« 雑記とか(8/20) | トップページ | 佐間太郎のぶっあぁっうかあああう! »

2006/08/20

ショーバンに似ているような(性格が)

あさのあつこ「バッテリー」読了。
児童書であり児童書であらずといったところか。

あらすじ:
‘親の転勤で岡山県境の地方都市に引っ越してきた「原田巧」。
天才ピッチャーの才能を持つ巧は地元の野球少年から期待されるものの、性格が災いして環境に馴染むことが出来なかった…。’

王道的な展開だと巧が成長していく話になるんだろうけど、本作では主人公(巧)は全く成長しない、逆に周囲の人達が巧の影響で成長していく過程が新鮮だった。
巧の性格が悪すぎるので人によっては読んでて腹が立つと思う。小僧さんは少しきた。
最終的には彼も少しは優しさに包まれてくれるのだろうか?

二巻以降も積んでるが、次は次こそは桑島由一「神様家族(3) 桃色貯金」。
愛ちゃんに悶えないよう気をつけます。

|

« 雑記とか(8/20) | トップページ | 佐間太郎のぶっあぁっうかあああう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/11522913

この記事へのトラックバック一覧です: ショーバンに似ているような(性格が):

« 雑記とか(8/20) | トップページ | 佐間太郎のぶっあぁっうかあああう! »