« 雑記とか(10/28) | トップページ | 雑記とか(10/30) »

2006/10/29

雑記とか(10/29)

GBA「シャイニングフォース 黒き竜の復活」プレイ開始。クリアするのに1年ぐらいかけると予想しているがどうなることやら。
シャイニングフォースⅠはオリジナルのメガドラ版に病的なほど思い入れがあるので改悪されていたらどうしよう、と不安で仕方なかったが昔通りのテンポの良さ、バランスのよさが再現されていて好感触ですよ。オリジナルでは寡黙なマックス(主人公)がベラベラ喋るわ、グラフィックのリニュアール化で一部のキャラが微妙にイケメン化、「本の女の子(ロリエルフ)が成長しているなんて」、と少し気になるところもあるが、本陣の会話が強化されたのは大きいな。タオ可愛いよ、タオ。
世間的にはファンタジーのS・RPGは「ファイアーエムブレム」や「オウガシリーズ」がメジャーっぽいがシャイニングフォースシリーズにも注目してほしいよ。シャイニングシリーズが別の方向に向かいつつあるこのご時世だからこそ。無理だとわかっていてもキャメロット製のシャイニングフォースが遊びたいです、セガ様。
個人的にはのリメイクもしてほしい。Ⅰと違ってPC版も存在しないので何とか実現してほしいのだが。サラの可愛さがあれば問題ないと思うのだが、どうか。

そんなエルフ属性を持っているかもしれない小僧さんもご満悦のシャイニングフォースシリーズを自信をもって薦めたい。シャイニングシリーズの女の子はマジ可愛いんだって!
携帯向けコンテンツでGG(ゲームギア)で発売された外伝シリーズが展開してるようなんで安値で楽しみたい人はこれから入ってみればいいかと。
やっぱ可愛いよ、ウェンディとかナターシャとか(しつこい)。

   

今更ながら「ゾンビ(米国公開版)」と「ドーンオブザデッド」の二本立て視聴を実行。どうでもいいがどちらも初見デス。
ゾンビすげーな。あのわけのわからん異常空間なのに妙に説得力がある素晴らしい世界観。そして巷で話題の「デッドライジング」がジョージ・A・ロメロ監督リスペクト度高すぎる作品であることを理解した。遊びてーよ「デッドライジング」。あんな素晴らしい世界観で略奪したりされたり殲滅したり。楽しそうだ。

ドーンの方はえらく普通なパニック映画になっていてちょっとガッカリだった。ゾンビを走らせてみた、という発想は面白いのだが、そこで止まってしまったのが残念で仕方がない。生存者が多すぎるんだよね。あと、皆、生きるので精一杯で欲がなさすぎる。ゾンビが走ることによってゲームバランス崩さんばかりの強さになったのが原因なのだろうが。一つを立てると何かが崩れる。上手いこといかない世の中だ。
ゾンビ映画の素晴らしさを知るためこれからも精進していきたいと思います。

    

キミキスドラマCD全巻購入特典

魅惑のパジャマパーティーなわけですが、ここでもハブられる栗生さんに涙。小説版2巻での登場が彼女の全盛期だったのだろうか。小説版でもキャラクター紹介ではハブられてたんですが。
特典CDは本編云々ではあまり見れないヒロイン同士の絡みに期待したい。色々とね。具体的いうともみくちゃとか実験とか…
それにしても二見さんことえりりんのドラマCDタイトルはヤバいな。タイトルだけでビチョ濡れですよ、ファック。12月、間違いなく俺は死ぬ。俺が死んでもキミキスには何の罪はないので責めないで下さい。むしろ崇みなさい。皆さんも今からでも十分間に合うのでえりりんとのそれはそれは素晴らしい実験生活をおくりなさい、死になさい。

   

たのみこむ 妄想ボイスCD第二弾「おしかりCD」

恐怖の洗脳CD再び。前作持ってる人向けにセット販売の特典を入手する方法を提案してほしい。
あと、代引以外の支払方法も、手数料や送料がえらくかかるのがネックだよ。前作はアマゾンで購入しちゃったし。まあ特典代と思えば安いのかもしれんが。

   

15~18歳の武装した美少女23人が、1人のイケメン男をめぐって大乱闘

さよなら絶望先生」とかで出てきそうなバトルロイヤルだな。

|

« 雑記とか(10/28) | トップページ | 雑記とか(10/30) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/12471115

この記事へのトラックバック一覧です: 雑記とか(10/29):

« 雑記とか(10/28) | トップページ | 雑記とか(10/30) »