« げんしけんはまだ? | トップページ | 中の人も強烈なんですよね »

2006/05/24

涼宮ハルヒの憂鬱:第8話

公式HP

今回は前回であって前々回の続き。待望の解決篇だぁ~!

誰が望んだか、ついに起きた密室殺人事件。被害者は館の主、多丸圭一氏。
初めての殺害現場に卒倒な朝比奈さんとは対照的にすぐさま現場検証に乗り出す我らが名探偵・涼宮ハルヒ。ワトソン役は僕らの代弁者・キョンだ。名探偵の腕章の名にかけて事件をまるっと解決だ。

事件直前から行方をくらました被害者の弟・裕氏(容疑者)の足取りをさぐる探偵コンビ。
途中、崖下の洞窟でアスラン・カガリごっこになるものの、集めた手がかりを元に事件の真相にたどりつく(?)ハルヒ。だが、その推理には何か躊躇うものがある様子。どうした、ハルヒ?謎が全てとけたんじゃないのか?

腑に落ちないものがあるまま館に戻る僕らの探偵団。納得出来ない(?)キョンは独自に手がかりを集め自分なりに推理を組み立てる。
・・・犯人わかっちゃいました。ヒントは3つ、以下略

さて、
てなもんで事件の真相は古泉と愉快な仲間達(新川、森、多丸兄弟)によるドッキリでした。
朝比奈さん倒れ損。長門、お前最初から気づいてただろ。
とはいえハルヒにとって、こんな事件の解決なんて「初歩的な事だよ、ワトソン君」

後日、改めて古泉と事件について語り合うキョン。
実はキョン君は最初から真相を見抜いていたのでした。
「あいつは、涼宮ハルヒは本気で殺人事件なんて望む奴じゃない」
ハルヒの事を誰よりも理解しているキョン君なのでした。
ただ一つ気がかりなのは捜査中ハルヒが見かけた妖しい人影は存在しないはずの人らしい。能力発動?

次回は最終話らしい第14話(でも9話)「サムデイ イン ザ レイン」。
原作者書き下ろしのアニメオリジナル話らしいですよ。サブタイトルとハレ晴レユカイの関係はあるのか

|

« げんしけんはまだ? | トップページ | 中の人も強烈なんですよね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/10475618

この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒの憂鬱:第8話:

» (アニメ感想) 涼宮ハルヒの憂鬱 第8話 「孤島症候群 (後編)」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈ミクルの冒険 Episode00 限定版 忘れた頃にやってきた孤島症候群の後編です。殺された主人、そしてさらなる大事件がハルヒ達に襲いかかります。果たしてハルヒ達はこの孤島から無事生きて出られるのか、注目の回です・・・。... [続きを読む]

受信: 2006/05/30 10:23

» レビュー・評価:涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)/第8話 孤島症候群(後編) [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 21 / 萌え評価 32 / 燃え評価 1 / ギャグ評価 18 / シリアス評価 23 / お色気評価 16 / 総合評価 27レビュー数 204 件 第8話 孤島症候群(後編)についてのレビューです。 [続きを読む]

受信: 2007/10/05 13:15

« げんしけんはまだ? | トップページ | 中の人も強烈なんですよね »