« 8月のSIMPLEが熱い | トップページ | サトケンは偉いな »

2006/06/09

涼宮ハルヒの憂鬱:第10話

公式HP

今回は過去に戻って久しぶりにメインストーリー「憂鬱」篇だ。憂鬱の存在忘れかけてたよ。

SOS団本部にハルヒが姿を現さなかったから翌日の朝の北高教室、ハルヒは体調でも悪いのか自席で突っ伏していた。委員長の朝倉さんが心配するも何の反応もなし。
そんなわけで例によって例の如く、クラス公認(?)のハルヒ係のキョン君が話かけるも虫の居所が悪いのかツン状態。
どうやらハルヒは自分がSOS団を立ち上げ、萌えキャラと謎の転校生まで導入したのに世界が何一つ変らない事が気にくわないようだ。

でもキョンにはそんな弱気なハルヒの事よりも懸案事項を抱えていたのでした。
その懸案とは朝、下駄箱に「放課後誰もいなくなったら、一年五組の教室に来て」と女の子の字で書かれた紙切れ(ラブレター?)が入っていたのです。
この手紙の主は長門か?いや、長門ならこんな手は使わない。
では朝比奈さんか?ちゃんと便箋にいれて手紙にしてくれるでしょう。
ハルヒ?そんな事をする奴じゃない!
古泉?そんな事されてたまるか!
もしかして本物のラブレターなのか

考えても無駄なので時間までいつも通りSOS団で暇をつぶすキョン。今日もハルヒが姿を見せることはなかった。

放課後、一年五組の教室で待っていたのはクラス委員長の朝倉涼子だった。
「人間はさぁ、よくやらなくて後悔するより、やって後悔したほうがいい、っていうよね、これどう思う」
まあ、言葉通りの意味じゃないのか
「現状を維持しても何も変化がないなら、とりあえず何でもいいから行動を起こして変化を起こしてみるべきじゃない?」
何の話をしているんだ?
「何の変化もない観察対象にあたしは飽き飽きしてるの。だから・・・

あなたを殺して涼宮ハルヒの出方を見る。」
突如始まった「朝倉涼子の殺人」劇場。この場から逃げようと試みるも謎の力で教室から逃げ出す事の出来ないキョン。このまま殺されるしかないのか?

救いは意外なところ、いや当然如くあの人が来てくれた。SOS団の猫型ロボット的存在、僕らの長門有希がキョンを救うため空間をぶち破ってかけつけたぁぁぁ!!!

謎の力の応酬でさくっと朝倉を撃退する長門。
朝倉の存在は転校したことになり、破壊された教室も元通り。なお、長門の眼鏡はキョンに眼鏡属性がない為、一生壊れたままでした。

翌日、またキョンの下駄箱に手紙が
昼休み、部室で待ってます みくる
一抹の不安を感じるものの昼休みの部室に向かうキョン。
そこで待っていたのは朝比奈さんではなく謎の女性だった。
何でも彼女はさらに未来からきた朝比奈さんだそうな。
鍵は白雪姫
意味深な伝言を残して未来に帰る今の朝比奈さんよりさらに未来から来た(ややこしい)朝比奈さんでした。

長門は眼鏡を卒業した、してしまった。そして、朝倉の謎の失踪のおかげで復活したハルヒでした。

アニメは原作と違って戦闘が派手になっていて面白いね。
次回11話はまた本筋から離れて第13話「逆襲のコンピ研(射手座の日)」。勝利の鍵は彼女だ。
まさかGガンのパロディを聞かされるとは思わなんだよ。

|

« 8月のSIMPLEが熱い | トップページ | サトケンは偉いな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/10475664

この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒの憂鬱:第10話:

» (アニメ感想) 涼宮ハルヒの憂鬱 第10話 「涼宮ハルヒの憂鬱 Ⅳ」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
涼宮ハルヒの憂鬱 (1) キョンにもいよいよ春が訪れようとしています。下駄箱に入っていたラブレター(古風ですね)。そういえば、ふもっふでも似たようなネタありましたね。あの時は宗介が、ラブレターの意味を知らず告白に来た女の子を敵だと勘違いし銃で狙い続けるな....... [続きを読む]

受信: 2006/06/10 10:05

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第10話 「涼宮ハルヒの憂鬱IV」(レビュー前編) [A-MIX]
さて、前回からこっち有希ちゃん株が急上昇。 ハルヒの強烈ツンデレ攻撃もやり過ごし、特定ジャンルの皆さま(実は私も含まれる(爆))のハートを鷲掴みにしている有希ちゃんでありました。 [続きを読む]

受信: 2006/06/11 18:50

» 涼宮ハルヒの憂鬱 。。。。 第10話「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅳ」。。。。 前回は 登場すれども まったくセリフなし! ところが、長門に萌える巻が ついにやってきた!・・・・ メガネって ダテめがね だったのだろうか。。。。? [幻影現実 私的工廠 ブログ]
6月8日、キャプチャー画像と 感想を 青文字で 少し追加。 今から思えば、朝倉が 長門の仲間だったのなら、コンピ研の部長が異空間に閉じ込められた事件で、SOS団に捜査の依頼をしてきた2年生の女子(名前忘れた)も 長門と同じ有機インターフェイスだったのかもしれない....... [続きを読む]

受信: 2006/06/11 19:38

» レビュー・評価:涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)/第10話 涼宮ハルヒの憂鬱  [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 40 / 萌え評価 60 / 燃え評価 26 / ギャグ評価 20 / シリアス評価 20 / お色気評価 19 / 総合評価 33レビュー数 215 件 第10話 涼宮ハルヒの憂鬱  [続きを読む]

受信: 2007/10/03 20:25

« 8月のSIMPLEが熱い | トップページ | サトケンは偉いな »