« 皆100冊シリーズに挑戦しているのだろうか? | トップページ | これは非常にまずい »

2006/06/26

思春期の少女が体験した不思議な世界

筒井康隆「時をかける少女 新装版」読了。
これって筒井康隆短編集だったんですね。

超有名な表題作「時をかける少女」、ホラー風味な「悪夢の真相」、コメディっぽいSF「果てしなき多元宇宙」の3篇収録。
時をかける少女は過去に映像化された作品を一つも見たことがなかったので新鮮に楽しめたよ。40年以上前の作品なんで文体が古臭い言い回しだlったのも新鮮だったよ。
来月には本作を原作にした劇場アニメも公開されるんでこの機会に読んでみてもいいんでない。

次はタイムスリップ物から離れて、ヤマグチノボル「ゼロの使い魔 1巻」。
アニメを観るかを賭けての大事な一戦?

|

« 皆100冊シリーズに挑戦しているのだろうか? | トップページ | これは非常にまずい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/10689844

この記事へのトラックバック一覧です: 思春期の少女が体験した不思議な世界:

« 皆100冊シリーズに挑戦しているのだろうか? | トップページ | これは非常にまずい »