« 摩央姉ちゃんはゆるいねぇ | トップページ | 雑記とか(8/26) »

2006/08/26

なに言ってるの?もう、とっくに幸せだよ。

桑島由一「神様家族(8) おはよう!こどもショー」読了。
最終巻なのに表紙はサブキャラの進一と愛ちゃん。主人公の佐間太郎が表紙かざったのは2巻と7巻だけなので問題ないと言えば問題ない。

あらすじ:
‘霧島進一は少し、いやかなり丈夫なのが取り得な普通の高校生である。
新年早々、愛ちゃんとの初詣。今年もいい事ありそうだ。
…でも、何か大切な事を忘れている気がする。
時は遡り、神山佐間太郎は神様の息子であり、幼稚園児である。
パパさん、ママさんに甘やかされ、お目付け役のテンコの小言がうるさい毎日。
ある日、幼稚園に入園してきたイヤナヤツ「イーちゃん」と何故か仲良くなる佐間太郎。そんな二人の様子がテンコは面白くないようで。
神様家族これにて終了!’

佐間太郎とテンコの幼稚園時代の話が描かれるが、今回のメインは誰が何と言おうと進一と愛ちゃんの物語である。
何だかんだで進一君が好きな「猟奇的な彼女」愛ちゃんはやっぱり可愛いよ。「進一くんは、かっこいいです」。
これから先色々あると思うが二人は幸せを掴んで欲しいデス。

主要キャラが自分の道を見つけていく中、やはり久美子一人取り残された感が拭えない。
おかしいな?佐間太郎との出会いで幸せな道を掴んだはずなのにこの疎外感はいったい?ゲーム版に期待するしかないのか?

これで神様家族全巻読了。
3巻まではアニメ版を見てからだったので今ひとつだったが4巻以降は未知の領域だったので素直に楽しめたよ。
神様家族の魅力はメインの話よりキャラ同士の暴走気味な掛け合いだと思う。巻を増すごとに強化されていくんで飽きずに楽しめたよ。
4巻以降もアニメ化してほしいよ。

次は未定。本棚整理しながら考えます。

|

« 摩央姉ちゃんはゆるいねぇ | トップページ | 雑記とか(8/26) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/11610199

この記事へのトラックバック一覧です: なに言ってるの?もう、とっくに幸せだよ。:

« 摩央姉ちゃんはゆるいねぇ | トップページ | 雑記とか(8/26) »