« バーチャストライカー2篇 | トップページ | W杯企画総括篇 »

2006/06/20

ウイニングイレブン6FE篇

作品紹介:2002年制作。2002年日韓W杯開催時期に発売されたコナミの国民的サッカーシリーズ「ウイニングイレブン」の6完全版。
ゴン中山のパッケージが目印だ!

前回は何者かがかけた呪術によってブラジル代表に勝利した日本代表。
この3年間の間に真っ向勝負でブラジルを破れるほどに成長したのだろうか?
八百長が起こらない事を祈りつつキックオフ!

二度のW杯出場で精神的にも成長したのか今まで以上に落ち着いてブラジル代表と戦えている日本代表。「あんたも成長したもんだ」

最初に試合を動かすのは例の如く日本代表(信じられん)。
前半10分、三都主が先制ゴールを決める。
日本が弱かったのは過去の話、という事でよろしくて。

そしてこの後の展開もいつも通り。
前半35分、ブラジル同点のゴール。
「呪術が無ければ負けん!」

そしてその後試合に動きはなく前半終了。
今まで以上に落ち着き白熱した試合展開。さすがリアル系サッカーゲーム最高峰ウイイレ。どうなる後半戦!?

「我らブラジルに勝ちたい、その気持ちは大切にしろ。だが、気持ちだけで何とかなるほどこの世界は優しくない。想いだけじゃ何も守れんのだよ!」
後半3分、ブラジル逆転の2点目のゴールを決める。
「どーせ、僕達日本代表じゃ駄目なんだよ…」

「駄目だよ!どーせなんて言うと夢が逃げちゃうよ。だから信じゃなきゃ、きっとって!」
アリカ・ユメミヤ(コミカライズ版)の言葉を信じ果敢に攻め続ける日本。
後半15分、西澤、同点のゴール!
実況のジョン・カビラさんも思わず日本コールで大興奮

「ばっちゃが言ってた、ちっちゃいアリンコにだって5万tの魂があるって…
だから!!どれだけ追い込まれたって、絶対に諦めない!!!
後半33分、西澤、芸術的な見事なジャンピングボレーで逆転の3点目を決める!
僕はもう逃げない!

そしてそのままの日本が逃げ切り試合終了。
ついに日本代表が3-2でブラジルに勝った。新たな歴史がここに生まれる。

次回は軽く全体総括。

|

« バーチャストライカー2篇 | トップページ | W杯企画総括篇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/10608743

この記事へのトラックバック一覧です: ウイニングイレブン6FE篇:

« バーチャストライカー2篇 | トップページ | W杯企画総括篇 »