよ。ユーザーや作品云々には何の罪がないだけに…。

愛ちゃん、温泉卓球でも「つい本格的に…」-旅館をアピール

温泉卓球界にはすでにPS2「いくぜ!温泉卓球!!」の隠しキャラとして参戦している事を黒歴史にはしないでほしいと訴えてみる。続編(のはず)の「福原愛の卓球一直線」が制作されてたりするんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/12

雑記とか(10/12)

オトナアニメVol.2」購入。大槻ケンヂ×滝本竜彦対談とか面白い記事が多いのはいいのだが全体的に堅さがあるのがしんどいな。「ユーゲー」のような柔らかさがあるなら定期購読確定なんですが…。
ラノベ特集に「神様家族」が取り上げられなくて切ないよ。古臭い作風とCSのみでの放送がネックだったんだろうな。原作物アニメとしての再現率はシャナルイズ様以上なのだが。

イノセントヴィーナス」の15分遅れの放送を見逃していたorz。疲れるとロクな事がない。後半15分で何も起こってないことを願いたい。

ありのまま起こった事を説明すると「カブトボーグ」は毎週最終回のような展開とかそんな優しいものじゃなかった。何を言ってるのかry
来週以降も迷わず見ていこうと思います。

スーパーロボット大戦OG」の世界観も「コードギアス」に負けないほどの日本は他国に占領されちゃいました状態じゃないのか声を大にしていいたいが誰にも相手にされないことであろう。

何気にマガジンの眼鏡っ子率が高くなってきるな。個人的にはかほちんが好きデス。

キミキス 4thkiss「パジャマでおじゃま」

魔央姉ちゃんのEROここに極まる。
朝チュン未遂なのか、済みなのか俺にはわからない。ここまでやっちゃって最終回はどう締めるのだろうか?
ヤングアニマルの恐ろしいのはキミキスのEROさも霞むほど他の連載作品も凄いところ。さすがの小僧さんでも引用することを躊躇わせるほどの舐めていいよ発言をぶつけてきた「ゆびさきミルクティー」には唖然とした。

マンガ批評:べしゃり暮らし 森田まさのり

残念なことに、連載は作者の体調不良で休止中

打ち切りじゃなかったのか。復活があるなら期待したい。

レッサーパンダ:風太の「弟」、実は「妹」でした

何、そのギャルゲー的展開。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/11

雑記とか(10/11)

中日優勝はやっぱり切ないですよ、虎党しては

科学忍者隊ガッチャマン」第100話「20年後のガッチャマン」における20年後の未来が近未来すぎて泣けてくる。そういう時代もあったんだよね。
一週間に50本以上も放送される現代では難しいことかもしれないが機会があるなら古典的名作も見ていく事を推奨したい。言っちゃなんだがガッチャマンのアクションシーン、シナリオのレベルの高さは現代の作品でも十二分に通用すると思われ。

速報! 横山光輝の『ジャイアントロボ』が生誕40周年を記念し再アニメ化決定

RED版は関係ないのか…。関係ないだけにどこまでも暴走していくことが間違いなのは喜ばしいことなのだろうか?

映画「ケロロ軍曹2」前売り券に“クルル”のレトルトカレー

クルルが本気を出してくれれば前売り券が飛ぶように売れる事であろう。

GC版『ゼルダの伝説』はオンライン限定販売。11月6日に予約開始

Wiiとはしばらく縁がない生活を送る身としては買うべきなのか非常に悩む。価格がちと高めなのが踏み込めない要因の一つだ。

イース・オリジン公式サイトオープン

これは買う。近日中に迷わず予約する。

講談社BOX創刊にあたって

目指す方向性が今ひとつよくわからんが清涼院流水、太田克史両氏が関わってるのでハズレというわけでもないころであろう。

アンケート投票によるアニメランキング100

2日続けて語ってるアニメTOP100の視聴者版のTOP100。集計者の年齢層が謎だったり、勇者シリーズとガオガイガーが別扱いなのは納得出来なかったり色々気になることがあるが、金曜ロードショー打ち切り説が納得出来るほど「ルパンⅢ世」や世界名作劇場が過去の遺物となり始めている現実は切ないな。そろそろ、親が子に名作アニメを伝えていかなければいけない現実を真剣に考え始めるべきだ。最近はCS放送のおかげで過去の古典的名作に触れる機会も多いから教育もしやすいことであろう。
10年後にこんなコメントしづらいランキングが常識になるのを防ぐためにもも皆頑張らないといけないのかもしれないな。

SOS団」が「ぱにぽに」に負けたのは集計期間の長さが原因か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/10

雑記とか(10/10)

昨日放送されたアニメTOP100は芸能人のみの投票(という設定)なのに、ケロロの順位の低さに憤慨したりプリキュアが中々健闘していた現実は冷静に考えると怖いものを感じる。人の事は言えんがいい年した大人たちでありながら隠れ信者な方々が多いんでしょうか?

アニマックスが制作に関わってるとはいえ、異常なまでにプッシュしているので「神様家族」二期制作はあるんじゃないかと思えてくる。

乙女はお姉さまに恋してる」もSD絵が可愛らしい作品でした。瑞穂きゅんはC.Vがほっちゃんさんである所為か女の子にしか見えなくて困るよ。一番の問題はマシロきゅんのように男の子的描写がないところなんだろうけどね。一ケダモノとしては感情移入しづらいよ。
微妙に気になるが作風がどうも小僧さんが肌に合いづらかったストパニに雰囲気が似ている気がするので敬遠すると思われ。
C.V問題に関しては原作知らない身には問題にならない話だが、興味をもって原作に手を出すと違和感を感じてしまうであろう展開なのは辛い話ですな。

原作の感動が蘇るッ!! 『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』

これはもう発売前から神ゲー認定でいいんじゃないか?怖いぐらいやりすぎですよ、プロデューサー。

あの『くじアン』がついにPS2で登場! 公式サイトも公開中

プレイヤーにそっけない態度をとる「ツン」状態では聞いてくれる「お願い」の数が限られる。敵を倒したり、パートナーをサポートすることで親密度を上げて、「デレ」状態をめざそう

え、ツンデレゲーム!?
蓮子さんと会長以外にツンデレっぽい人いなそうなんだけどなぁ。りっちゃんはツンデレじゃないだろうけど。
どうでもいいかもしれませんが本作は地味に気にしてるんでうっかり買っちゃうかもね。

人気のモビルスーツどうしで戦いをくり広げよう!『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合VS.Z.A.F.T.II PLUS』

原作の主人公である「シン」となって戦うモードがあることにしょっぱいものを感じてしまう。先日放送されたスペシャルエディションⅢ「運命の業火」見ていても主人公としての存在感の弱さが不憫に見えて仕方なかった。
SEED DESTINY」の一番の問題は前作のキャラがメインでしゃばりすぎなところだと思われ。最終的にはキラ、アスラン正義の味方、主人公(一応)シンはキラ達に立ちはだかる最大の敵でしたからなぁ(DVD最終巻表紙も取られる始末)。世の子供とお姉さま方々は感情移入しづらかったことでしょう。
それにしても「Zガンダム」における前作キャラの裏方ぶりは素晴らしいものでしたね。アムロは復帰してもカミーユの良き先輩として振舞えれなかったちょっとした落ちぶれさはトラウマものですが。

リアル・オールナイト上映&ネット・全6話無料配信11月5日(日)緊急開催決定

11/5は暇を持て余している可能性は限りなく低いですが、頑張ってみたいところデス。とりあえず未だにキミキスラジオを安定して聴けない身としては余計なお世話ですがサーバーが落ちないことを祈ってる。
「リーンの翼」とは関係ないが、キミキスラジオがリニュアールされる現実は辛い。明日夏ターンもいい娘さんなんで文句は言えませんが。

怖すぎて公開危機、米ホラー映画

このシリーズは未見なんでよくわからんがそこまで危ない作品なのか?
まあホラー映画としてはこれぐらい逸話があってもいいんじゃないかと思う。

「子どもが描くプーチン露大統領」コンテスト

どうもプーチン大統領にはこういうイメージが浮かんでしまう。

なかやまきんに君 筋肉留学へ出発

未だにこの「筋肉留学」の意味が理解出来ないが、このわけのわからなさは嫌いじゃない。

北出菜奈“ゴスかわ”全開1500人魅了

北出菜奈さんは何時の間にこんな路線になったんだ?少なくともハガレンのEDやanegoの主題歌を歌っていた頃は違ったよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「無敵看板娘」第21話、22話

公式サイト

いよいよ残り2週(ネット配信は今週で最終回)。今期はチャンピオン系作品がないので淋しいかぎりですよ。

第21話「背中で語るあいつ」:

敏行はピンでの当番回を担当するのは厳しい現実を突きつけられる話。若菜ちゃんですら12話があったのに。喋れないのは厳しいにゃ~。
敏行の背中に乗るには清らかな心は必要ない、と結論づけられ気味だが敏行は人の心をよく理解するあっぱれな犬なので重要な要素だと思う。「心のドス黒いめぐみが乗れたじゃないか!」仰られる方もおられるかもしれませんが、めぐみは汚くありません。店思いの心優しい子なんです!悪いのは全部大戦鬼なんです!、と自分でも無理ありすぎるよなと感じる弁護をしてみる。

第22話「喜色満面死闘」:

「無敵なsmile」とタイアップキャンペーンな話(嘘)。
笑顔と言えばめぐみ、めぐみと言えば笑顔なんですよ。めぐみは大戦鬼と関わってしまったばかりに何かにつけて闘わなければいけない哀しい人生だ、と無理矢理めぐみに同情してみる。
笑顔とラーメンと言えば茅原先生の出番なわけで皆の予想通り茅原先生優勝オチ、と見せかけて怨霊扱いで不合格にされてしまうのが先生の業の深さ。先生は何も悪くないんだ!
おかみさんがあんなに落ち込んでいたのは過去に何度も優勝してたんだろうな、と勝手に妄想してみる。

今週も無理にめぐみ擁護気味な感想になってしまった。こんな事が出来るのも来週でお終いか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/09

雑記とか(10/9)

べっかんこう氏のSD絵がアニメで動いてるよ!1話目の印象は「Gift」の方がよかったですがSD絵のファンとしては堪らない代物なんで来週以降も見ていくよ「夜明け前より瑠璃色な Crescent Love」。日曜深夜は比較的な平和なんですよね。毎日仲良く出来ないものか…。
どうでもいいが略し方は「けよりな」じゃないんですね。
さらにどうでもいいですが去年の聖夜に自虐的に購入した原作は例によって積んでます。

SOS団の世間認知度を確認する為にアニメTOP100見てます見終わりました。明日世界に何かが起こっていれば団長のせいだと嘯いて生きよう。
昔の作品はゴールデンと思えないぐらい露出しすぎで驚いた。現代の深夜アニメはもう少し頑張っても問題ないんじゃないか。
ガッチャマンの皆さんは「スナックジュン」をツケで払って生きてることをばらさないのはテレ朝の良心と無意味に解釈してみる。
赤毛のアン」のあのシーンはいつ見ても泣けるがマシューはおじいさんじゃなくてお父さんでしょ。
マルコの見てるだけで腹立つ自己中ぶりはもうそろそろ日の目を浴びるべきだと思う。

あ…ありのままに起こった事を発表するぜ! 「太臟もて王サーガ」第一回キャラクター人気投票結果発表ッ!!

他のジャンプ連載作品に比べると投票数が少なかったそうですが、無意味に投票数を13倍にした「おやつ」のキャラクター不人気投票に比べるとましなんじゃないかと。1、2位のキャラは「ああ、ジャンプ作品なんだな」と妙に納得しちゃったよ。

Xbox360を買った人/これから買う人へ

歴史に残るゾンビゲー「デッドライジング」もいいですが、「ロストプラネット」体験版がうっかり韓流に目覚めまちそうなぐらい面白れぇぇぇ!韓流にはすでに「猟奇的な彼女」や「少女チャングムの夢」あたりで別の意味で目覚めたりはしてますけどね、当たり前ですが。
実際のところ現実は韓流どころか勢いあまって「HALO」始めちゃったりしてるんですけどね。「HALO」の洋ゲーとは思えない優しさ溢れる仕様(グッジョブ、日本版担当スタッフ)と64コントローラーと並ぶほどFPSの操作に優れているXboxのコントローラーはもうちょっと世間に認められるべきだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/08

雑記とか(10/8)

感想系ではないと言いながら新番の感想を書いてしまう今日この頃。来週からはドラマも始まるぞ。さすがに時間がないんでアニメと違ってリストに書いてるの以外は手を出さないはずだがどうなることやら。どうでもいい話ですがリスト(視聴中の番組)は随時更新してます。左サイドバー「はじめに」にリンク貼ってますんで気になるのならどうぞ。

平成版「妖怪人間ベム」最終回、旧版と違ってそれなりにハッピーエンドだったな。旧版の救いの無さも嫌いじゃないが、幸せな形で終わるのが一番いいですよね。
来週からは「NIGHTHEAD GENESIS」1話目から放送スタート、第5話の恐怖の幼女虐待を見て、みんな直也のように心が壊れてしまえばいいのでしまってはよくないので覚悟して見なさい。

あれ、「地獄少女 二籠」ってこんな怖い話だったけ?
怨み屋本舗」に比べて被害者側に多少は救いがあるのがこの作品の良心か?前作で「復讐は駄目だ!」と身体を張って一生懸命頑張った柴田親子の努力が無駄になってそうなんであまり良心はないのかもしれませんが。

え、マシロきゅん(女装さん)登場?な「はぴねす!」。
準君はマシロきゅんと違って身も心も女の子っぽいのと作風が合わないのでこの作品は来週以降はおさらばかと。

いくらなんでも異能者集めすぎ、集まりすぎな気がせんでもないが、あの嘘か真かわからない気持ち悪さがいい感じな「ゴーストハント」。これはとりあえす来週以降も見ると思われ。

  

Nec_0002_14
お待たせしました!

昨日付けでしっかり買ってきましたよXbox360。地元の店では本体とソフトを同時買いすると5000円引きだったので「旋光の輪舞Rev.X」も買った。本当は巷で話題のゾンビゲー「デッドライジング」に手を出したかったが普通に売り切れてた。
手持ちの360専用ソフトは「DOA4」と「センコロ」の二本と「N3」の体験版しかないのだが、360はネットに接続することで体験版やデモムービーをガンガン落とせるので思いのほか楽しめる。PCゲームでは当たり前の事が家庭用ゲーム機で出来るのは新鮮だよ。
ネット(XboxLIVE)に接続するのはLANケーブルを繋ぐだけですむお手軽さはもっとアピールしてもいいんじゃないかと思う。
ブロードバンド環境をお持ちで気になるソフトが二、三本あるかたは買っても損はないと思われ。「アイドルマスター」の限定版の予約(amazon)が瞬殺されるほどの人気ですし。
それにしてもあれだ。アイマス目当てで360を購入された方たちは結果的にはPS3本体購入するのと変わらないぐらいつぎ込んでるんですよね。本当、熱意の前には価格なんて飾りであることを思い知らされる。

360購入によって年末にかけてのゲーム散財が今夏以上にえげつない事になりそうで不安だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/07

雑記とか(10/7)

一週間に異常な数を処理しているのに何だかんだで新作に手を出してしまっている。捌くの大変なのにね。1話で切る(切れる?)のだろうか…。

菊姉ちゃんがTV破壊した!拳で破壊する人なんて江戸城将軍之介ぐらいだと思っていたよ。「リングにかけろ1 日米決戦編」は妙に話を引っ張ってる感が残念で仕方がない。原作の試合展開が速すぎる分もあるのでちょうどいいのかもしれないが。剣崎の試合は秒殺とか要点はちゃんと抑えてるしな。

護くんに女神の祝福を!」において提唱されるメガデレはよくわからんが周藤汐音さんの異常な髪型は気になって仕方がない。

釘宮理恵さん(の芝居)=ツンデレ」の方程式が成り立ちそうな昨今、ごく一部のケダモノの間ではハルヒ放送以前から認知されていた「後藤邑子さん(の芝居)=ぽんこつさん」の方程式が成り立ち始めてるんじゃないかと思えてくる「くじびきアンバランス」。
旧OVAシリーズと雰囲気が違っていてシリーズ初見の方でも普通に楽しめそうでいい感じですね。次回予告が「げんしけん」な点を除けば。TVシリーズでの新作も製作してほしいですよ。

悪魔城ドラキュアX 血の輪廻(ロンド)」は「ときめきメモリアル」の布石なんだと信じて疑わないPCエンジニアであり(マリア登場シーンでは腰が砕けた)、マニュアルに記載されている「オーッス!メタルユーキだ!」、「チャオ!」といったメタルユーキ氏の挨拶が楽しみでシリーズを買いあさっている、「根性」とか言う辺りが「デスクリムゾン」を連想されるという酷い理由でガチで虹野さん派な小僧さんとしては1話目は見んといかんよなと思わせてくれた「ときめきメモリアル Only Love」。
関係ないが氏が関わっている「最終兵器彼女」のマニュアルにもあるのだろうかと疑問をいだいていたら公式にあるじゃないか!買わないといけないのか?
個人情報保護法も何もあったもんじゃない世界観っぽいんで最終回のオチは「今までの話は原作ゲーム内の話(遊んでいる)だったんだ!」な劇中劇なオチだと予想してみる。

Gift~eternal rainbow~」の主人公君の目がおかしい訳ではないんだが何か違和感がある。主要キャラが誰なのか相関図云々はまだわからんが初回での世界観の説明(Gihtについて)は抜群に旨い作品だった。2話目以降も見続けていくんじゃないかと思われ。

    

特集:「コードギアス」 反逆のヒロイズム

個人的には狙っていた土6枠から深夜枠に移動したことで放映期間が短くなってないのか不安になる。半年は確定してるみたいなんで安心なんですが、1年続くロボットアニメ(オリジナル物)が最近あまりないのが少々不満だったりする。

BS2で「ラーゼフォン 多元変奏曲」10/14深夜1:10放送

ラーゼフォンTVシリーズが未見でも楽しめる内容なんで是非。ちょっと切なくて泣けるよ。
TVシリーズとは離れたところにある話みたいなんで「スーパーロボット大戦MX」の原作予習には使えるようで微妙に使えない作品ですが。

DVD最終巻「涼宮ハルヒの憂鬱7」の映像特典に「ハレ晴レユカイ」のTV版完全バージョンが収録予定

ついでに三次元バージョンの収録もすれば完璧かと。

「しにがみのバラッド。」が実写ドラマになります。

原作は3巻までしか読んでないのだが、子供が中心(話の)の短編1話完結ものなんでキャスティング云々が難しそうだ。「半分の月がのぼる空」同様、関西では放送がないんでしょうけど…。
厳しい意見を言わせていただくと、限りなく現実的な話(ラノベにしては)である「半月」と違って、「しにがみのバラッド。」はおとぎ話的な作品なんで実写化には向いていないと思う。

究極のいやし系メイドカフェ「冥土カフェ 地獄少女」に潜入!

言っちゃ何だが普通に怖えよ。「地獄少女」は癒される作品じゃないよね。

カプコン、廉価版ソフト「カプコレ」の12月発売予定を発表 PS2とPSPで計6タイトル

やっべ、「DEMENTO」の廉価版が出るよ。これは買っちゃうかもしれん。なぜ本作に過剰反応しちゃうのかはこちらを見ていただければ理解していただけるかと。

   

それではXbox360買いに行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/06

雑記とか(10/6)

アニマックスのHPリニュアールに伴い「無限のリヴァイアス」の最終回までの流れを完全ネタバレで紹介してくれたあらすじが普通のあらすじに変更されてるな。あれは一体なんだったんだろう?おかげで純粋に楽しめませんでしたよ。

PS2「アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女(Best版)」12月7日発売予定

アルトネリコ」は以前から買わないといけないな、と考えてたのでこれを機に迷わず摂取させていただきますよ。

過激ネタ満載の「サウスパーク」で、あの大ヒットMMORPGが登場

WOWOWでの「サウスパーク」の放送が停滞しているんでシリーズ自体が終了してるのか、と思っていたのだがそうでもないんだな。8シリーズ以降も早く日本で放送してくれよ。
知らない人のために警告しておくと「サウスパーク」は絵柄は可愛いですが内容は放送禁止用語が飛び交い、ミンチになったりチョンパでアレがビューなグロ要素満載の過激すぎる内容なんで覚悟して見ることを推奨する。

豪華キャストが魅力を語る『銀色のオリンシス』アフレコレポート!

関西でも昨日(正確には今日か?)から放送スタート。若手声優陣で構成された主人公チームの中に唯一人、大ベテランの古川登志夫氏がいるのが何か新鮮だった。
若手の中にベテランという構成はどうしてもガンダムのリュウさんを連想しちゃうんでブライアンが最終回まで生きてる事をマジで祈ってます。
木曜深夜のロボット物は「オリンシス」以外にも「コードギアス反逆のルルーシュ」があるんで見る方は色々大変だ。今期は珍しくロボット物が豊作気味なんで各作品ごとにどう違いを見せてくれるか楽しみですよ、ロボットアニメ愛好家(ただのロボット大戦好き)としては。

ルーカス監督、TVアニメの「クローン大戦」続編制作へ

クローン大戦」がエピソード3直前の話だっただけにその続編なら深い話を描けるのか微妙な感じがするよ。まあ何だかんだ言いつつ日本に輸入されたら迷わず見ますよ。

おまけ:
Nec_0001_29
ソフト先行購入はPC-FX以来。

前回使い切れなかったヨドバシカメラのポイントを使って購入した。
当然の事ながら本体はないんで明日買ってくる。オラ、わくわくしてきたぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/05

雑記とか(10/5)

せっかくのトリプル録画環境も「24 シーズンⅣ」一挙放送と日本映画専門チャンネルの「TRICK TVシリーズ一挙放送」のおかげで新番アニメを録るのに全く機能せず。もうちょっと夕方枠を開拓してもいいんじゃないかと思う。最近の若い子達は深夜アニメを生で見てるのだろうか?小僧さんは素直に録画して早朝(6時頃)仕事前に見ている。

「ヴァンパイア ダークストーカーズコレクション」廉価版が12/14発売予定

この内容で2000円は安すぎる。
ヴァンパイアシリーズはサターン版の「ハンター」と「セイヴァー」を所持してるんで無理して買わなくてもいいのだがこれはちょいと惹かれるな。発売当時評判良さげだったし。

GUNVALKENが凄まじい

ヴァルケンを知らない子なんで凄まじさはよくわからないが、あふれんばかりロボット魂は伝わってくる。

新ジャンル「全身性感帯」

これはアニメ版のニナちゃんの事では?

新ジャンル「ほぼ無反応」

これはマグロでは これは「テレパシー少女『蘭』事件ノート」の綾瀬留衣君のことだな、と現在読んでる本(児童書)の話をしてみる。翠のキャラが微妙にいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/10/04

雑記とか(10/4)

例によって今日もキミキスラジオ聴けず。音泉のサーバーが大破したらしい説も流れてるんで気長に待つとするよ。忙しかったとはいえ更新された直後に聴かなかった俺が悪いのだ。

かまいたちの夜×3」完クリ。
真相ENDとピンクのしおりを見て満足していたが、「3」を語るには金のしおりまで見ないといけなかった事を今更ながら知り激しく後悔。最後のエピローグには涙した。これは名作ですよ。

幻星神ジャスティライザー」と「ライオン丸G」における波岡一喜氏のギャップは「「仮面ライダーカブト」と「ハツカレ」における水嶋ヒロ氏のギャップを思い出させてくれる。うっかり子供が見ちゃうとトラウマになりかねないほど違う。「傷だらけの天使」OPのパロディをするような特撮を子供が見ることはないだろうから関係ない話なんでしょうが。

チュパカブラというと真っ先に金曜スペシャルさんのコレが浮かんじゃうよ。

人気の超能力アニメ、第1話~第12話を一挙放送~「NIGHT HEAD GENESIS」の物語前半部を特別に一挙公開!

小僧さんも現在アニマックスで録画していた分を見てるのだがもの凄く重たい話なんで覚悟して見ることを薦める。重たすぎて鬱になる。「この厳しいご時世にいつでも誰でも見れる仕様でネット配信していいんですか?」と他人事ながら不安になってくるよ。
キャラデザや出演声優陣を見て甘い考えを抱いているなら、それは大きく裏切られることであろう。

ぎゃるげ名(迷)セリフランキング

メルティブラッド」は何気にイッちゃってるセリフが多いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/03

雑記とか(10/3)

ハツカレ」放送時も激しく欲情していたが黒川智花嬢は可愛いな、可愛すぎるよ。そこばかり食い入るように見ていた「実写版名探偵コナン」。是非シリーズ化してほしいものデス。

ラジオCD 亜美とかおりのキミキス チューニングアップ♪ Vol.1

ジャケット絵がアニマル版の東雲太郎氏ですよ、相原さん。アニマル版は公式的なものになっていくのだろうか?
それはそうと、キミキスラジオ、サーバー重過ぎてまだ聴けないよ。何か今週分ではあと3週であみすけさんが降板する、というまことに残念すぎる発表があるらしいというのに。
4週後からはあみすけさんの代わりに星乃さんが新レギュラーでした、という軽いドッキリだったらどんなに嬉しい事だろうか。

PS2「舞-乙HiME 乙女舞闘史!!」デモムービー

公式ではなくTSUTAYAでの配信というのが何とも…。いつになったら専用の公式サイトは出来るのだろうか?

“ネエさん”と呼ばれる人たちに備わっている条件とは?

ボウケンピンクも皆から「さくら姐さん」の愛称で恐れられてる点からある種の恐怖政権を感じさせるのも条件の一つかと思われ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「無敵看板娘」第19話、20話

公式サイト

「こどBのじかん」はよみうりテレビ基準で動いているのでどこよりも遅い(予定)感想だにゃー。
今週は週刊少年チャンピオン10月度のCMが流れた!関東方面は9月で終了してるんで10月分はないものだと思い込んでいたんで素直に嬉しかったデス。

第19話「働いて勝ち取れ」:

「俺(勘九郎)は看板娘(息子)になる!」な話。
勘九郎は真面目に働けば優秀な人材であった。大戦鬼に出会ったばかりに人生を狂わされた可哀想な男だ。チャンピオン繋がりな話で例えると、うっかりオーガに食べられちゃった格闘家の方々並に不幸な男だ。勘九郎の唯一の救いは人生に失敗しているようでそうでもないところ(就職できた)か。
一番凄いのは美輝が一日いなくても店を運営できているおかみさんの力量か?

第20話「激突!西山勘九郎VS神無月めぐみ」:

「めぐみ&勘九郎、MK砲結成、ですわ!(だにゃー)」な話。
19話に続いて勘九郎のいい人ぶりが明かされる話であった。たとえ、自分の肌に合わない奴でも受けた恩は返す、礼儀を心得ているあっぱれな男だ。
めぐみは周りから卑怯、汚い手口と言われすぎだが、彼女の戦闘スタイルは美輝や勘九郎のようなグラップラーではなく後方支援型なので仕方がないことなんです。ロボット大戦風に例えると、美輝は接近戦で叩き潰すスーパー系、めぐみは遠距離からフィンファンネルで華麗に仕留める皆大好きリアル(ガンダム)系なんですよ。リアル系はリアル系でも、コロニーに毒ガス投下しちゃうティターンズなリアル系なのが問題なんでしょうが…。
今回の話も最後はおかみさんが強かったオチで終わる話だった。この作品はおかみさんがいなくなったらどうにもならなくなることであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/02

雑記とか(10/2)

トゥルーコーリング」最終回、TVアニメ版「ジパング」以上に普通に終わったな。制作サイドからの告知がなかったらアレで最終回なんて気付けないよ。何らかの形で完結篇が制作されないものかねぇ。
それにしても全26話を約9ヶ月かけての放送は長かった。

先週分のキミキスラジオの配信が延長のお知らせに阿鼻叫喚な今日この頃。ありがとう音泉。まだサーバー混雑してるみたいで聴けないのが悩みだが。

BALDERBULLET REVELLION」1周目クリア。
オリジナル版未プレイなんで普通に楽しめたのだが、システム周りがえらく不具合なのが気になった。コンフィグのパッド設定が保存されなかったり、ADVパートは戯画最新システムで便利なんだけど、テキストのフォントがエグゼ以上に小さくて目が疲れるわ(デュエルは大きかったのに何故だ?)、ACTパートはプラティクス(練習モード)が無くて不便だわ、クリア後に回想がない漢らしすぎる仕様はあんまりだ、とアラが目立つのが残念で仕方がない。シナリオの短さやヒロイン個別ルートがなさげなのは、元が6年前の作品なんで気にはしないが、システム面がオートセーブを除けばエグゼ以下なのは痛すぎる。
世間的には声がついて絵が綺麗になった事以外はオリジナル版と変わらないので地雷扱いされ気味ですが、遊べない、面白くない作品というわけでもないんで興味がある人は手を出してもいいんじゃないかと思われ。追加されたおまけモードは普通に面白いんで。ただ全体的にエグゼ以下なのは否定できないんでその辺をわかった上で購入していただきたい。
個人的には世界観、設定はエグゼよりリベリオンの方が好きかもしれない。
EDクレジットによると開発スタッフにPS2版エグゼを手がけたアルケミストヒューネックスが関わってるようなんで家庭用の話も動いているのかもしれない。化ける……かな?

秋田書店から萌え漫画誌「チャンピオンREDいちご」が年末に創刊

RED絡みなんで普通の萌え漫画誌にならない事は間違いないだろう。

ねこねこソフト活動停止

ねこねこソフト作品といえば「BALDER FORCE EXE」地獄モードに登場するぽんこつさんや「DUEL SAVIOR JUSTICE」サバイバルモードに登場するまじかる☆ひよりんぐらいしか浮かばない(積んでる)不届きものが言える身分じゃないですが、ねこねこソフトはサービス精神溢れる良き会社であったと思う。
関係ないかもしれないが、リベリオンの地獄モードにはねこねこキャラは登場しないっぽいと思われ。

凱旋門賞:ディープインパクト、無念3着 優勝馬は仏

競馬は漫画で得た知識(マキバオー優駿の門)とSFCのダビスタⅢとサイゴウジョンコぐらいしか浮かばない「スウィングガールズ」はガチで関口さん派の小僧さんでも残念で仕方がないことだと思う。
現在チャンピオンで連載中の「優駿の門 ディープインパクト篇」はどう締めるのだろうか?

私は毎日(のように)自動販売機の写真を撮っています。ごめんなさい。謝る前にケツを出せ

この発想はなかった。ある意味理想的な形かと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/01

雑記とか(10/1)

今週、忙しく聴けなかったキミキスラジオを聴こうと思ったら、音泉がサーバー混雑の為、配信できない状態だったorz。
今週分は水橋かおりさんがうどんさん最下位について触れられてるそうなん聴き逃したくなかったんだけどなぁ…。
サーバー落ちはやっぱり「うたわれるもの」効果なのだろうか?。平野耕太先生も描いちゃうぐらいだから、我々が思っている以上に凄まじい人気なんだろうと思われ。

ドレイク(風間大介)の存在がこのままなかった事にされそうで不安で仕方がない。
プリキュアの「また見てね」絵がファミコン風味で吹いた。

CDTVの特集「2006年コラボシングルTOP10」第5位にSOS団(ハレ晴レユカイ)がランクインしていて驚いた。まあ見方を変えれば、SIMPLEシリーズ双葉理保新生LEMON ANGELの「エリカ・キャンベル」、TRAPNEST(トラネス)のレイラによる夢のコラボアーティストになるんだろうけど、SOS団は違わなくねえ?

「デスノート(前編)」10/27日(金)よる9時~日本テレビ系列全国放送決定!金曜ロードショー20周年特別企画 ディレクターズカット特別篇放送!!

前編見てない不届き者には嬉しい話だが、思い切りよすぎて不安を感じる。

第4回ナマハゲ伝導士認定試験

わがままな話で申し訳ないが地方受験が出来るようになったら嬉しいのですが、どうでしょう?現地まで行くと交通費が…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »