« 雑記とか(8/12) | トップページ | 雑記とか(8/13) »

2006/08/12

そんな貴様は、やっぱり犬以下と判断せざるを得ません

ヤマグチノボル「ゼロの使い魔(6) 贖罪の炎赤石」読了。
話が重たくなってきたなぁ。

あらすじ:
‘トリステインとアルビオンとの戦争が始まろうとしている。
魔法学院の教師、生徒の多くも従軍することになり、当然の事ながら伝説の「虚無」の使い手であるルイズもも志願するのだが、家族からの猛反対が…。
許しを得るため使い魔と何故かシエスタも連れて実家に里帰りだ!’

才人がルイズに告白した!
まだまだ既刊分があるのでこのタイミングでくるとは予想してなかったんで驚いたよ。作品的にルイズ様の方からするもんだと思ってたしな。
そしてその後二人はこえてしまいそうになって唖然とした。
結局未遂で終わったけど今回ここまでやったら次はどうするんだろう?
今回から戦争篇(でいいのか?)に突入したため前巻までの軽い雰囲気が薄れてしまった。
ルイズ様の恐怖のツンがあまり見れないので怯えなくていいんですがやっぱり戦争はいかんですよ。早く昔の雰囲気に戻ってほしいですよ。

次はヤマグチノボル「ゼロの使い魔(7) 銀の降臨祭
戦争に慣れるな。

|

« 雑記とか(8/12) | トップページ | 雑記とか(8/13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/11403735

この記事へのトラックバック一覧です: そんな貴様は、やっぱり犬以下と判断せざるを得ません:

» ゼロの使い魔 6 贖罪の炎赤石(ルビー) ヤマグチノボル MF文庫J [TALKING MAN]
ラブコメ全開で展開されるルイズの里帰り編は文句なく楽しい。才人とルイズの関係も寸止めまで一気に進行(笑)、まあここから先はまた当分進まないだろうけど。 [続きを読む]

受信: 2006/08/13 11:56

« 雑記とか(8/12) | トップページ | 雑記とか(8/13) »