« 雑記とか(10/18) | トップページ | 雑記とか(10/20) »

2006/10/19

今月(2006年10月)のチャンピオンRED、ウルトラジャンプ感想

Nec_0001_30
我々はこの日を待ち望んでいた!

ついに、ついにマシロきゅんフィギュアが発売ですよ、お客さん。ここ数ヶ月のREDの売れ行きは凄いのでなくならないように摂取するように。

ウルトラジャンプ

2ヶ月連続「バスタード」掲載に素で驚いた。今まで無かった事だけに動揺を隠せない。

スティール・ボール・ラン#19黄金長方形

ついに敵の正体が判明。敵の戦う理由が今までの敵以上に正義が成り立ってるのが辛いな。先日のJOJOイベントで荒木先生が仰っていた「悪人には悪人の言い分があるし、そういう部分も肯定して描くことで、物語が面白くなる。」というお言葉が身に染みる。
それはそうと彼はあれで終わりじゃないですよね。アヴドゥルやドット・ハーンはもう勘弁ですよ。

わいるど☆ぴっち 第13球「ウイニングボール」

結局のところ朝倉さんはどうしたいんだ?
どう考えても夢オチなのは読めてたがいつも以上にカッ飛んでいて不安になった。そんな、まりお金田先生も「チャンピオンREDいちご」に参戦されるのよね。何が飛び出してくる事やら…。

NEEDLESS完全描き下ろし特別編「ホラーハウス」

今月号の別冊付録。見た目と裏腹にトンデモナイERO話で吹いた。想像図が危うい、危うすぎる!

  

チャンピオンRED

舞-乙HiME」が盛り上がってきてますな。週チャンでの新作スタートも秒読み段階か?それにしてもゲーム版の専用公式サイトはいつ出来るのだろうか…。関係ないが発売元のサンライズインタラクティブが来週発売する「新世紀サイバーフォーミュラ ROAD TO THE INFINITY3」公式サイトがロクに更新されてないのに不安を感じる。

聖痕のクェイサー 第3話「仮面の友情」

サーシャにも可愛い要素が出てきてちょっと萌えた。マシロきゅんとは違った魅力があっていいですな。
本作の魅力は搾乳だけではありません、とばかりに直球なERO要素満載な展開で興奮した。相変わらずEROいコンビで困ったものですな(本当は嬉しくて仕方がない)。

舞-乙HiME Zwei プロローグ

いきなりマシロきゅんモドキが出てきてちょっと期待しちゃったじゃない。本作はサトケン版と違い原作通りの展開のようだがREDらしく初回から全開だった事に業の深さを知る。「わいるど☆ぴっち」は隠してたのに…。

ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日 第2話「誕生編2・重撃!九大天王」

未だロボが登場していないというのにこの熱さ!出し惜しみのなさ!今川監督は本気すぎる。アニメの方には関わっておられないのと、大抵の事が簡単に許されるチャンピオンの環境がこの怪作(褒め言葉)を生み出してるのだろう。
完全に大作君の敵として描かれる国際警察が今後どう絡んでくるのかのか気になるが、次号から壊滅していきそうな勢いなのが怖いんですがどうもっていくんだろう?

鉄のラインバレル 第23話「眠りのなかの覚醒」

この調子でいくと加藤機関の襲撃にJUDAのマキナのメンテが追いつかなくなるが目に見えてるがどう対処していくのだろう?
城崎が今月も順調にヒロインフラグを立てていることをからかわれているのが可愛いくて仕方がない。
12/20には単行本最新刊(5巻)と短編集(0巻)が同時発売ですよ。0巻には先月掲載の番外編が早くも収録されるんで単行本派の貴方も山下君の衝撃に興奮しなさい。

突攻!メイドサンダー 第8話「あー冥怒祭」

セイバーさんレギュラー化ですか。可哀想な人扱いで切ないですが、風紀委員長が完全に空気キャラ化してることの方が切なかったデス。

ドスペラード 第4話「夢見る頃を過ぎても」

ハヤテのごとく!」におけるナギの漫画の方向性は間違ってはいないんじゃないかと思えてくる。

魔女の騎士 Turn2「人喰い鬼の庭と新米魔女」

1話もそうだったがこれは完全にERO漫画だ。編集部はREDを発禁させる気なんですか!

他にも色々ありますが今月はこんなところで…とはいかないのよね。

 

Nec_0002_15
はじめて妹に恐怖した。

REDのかわいい妹「いちご」の真相を知った時、小僧@後輩の心臓は停止した。妹によっても人は死ぬのだ。

画像では見づらいかもしれませんが、12/26発売のチャンピオンREDいちごに「キミキス」のコミカライズが掲載されるぞ!作画はREDでシリーズ連載中の「MONOクロ」の糸杉先生。期待せずにはいられない。
そして、あの「舞-乙HiME superH」の新作が掲載される。今回は初回から別冊付録扱い(単行本収録予定無し)なんで皆するべき事はわかってるよね。

一番の驚きは萌えとは程遠いグロ漫画家の山本賢治先生も参戦されることだったりする。それも舞-乙HiME絡みで。何をさせる気なんですか?

おまけ:
Nec_0003_10
前かがみすぎて撮りにくい。

|

« 雑記とか(10/18) | トップページ | 雑記とか(10/20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/12345034

この記事へのトラックバック一覧です: 今月(2006年10月)のチャンピオンRED、ウルトラジャンプ感想:

« 雑記とか(10/18) | トップページ | 雑記とか(10/20) »