« 難しいのかな… | トップページ | 雑記とか(7/13) »

2006/07/13

長門が9話で読んでたの

綿矢りさ「蹴りたい背中」読了。
これまた難しい。

あらすじ:
女子高生「ハツ」は過去に「オリチャン」と遭遇したため、オリチャン大好き「にな川」君に急接近され振り回されてるようなそうでもないような日々。

「インストール」同様、悩める女子高生のお話。どこどなく「涼宮ハルヒ」を感じさせるものがあった。長門が読むわけだ。

「長門の百冊」はハルヒファンも長門好きな貴方も読まないほうがいいのかもしれない。一筋縄でいかない本が多そうなんでね。

次は・・・未定。と、いうか、それなりに読み終えていてよくわからん!

|

« 難しいのかな… | トップページ | 雑記とか(7/13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/10913800

この記事へのトラックバック一覧です: 長門が9話で読んでたの:

« 難しいのかな… | トップページ | 雑記とか(7/13) »