« 散財が辛くなってきた理由 | トップページ | お知らせ:このblogは舞-乙HiMEコミカライズ版を応援している仕様です »

2006/07/15

この男は本当に節約する気があるのだろうか?

Nec_0001_5
RD-X4をヨドバシカメラまで運んだ帰りに。

英雄伝説ⅥSCのサントラはファミ通先行ダウンロードの分だし、本は古本屋で安く買ったものもあるし、PCエンジンはゲームサイドについていた「おじゃま館」半額」チケットで1枚20円で買えたし、そんなに被害は酷くない。
これでも抑えた方なんですよ。

霧舎巧「名探偵はもういない」は発売日に買い忘れていたら、何故か本屋で見かけなくなってえらく困ったんだが増刷出来ない理由があるのかねぇ。

はやみねかおる「名探偵夢水清志郎事件ノート そして5人がいなくなる」が講談社文庫で発売されとるね。元は児童書の青い鳥文庫なんで敬遠される方も多いかもしれませんが、そこで躊躇するのは勿体ない。帯で宮部みゆきが言う通り「子供だけのものじゃない」 ですよ。
主人公は名探偵の「教授」ではなく可愛い女子中学生「岩崎亜衣」ちゃんなんでそういうのが好きな方も楽しんでいただけるでしょう。
原作とは一味違う漫画版もあるでよ。

|

« 散財が辛くなってきた理由 | トップページ | お知らせ:このblogは舞-乙HiMEコミカライズ版を応援している仕様です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/10952370

この記事へのトラックバック一覧です: この男は本当に節約する気があるのだろうか?:

« 散財が辛くなってきた理由 | トップページ | お知らせ:このblogは舞-乙HiMEコミカライズ版を応援している仕様です »