« 雑記とか(9/2) | トップページ | 凄い勢いでやりこんだキミキス三昧な日曜よりの電波 »

2006/09/03

ゲームサイドvol.2な話(予定)

めがっさにょろ。」に対してMD「トージャム&アール」で返すゲームサイド編集部もどうかしてると思うがそれが理解できる俺もどうかしすぎてると思う。

ユートピア(読者のゲーム話)内で少し触れられていたが、硬派ゲーマーを装っているが実は「隠れときメモラー」もしくは「鍵っ子」だった説はよく見かけるが、逆のパターンはあまり見かけないのはどうゆうことなのだろう?
何が言いたいかというと、実は小僧さんがそのパターンであるかもしれないとさりげなくカミングアウトしてみる。
まあこどBの過去記事を見ると、ギャルゲーっぽい話が多かったり、最近購入してるゲームはそんなのばかりだから全くもって信じてもらえないだろうが信じていただきたい。だからと言ってギャルゲーが嫌いなわけでもない、むしろ「好き好き大好き超愛してる(舞城王太郎)」と公言してはばからない。こんなんだから勘違いされても仕方がない。むしろ勘違いしなさいと仕向けてる小僧さんにも否がある。
だからと言って俺に「ダ・カーポ」について質問されても非常に困る(過去の実体験)。俺が「ダ・カーポ」について知ってることなんて「主人公は和菓子を錬成できるらしい」、「ほっちゃん声のキャラが大人気」ぐらいしか知らないんだよ!

結局のところ何が言いたかったのか俺にもよくわからん、装ったり隠したりするのも大事だがちゃんとしておかないと中途半端に痛い目にあう。本当に中途半端なので痛くなかったりする。中途半端に困る。

|

« 雑記とか(9/2) | トップページ | 凄い勢いでやりこんだキミキス三昧な日曜よりの電波 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/11738868

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームサイドvol.2な話(予定):

« 雑記とか(9/2) | トップページ | 凄い勢いでやりこんだキミキス三昧な日曜よりの電波 »