« 雑記とか(10/1) | トップページ | 「無敵看板娘」第19話、20話 »

2006/10/02

雑記とか(10/2)

トゥルーコーリング」最終回、TVアニメ版「ジパング」以上に普通に終わったな。制作サイドからの告知がなかったらアレで最終回なんて気付けないよ。何らかの形で完結篇が制作されないものかねぇ。
それにしても全26話を約9ヶ月かけての放送は長かった。

先週分のキミキスラジオの配信が延長のお知らせに阿鼻叫喚な今日この頃。ありがとう音泉。まだサーバー混雑してるみたいで聴けないのが悩みだが。

BALDERBULLET REVELLION」1周目クリア。
オリジナル版未プレイなんで普通に楽しめたのだが、システム周りがえらく不具合なのが気になった。コンフィグのパッド設定が保存されなかったり、ADVパートは戯画最新システムで便利なんだけど、テキストのフォントがエグゼ以上に小さくて目が疲れるわ(デュエルは大きかったのに何故だ?)、ACTパートはプラティクス(練習モード)が無くて不便だわ、クリア後に回想がない漢らしすぎる仕様はあんまりだ、とアラが目立つのが残念で仕方がない。シナリオの短さやヒロイン個別ルートがなさげなのは、元が6年前の作品なんで気にはしないが、システム面がオートセーブを除けばエグゼ以下なのは痛すぎる。
世間的には声がついて絵が綺麗になった事以外はオリジナル版と変わらないので地雷扱いされ気味ですが、遊べない、面白くない作品というわけでもないんで興味がある人は手を出してもいいんじゃないかと思われ。追加されたおまけモードは普通に面白いんで。ただ全体的にエグゼ以下なのは否定できないんでその辺をわかった上で購入していただきたい。
個人的には世界観、設定はエグゼよりリベリオンの方が好きかもしれない。
EDクレジットによると開発スタッフにPS2版エグゼを手がけたアルケミストヒューネックスが関わってるようなんで家庭用の話も動いているのかもしれない。化ける……かな?

秋田書店から萌え漫画誌「チャンピオンREDいちご」が年末に創刊

RED絡みなんで普通の萌え漫画誌にならない事は間違いないだろう。

ねこねこソフト活動停止

ねこねこソフト作品といえば「BALDER FORCE EXE」地獄モードに登場するぽんこつさんや「DUEL SAVIOR JUSTICE」サバイバルモードに登場するまじかる☆ひよりんぐらいしか浮かばない(積んでる)不届きものが言える身分じゃないですが、ねこねこソフトはサービス精神溢れる良き会社であったと思う。
関係ないかもしれないが、リベリオンの地獄モードにはねこねこキャラは登場しないっぽいと思われ。

凱旋門賞:ディープインパクト、無念3着 優勝馬は仏

競馬は漫画で得た知識(マキバオー優駿の門)とSFCのダビスタⅢとサイゴウジョンコぐらいしか浮かばない「スウィングガールズ」はガチで関口さん派の小僧さんでも残念で仕方がないことだと思う。
現在チャンピオンで連載中の「優駿の門 ディープインパクト篇」はどう締めるのだろうか?

私は毎日(のように)自動販売機の写真を撮っています。ごめんなさい。謝る前にケツを出せ

この発想はなかった。ある意味理想的な形かと。

|

« 雑記とか(10/1) | トップページ | 「無敵看板娘」第19話、20話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/12124459

この記事へのトラックバック一覧です: 雑記とか(10/2):

« 雑記とか(10/1) | トップページ | 「無敵看板娘」第19話、20話 »