« 何故にあのような事になったのであろうか | トップページ | ノンフィクションも悪くはないがフィクションにも。救いがある »

2006/07/02

やっぱり。愛、ですよね。

滝本竜彦「超人計画」読了。
イタいどころの騒ぎではなかった。

とてつもなく辛くイタい、読んでいていたたまれない気持ちに、鬱になっていくエッセイでした。
辛いけど何かゆうきが少しは湧いた気がしないこともないかもしれないあいの話なのかもしれない。
覚悟を超える悟りを啓いた人なら気軽に楽しめるかも?

次は本田透×アニメ会「にじいき 二次元へいきまっしょい!」。
またイタそうな話を…。

|

« 何故にあのような事になったのであろうか | トップページ | ノンフィクションも悪くはないがフィクションにも。救いがある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/10759963

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり。愛、ですよね。:

« 何故にあのような事になったのであろうか | トップページ | ノンフィクションも悪くはないがフィクションにも。救いがある »