« 雑記とか(7/22) | トップページ | 白鐘姉妹はいつ見ても反則的に可愛い »

2006/07/22

嘘吐き少女の話ではないよな…

日日日「うそつき~嘘をつくたびに眺めたくなる月~」。
日日日作品との相性は悪いのかもしれない。

あらすじ:
「好きってなに?愛してるってどういう意味?」
竹宮輝夜、16歳。好きだの愛だの知るために人生彷徨いつづける。

作者があとがきで言ってる様に恋愛小説なんだろうけどわかりづらくてうまくあらすじが書けないよ。たぶん上記な感じの話であってると思う。
雰囲気は作者のデビュー作「ちーちゃんは悠久の向こう」に近いんで好きな人は問題ないと思われ。
小僧さんのように今ひとつだった人には今ひとつかも。
日日日作品は本作と「ちーちゃん」しか読んでないのだが、どうにも既存の作家と被る気がして今ひとつ乗れないなぁ。でも何か気になるんで機会があれば他作品も読んでみたいと思う。

次は未定。積んでる本が多いのでまだ決めてない。

|

« 雑記とか(7/22) | トップページ | 白鐘姉妹はいつ見ても反則的に可愛い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/11055464

この記事へのトラックバック一覧です: 嘘吐き少女の話ではないよな…:

« 雑記とか(7/22) | トップページ | 白鐘姉妹はいつ見ても反則的に可愛い »