« やっちまったな。 | トップページ | 杉浦茂の笑顔は素薔薇しい »

2006/05/12

涼宮ハルヒの魅力

人間、誰しも涼宮ハルヒのように生きた時代がある。
何か面白いことをしてみよう、やってみようと気の合う友達と一緒に馬鹿騒ぎしたものだ。
程度の違いはあれど誰もがSOS団(主に団長)の様に生きた時代があるのだ。
涼宮ハルヒシリーズは確かに「微妙に、非日常系学園ストーリー」ではあるが、他のラノベ以上に「非日常っぽいけど日常な学園ストーリー」でもある部分が10代だけではなく20代以上の幅広い層にも支持される大きな魅力になってるんじゃないかと思う。
原作最新刊「憤慨」に収録されている「編集長☆一直線」を始めとして短編収録のエピソードにはSOS団が騒ぐ(部活動に励む)だけの話(多少はSF要素が含まれてるが)が多く含まれている。
涼宮ハルヒシリーズの魅力は楽しい学園生活を思い出させてくれるところにあるのではないのだろうか。

で、結局のところ何が言いたかったかと言うと、局地的に大人気な「ハレ晴レユカイ」の魅力は「踊り」でも「底抜けに明るいメロディ」(これは少し重要かも)でもなく「明日また会うとき、笑いながらハミング」、「さみしがっちゃ恥ずかしいよなんてね、言わせて」と言った何だか懐かしく、切なくなる歌詞にあるんじゃないかなと思ったら先に言われていたようでorz。

何はともあれ(?)名曲であることは間違いないんで幅広い世代に聴いてほしいものなのだが、不謹慎ながら一般受けするメロディは「フレンジャー」なんだろうなぁ、と2曲続けて聴いたら思っちゃったよ。

|

« やっちまったな。 | トップページ | 杉浦茂の笑顔は素薔薇しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180913/10475580

この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒの魅力:

« やっちまったな。 | トップページ | 杉浦茂の笑顔は素薔薇しい »