« 終わり良し、全て良し!! | トップページ | 出来るだけ積まないように努力したい »

2006/06/29

この小説はピュアハートラブストーリーです。

ヤマグチノボル「カナリア この想いを歌に乗せて」読了。
原作はドキャ版で綾菜シナリオのみプレイ済み。あとOVA版も視聴済み。

あらすじ:高校2年生の「八朔(ほずみ)洋平」は親の仕事の関係で幼い頃から転校が続く環境。もう何度目かもわからない転校で訪れたのは故郷の四国琴平。
10年ぶりに再会した年上の従姉「新城千秋」に振り向いてもらう為、ギターを始める洋平。
でも、そんな彼を一途に見つめる軽音楽部の「佐伯綾菜」も現れて…

作者は原作のシナリオライターの一人「ヤマグチノボル」。挿絵は原作の原画を手がけた「片倉真二」、と原作ファンも満足な仕上がり。
青春王「竹本君」とは一味違う青春が四国琴平にあった。
作者のヤマグチ氏があとがきでも書いていますがピュアな話ですよ、これは。原作にあった綾菜の病気はカットされてるんで(綾菜シナリオ担当がヤマグチ氏でなかったから生まれたアレンジだそうな)もう本当、純粋な話です。イノセントですよ。
OVA版と違い一部のキャラは出てこないので、そこに不満を感じるかもしれませんが手堅く纏まった良作ですよ。
ゼロの使い魔効果で本作も注目が集まり原作も再評価されたらいいな、と夢みたいですが6年前の作品なんでどうも絶版っぽいです。
興味がある人は古本屋とかで探してください。今ならまだ投げやり気味に売られてるかもよ。

次もヤマグチノボル作品「グリーングリーン 鐘ノ音ファンタスティック
予備知識皆無デス。

|

« 終わり良し、全て良し!! | トップページ | 出来るだけ積まないように努力したい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/10726287

この記事へのトラックバック一覧です: この小説はピュアハートラブストーリーです。:

« 終わり良し、全て良し!! | トップページ | 出来るだけ積まないように努力したい »